特殊性を要する計画の秘匿を目的とした本社ビルディングの異時空間移設及び閉鎖学術研究都市建設のための認可計画

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

特殊性を要する計画の秘匿を目的とした本社ビルディングの異時空間移設及び閉鎖学術研究都市建設のための認可計画

問題

1998年に発生した0712事件は、プロメテウス・ラボ・グループにとって大きな転換点となりました。SCP財団主導で実行されていたヴェール・プロトコル、あるいはマスカレード・プロトコルと呼ばれる"一般社会に対する異常存在秘匿を目的とした正常性への紳士協定"が全世界的に破棄され、それまで小・中規模の超常コミュニティのみに限られていたパラテック市場は数百倍にまでその規模を拡大させたのです。その結果発生した超常特需によって、グループの業績は飛躍的に成長しました。

しかし超常社会の露見は同時に、プロメテウスグループの活動にいくつかの制約をもたらしました。その影響を受けた代表例として挙げられるのが人体実験生命創造などを実行過程として含む"特殊性を要する計画"です。こうした計画は一般社会的通念からは非倫理的と見なされるらしく、グループは厳しい批判を避けるために現在までそのプロジェクト継続を制限、もしくは実質的な凍結状態にすることを強いられています。

この問題は、2001年に世界オカルト連合-SCP財団間にて締結されたハドソン川協定発効後、より顕著になりました。条約締結は異常存在の権利拡充の契機となり、上記の問題の解決案として進行していた新雇用計画1が頓挫したためです。プロメテウスグループの過去の実績は、一般的な倫理が超常研究において介在することが技術発展の阻害というデメリットを招くことを明白に示しています。

「科学の発展と人類の前進」というプロメテウスグループの経営理念の達成のためにも、ヴェール・プロトコル崩壊以前と同水準の活動能力を維持しつつ、グループにとって不都合な事実を世間に対し隠蔽することが可能な方法が必要とされています。

解決策

私たちはメインバースから独立したポケット宇宙に閉鎖学術研究都市を建設するプロジェクトを提案します。この都市はプロメテウスグループが有する既存の大規模超常科学産業地域である、スリー・ポートランドのプロメテウス・プラザと同等もしくはそれ以上の施設を備え、グループ部外者の出入りを完全に遮断します。閉鎖学術研究都市の予想される開発手順は以下の通りです。

基本的な空間開発方法

ポケット宇宙を調達し、資材搬入のためにグループが保有する跳躍路技術によってメインバースと接続します。ポケット宇宙の調達方法については以下の方法が考えられます。

  • 「放棄されたポケット宇宙の利用」: すでに放棄された、もしくは手付かずの無人宇宙を買収・入手し、利用する案です。(メリットとデメリット: 安価かつ容易な方法ですが、空間内は未知の危険性を有する可能性があります
  • 「未発達空間の拡張: ランダル・カタログから発展したマルチバース地図学は、メインバースからアクセス可能な超小型のポケット宇宙が、空間として十分な安定性を得るまでに泡沫的出現・消滅を繰り返していることを明らかにしました。この案では、そうした未発達空間を安定化し拡張させることで都市用地として利用します。(メリットとデメリット: 時空間マッピング技術の進歩により未発達空間を発見することは容易になりました。しかし、不安定な時空間内での拡張作業は人員と資源の喪失を高い可能性で招くリスクがあります
  • 「空間の直接構築」: この案は上記の拡張案と手順の一部を同じくしますが、拡張対象となる未発達空間を超エネルギー魔術収集器Superenergetic Thaumaturgy Collectorから供給される高エネルギーによって独自に構築するという点が大きな差異です。(メリットとデメリット: 空間の安全性、安定性を確保出来る反面、他の案に比べ高コストです

統制存在の誘致

既知の発展したポケット宇宙都市がそうであるように、恒久的な空間の安定化及び維持には土地神genius lociの存在が不可欠です。領域の主として機能するこうした神格存在は、他にも侵入の制限、物理法則の非流動化、保有エントロピー散逸抑制などの有益な効果をもたらします。

しかしながら、こうした行為への見返りとして求められる"対価"は、入手困難な前時代的物品2、もしくは定量化不可能な概念的資産3であることが多く、将来的なコストの増大および契約の解釈変動による高リスクが予想されます。

そこで、近年発展しつつある疑似降神憑依技術を応用し、閉鎖学術研究都市の領域統制に最適化された人工神格を誕生させます。以下のギアスを付与します。

都市構造の建設

空間が十分な安定性を持ったと判断された後、都市の建設を開始します。以下の建造物が優先的に構築されます。

  • 本社ビルディング

現在ネバダ州に位置している本社ビルディングと同等の機能を持つオフィスビルです。

  • 住宅
  • 教育施設

グループ社員の子息に対する高度な教育、及び新規雇用社員の研修に使用されます。

  • 商業地区
  • 研究施設
  • 生産拠点

工業、食品、農業等を中心とした総合的第一次・二次産業活動を担う地区です。労働者は低コスト有機オートマトンから構成されます。有機オートマトンには超人血清TMを定期的に投与し、配属される部署によっては適宜機械的改造を施すことで能率を230%まで上昇させることが可能です。

