stengan774-63--c911

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

SCP-496-JP-D

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-496-JP-D

オブジェクトクラス: Keter Decommissioned

特別収容プロトコル: SCP-496-JP-Dが環境や職員に影響を与えるのを防ぐため、SCP-496-JP-Dは常に施錠されたチタンコンテナに保管されています。いかなる理由であれこのオブジェクトを移送する場合はレベル4以上の職員の許可が必要となり、実験は禁止されています。一週間に一回、コンテナのドアを開き、SCP-496-JP-DのえさとしてD-クラス職員を3人入れて下さい。担当職員はその後、[データ削除済]になったD職員を回収して下さい。 編集済み。下記参照。

説明: SCP-496-JP-Dは一枚の絵画ですが、自在に自身に描かれている絵を変えることができるキャンバスです。普段は真っ白なままですが、周囲に人(SCP-496-JP-D-1)が近づくと認識災害図形を発生させます。

認識災害図形を見たSCP-496-JP-D-1はそれを賞賛し、「もっと見たい」「美しすぎる」「感動した」などといった感想を述べつつSCP-496-JP-Dに近寄っていきます。するとSCP-496-JP-Dは悪魔、もしくは鬼と形容される絵に変化し、実体化してSCP-496-JP-D-1に襲い掛かり[データ削除済]します。

実体化したSCP-496-JP-Dは非常に凶暴ですが、理由は不明ですがSCP-496-JP-D-1にしか襲い掛からず暴力的に反応しません。しかし、キャンバスから抜け出して壁の表面などを這い回るので非常に危険です。また芸術作品のSCPであることからAre We Cool Yetっとの関係が疑われており、複製の存在が疑われています。

補遺: SCP-496-JP-Dは利用価値が低いと判断され、茅野博士によって終了されました。

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License