東京豚災害

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

#page-content .collapsible-block { 
    position: relative;
    padding: 0.5em;
    margin: 0.5em;
    box-shadow: 2px 1.5px 1px rgba(176,16,0,0.7), 0 0 0px 1px lightgrey;
    overflow-wrap: break-word;
}
 
.collapsible-block-unfolded{
    color: black;
    overflow-wrap: break-word;
 
}
 
.collapsible-block-unfolded-link {
    text-align:center;
}
 
.collapsible-block-folded {
    text-align: center;
    color: dimgrey;
}
 
.collapsible-block-link {
    font-weight: bold;
    color: dimgrey;
    text-align: center;
}
 
.addendumbox {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    box-shadow:0 2px 5px 0 rgba(0,0,0,0.16),0 2px 10px 0 rgba(0,0,0,0.12);
}
 
.material-box {
    padding: .01em 16px;
    margin-bottom: 16px;
    margin-top: 16px;
    padding-bottom: 1em;
    border: 1px lightgrey solid;
    box-shadow: 1px 2px 2px 0 rgba(0,0,0,0.16);
}
 
.material-box blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.wiki-content-table {
    width: 100%;
}
 
.addendumbox blockquote {
    border: 1px double #999;
}
 
.addendumtitle {
   opacity: 0.8;
   margin-bottom: 10px;
   color: #b01;
}
 
.maintitle {
   margin-bottom: 10px;
   color: black;
}
 
.scp-header {
    text-align: center;
    font-size:x-large;
    color:#b01;
}
 
.addenda-header {
    width: 100%;
    border-bottom: 2px black solid;
    color: black;
}
 
.scp-info {
    display:flex;
    justify-content:space-between;
    font-size:large;
}
 
.scp-info-box {
    display:flex; 
    justify-content:space-between;
}
 
.object-info {
    color:black;
    align-self: flex-end;
    font-size: large;
}
 
.title-style {
    opacity: 0.8;
    margin-bottom: 10px;
    color: #b01;
    font-size: large;
    text-decoration: underline;
    font-weight: bold;
}
 
.update-div-empty {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
    color: lightgrey;
}
 
.update-div {
    text-align: right;
    font-size: x-small;
}
 
.computed {
    border: 1px black solid;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.computed:before {
    content:"Computed Code";
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.rawcode {
    border: black solid 1px;
    width: 50%;
    display: inline-block;
text-align: left;
    padding: 3px;
}
.rawcode:before{
    content:"Raw Code";
    text-align: center;
    font-weight: bold;
border-bottom: solid 1px black;
width: 100%;
}
.codebox {
    display: inline-block;
    width: 100%;
    text-align: center;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a em,  .yui-navset .yui-nav a em{
        padding: 0.25em .75em; 
        top: 0px;
        margin-bottom: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a {
     background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav .selected {
       margin: 0px;
}
.yui-navset .yui-nav .selected a, .yui-navset .yui-nav .selected a:focus, .yui-navset .yui-nav .selected a:hover, .yui-navset .yui-nav .selected a {
         background: gray;
}
.yui-navset .yui-nav a:hover,
.yui-navset .yui-nav a:focus {
    background: gainsboro;
    text-decoration: none;
}
.yui-navset .yui-nav a, .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a {
background-color: none;
background-image: none;
}
.yui-navset .yui-nav a {
background: none;
}
.yui-navset .yui-nav li{
margin: 0px;
}
 
#page-content .licensebox22 .collapsible-block {
    position: unset;
    padding: unset;
    margin: unset;
    box-shadow: unset;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-unfolded{
    color: inherit;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-unfolded-link {
    text-align: left;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-folded {
    text-align: left;
    color: inherit;
}
 
.licensebox22 .collapsible-block-link {
    color: inherit;
    text-align: left;
}

脅威レベル:

特別収容プロトコル

現在、SCP-XXXX-JPの大多数が未収容と考えられています。SCP-XXXX-JPの目撃報告があった場合は「超常獣害指定区域」として周辺のエリアを封鎖し、直ちに専門資格を保有する財団職員を配置してください。エリア内でのSCP-XXXX-JP捜索任務中は人命を最優先とし、職員は野生のSCP-XXXX-JPの無力化を選択することが許可されています。

説明

SCP-XXXX-JPは超常的品種改良を施された闘雌豚バトル・ソウです。闘雌豚については過去にシトラ=アキュラ合同司令部1により作成された以下の資料を確認して下さい。

SCP-XXXX-JPは以上の闘雌豚の性質に加え、以下の性質が後述する生物学的改造によって付与されています。

  • 繁殖期の延長: 通常イノシシやブタの繁殖期が2ヶ月程度であるのに対し、SCP-XXXX-JPは1年間を通し常に発情期であり、繁殖が可能。
  • オスの生殖能力の改変: 異種間で繁殖でき、他種のメスにSCP-XXXX-JPを妊娠させることが可能。
  • 出産・成長期間の短縮: SCP-XXXX-JP個体は妊娠兆候が確認されてから約3時間で出産され、30分ほどで自力歩行が出来るまでに成長する。
  • 食味の改善: "特上の刺し肉のような味わい"と表現される。