事業例

プロジェクトの性質上、必要とされる大規模な物資・人員の流れをすべて秘匿することは困難です。そのため、「昨2007年に発生した夏鳥思想連盟によるプロメテウス・ラボ本社ビルディング爆破事件や、プロメテウス・トウキョウ社屋が倒壊した2006年の東京豚災害などを受けた、安全性確保のための本社ビルディングの異時空間移設計画」を公表し、プロジェクト実施のための諸活動を偽装します。

これは同時に、正常性テロ・超常災害の脅威に悩まされている組織に対する絶好のPRともなります。ポケット宇宙都市開発を独自のパッケージプランで販売することで、スリー・ポートランドやバックドア・ソーホーといった空間の狂乱的地価高騰に不満を持つ顧客層の需要を刺激できるでしょう。またその際、こうした個人所有のポケット宇宙は現在ほとんどの国家において徴税システムの対象外となっていることを強調すべきです。

資金の使用

プロジェクト・ダイダロスの成功例を用いることで、工期を2,3週間短縮することが可能です。

ワンダーテインメント・インダストリーは現在廃止されているプロジェクト・ロッテンベリーと引き換えにプロメテウス・ラボに対しにカスタムペットTMライセンスおよび関連する特許を売却する意向があることを示しました。カスタムペット™の作成に使用されたプロセスをリバースエンジニアリングし、大規模な生物用へとプロセスを拡張するにはおよそ40〜60週間かかります。標準のクラスVリバースエンジニアリングプロトコルを採用するとおよそ50万ドルになります。

低温核融合変換プロセスの設計と実施にはおよそ30週間が必要とされ、50,000ドルの費用がかかります。さらに20週間でテラフォーミング生物およびその子孫を安定させ扱いやすいようにし、産卵プロセス中に突然変異する傾向がないことを確実にします。これに続いて、他のテラフォーミング生物を産生する可能性のある高レベルの前駆体生物の設計にはプロジェクト・ゴーレムで使用されているプリンタの用途を変え、同様の機械を生物学的構造に組み込むために15週間と20万ドルが必要になります。

テストと再設計には最低5週間かかります。プロメテウス・北京に予備実験が実施できるプロジェクト・カプチーノの生物圏に似た複数環境で密閉された生物圏を建設してもいいでしょう。同じ技術と材料が使用されていると仮定すると、ドームは6週間以内に250,000ドルで建設することができます。

これらのステップは既存のプロメテウス施設で発生する可能性があるため、生物圏の建設は生物の"印刷"に先立ち、プロジェクトの全ステップと同時に行うことができます。資材、請負業者、および価格帯の全リストについては、別紙1を参照してください。

既知の問題
この技術が直面している主な問題は公共の認識です。プロジェクト・カプチーノやプロジェクト・ゴーレムなどの失敗によりプロメテウス・ラボの技術的進歩、特に工学生物に頼っている技術の進歩は現在非常に信頼されていません。私たちは積極的な広報キャンペーンを通じ、大衆の支持を取り戻すことを提案します。同時にプロメテウス・ラボは、プロジェクト・カプチーノの影響を受ける人工生物やコミュニティの倫理を議論している議員に資金を賢明に寄付するべきです。これにより、プロメテウス・ラボがテラフォーミング技術を促進するために十分な社会からの善意が提供されるはずです。

また、技術の小規模な公開テストを進める事を提案します。公共の場で技術の有用性を公表することは技術テスト中の人々の支持を得ることになります。

この構想を支える技術は高度に理論的な作業に依存しています。低温核融合物質変換プロセスはプロジェクト・リヴァイアサン中に一度だけ使用されています。その成功にもかかわらずプロジェクトのすべての被験者が消滅しました。しかし、低温核融合法に関するデータ(別紙3参照)は、生存率を1/50まで高める意見を提供しています。

生得知識を持つ生物を誘発するための生物学的プログラミングは純粋に理論的な概念です。この分野における進歩はプロジェクト・リヴァイアサン中に行われましたが、生物への指令と目標を「プログラム」する試みはまだ研究されています。この研究には、時間変動計算装置の使用などの計算資源をさらに分配することで、2年以内にその実現が可能になるはずです。

プロジェクト・ゴーレムの失敗と実行国の検疫で示されているように制御されていない生殖の危険があります。テラフォーミング生物が変異した場合には潜在的に地球環境を居住に適さないように暴走するテラフォーミング効果を引き起こす可能性があります。発生した生物は生態系を完全に変え、少なくともペルム紀レベルの絶滅事象を引き起こし、地球の生態学的バランスをさらに奪う可能性があります。テラフォーミング生物に遺伝子ACP-405を添加することにより、その遺伝子がすべての子孫に確実に伝達されるようになります。この遺伝子を標的とし、遺伝子を保有する全ての生物を殺し、暴走を回避するような病原体を設計することができます。

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License