闘雌豚にこうした超常的品種改良を施した人物は、旧日本生類創研難波 謙司及び黒田 恭一であることが後の調査によって判明しています。使用された技術の一部はSCP-183-JPに関連していると推定されており、現在も両名の行方を追跡中です。

補遺.XXXX-JP.1 > 背景情報

1998年に発生したイベント・ペルセポネに伴うヴェールプロトコルの破綻によって、財団の情報秘匿ポリシーは大きな転換を求められました。財団は当初、一般社会に大きな混乱を発生させないことを目的として財団、世界オカルト連合(GOC)、プロメテウス研究所、アメリカ合衆国から構成される新世界秩序(メキシコ湾体制)を構築し、漸進的な情報公開による一般社会の異常への適応を目指す方針: シャッタード・プロトコルが展開されました。

しかし、複数の要注意団体の広報活動やマンハッタン・カオスを筆頭とする大規模超常事件の発生に伴い財団の想定よりも早い段階で一般社会に異常技術が受容されたため、シャッタード・プロトコルは徐々にその効力が疑問視され始めました。その中で、シャッタード・プロトコルに不満を持つ財団職員により一部の財団文書がウィキリークスへ流出する事件が2008年に発生しました。流出した文書は要注意宗教団体に関する報告書を主としており、それらの団体に対し現在一般的には差別的とされる表現が多数含まれていたことが蛇の手などの組織による財団への抗議活動を招きました。これが現在の財団公式ポリティカル・コレクトネスポリシーが作成される原因となります。

この事件で流出した文書の中には、財団によって秘匿されていたダエーバイト文明遺跡の位置情報に関する情報が含まれていました。この情報を入手したGoI-1088("竹籠異象考古学研究会")8が秘密裏に発掘を行い、闘雌豚の残存サンプルが回収され、このサンプルを元にSCP-XXXX-JPが作成されたと考えられています。以下は判明しているタイムラインです。

2008/03/12

シガスタン-ウズベキスタン国境付近のダエーバイト文明遺跡から闘雌豚の残存サンプルが発掘される。

2008/05/10

竹籠異象考古学研究会が金銭的援助と引き替えに闘雌豚の残存サンプルをマーシャル・カーター&ダーク株式会社(MC&D)へ譲渡する。サンプルはロシアのMC&D社施設へ移送される。

2008/06/03

サンプルがMC&D物流部門によって、香港を経由し台湾へ移送される。財団内部組織である三垣司令部の報告によれば、サンプルはナルキシズムと関係が疑われるパラメディカル・バイオテクノロジー企業、遠己生医集団に委託された。

2008/12/18

遠己生医集団がクローン技術を用い、残存サンプルから完全な闘雌豚の個体を復元することに成功する。MC&D社内で闘雌豚の商品化計画が提出される。

2009/01/28

日本生類創研の開発した致死性ウイルスTX-85957(通称、奇蹄病)のアウトブレイクが日本国神奈川県で発生する。感染の拡大に伴う賠償金の肥大化によって日本生類創研グループは経営破綻し、世界的な恐慌"ニッソショック"が発生する。不況の影響でMC&D社は闘雌豚事業を放棄する。

2009/02/08

超常畜産加工業者である闘永舎によって闘雌豚の個体が買収される。

2010/01/20

日本生類創研が世界超保健機関(WPhO)の下で改組され更正した結果、凍霧 陽久能 尚史エイダ・ビアトリクス・バベッジを含む複数の要注意人物が解雇され行方不明となる。この時期に闘永舎が難波 謙司及び黒田 恭一に接触し、闘雌豚の品種改良を依頼したと考えられている。

2010/04/29

SCP-XXXX-JPの作成に成功。高い繁殖力により大量の個体数の確保と安定した供給が出来るようになり、闘永舎がSCP-XXXX-JPの販売を開始する。

2010/06/17

ヘンウェン・インシデント発生。

補遺.XXXX-JP.2 > ヘンウェン・インシデント

闘永舎によるSCP-XXXX-JPの販売は概ね好調であったと思しく、2010/06/17当日にも複数の購入希望が記録されていました。

2010/06/17の13時35分頃。闘永舎の食肉加工場を目的地として首都高速2号目黒線を走行していたSCP-XXXX-JPの輸送車が、過積載に起因する編重心によって横転しました。輸送車は外見上一般的な中型貨物自動車でしたが、貨物コンテナ部分が超常空間工学的拡張を施されており、結果として輸送されていたおよそ1800頭のSCP-XXXX-JPが脱走しました。

http://scp-jp.wikidot.com/scp-3718

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/forum/t-13273031/scp-2036-jp
ライセンス: Public Domain

タイトル: 0v0.jpg
著作権者: sanks269sanks269
公開年: 2020

タグ scp-jp keter 1998 遺伝子 儀式 生殖 軍事 雑食 宗教 集団意識 種族 食物 人工 生命 敵対的 動物 武器 群れ アンブローズ・レストラン 世界オカルト連合 mc&d プロメテウス サーキック 蛇の手 日本生類創研 東弊重工 負号部隊 gpエクスプレス daevite 闇寿司 三垣 ジュディス・ロゥ博士 崇高なるカルキスト・イオン 凍霧陽 難波謙司 久能尚史

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

[[div class="content"]]

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License