合同調査プログラム: 恐るべき暗がりのチョパブ

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

暗がりのチョパブ어둠의 초밥

Sushi Dark、日奉 柏、暗黒卿、闇、闇寿司

要旨

朝鮮半島における我らが同志、ホヤ氏が見舞われた奇妙な事件と、その後日譚1として行われた、潜在的な脅威"暗がりのチョパブ"を排除するための調査プログラムに関する報告書。

イラストレーション

shusiba_yami.jpg

これは、得られた情報を総合的にミックスして描かれた"暗がりのチョパブ"のイメージイラスト23

知識

特徴: 暗がりのチョパブについてわかっていることは多くありません。"暗がりのチョパブという名前は、本人が自称した어둠의オドゥメイ 초밥을チョパブすなわち、”闇の寿司"を意味する言葉から呼称されています。少なくとも人間の男性であること、黒を基調とした服装を身にまとっていること、そして寿司を武器として扱うことが報告されています45

性質: 暗がりのチョパブは蛇の手、あるいは妖狐6、もしくはホヤ氏個人7に対して敵対的な個人または組織です。言動からは、彼が"最高の寿司を作り上げるために"妖狐の力を求めていたことがうかがい知れました89。.

歴史と関連組織: ホヤ氏が暗がりのチョパブと遭遇したのは彼女がバーテンダーとして働いているボトルショップ1011においてのことでした。

それはやけに蒸し暑い夜だった。閉店間際の店の中に黒い服を身にまとった男が入ってきたんだ。他の客はみな帰ってたし、

観察と物語

ホヤ氏が見舞われたこの奇妙な事件は、しばらくの間十分な注意を払われてきませんでした。しかしある一匹のしゃべるカワウソが図書館に闖入し、暗がりのチョパブと同義の単語を連呼しながら寿司を乱射する事件1213が発生してから、蛇の手は暗がりのチョパブについて警戒を始めました。

特に放浪者の図書館の位置が相手に判明しているだけでなく、寿司で武装するという高い戦闘能力を有することが懸念され、蛇の巣は調査プログラムを開始しました。この調査プログラムは、各国の手14の協力を得ることで暗がりのチョパブの特徴にできるだけ合致する人物や情報を探し出そうというものでした。


SH-JA-min.png

日本の蛇の手による報告
狭い日本の中に、あらゆる超常組織がひしめいている。それでも闇寿司という組織にたどり着くのは難しいことではなかった。活動するのは超常食品パラフーズという狭い範囲でありながら、様々な団体とかかわりを持つ謎めいた団体。与えられた特徴に最も合致するのは、その闇寿司を率いているという"闇"という男だった。
http://scp-jp.wikidot.com/from-busan-to-tono-2020
http://scp-jp.wikidot.com/yamizushi-file-no042
http://scp-jp.wikidot.com/dark-and-deity
http://scp-jp.wikidot.com/sushiblade-hub/offset/1/page2_limit/1


SH-RY.png

琉球の蛇の手による報告
ウチのとこでは、
http://scp-jp.wikidot.com/holy-sushiblade
http://scp-jp.wikidot.com/uiu-1970-005
http://scp-zh-tr.wikidot.com/esther


SH-TW.png

台湾の蛇の手による報告
http://scp-jp.wikidot.com/ambrose-taipei
http://scp-zh-tr.wikidot.com/yamisushi-file-053


このパートは書きたくなかったし、他のパートとかみたいに他の人に書いてもらいたかったんだけどさ。嫌々ながらだけど書き切った。

看守どもからは953、ある者々からは「その極道めの狐」と呼ばれる千年狐は……。クソッ。彼女は私の母。私は1516年に田老士と彼女の間に生まれた娘1516

人間と妖狐が子を成したとして、もし人間の男が保因者じゃなければ、彼らの子は保因者として生まれる。人間の男が保因者ならば、彼らの息子は保因者として生まれ、娘は妖狐として生まれる。

私は特殊な例。私の父、田老士は明らかに保因者じゃあない。だけど、それにもかかわらず私は純血な妖狐として生まれたんだ。これは、父が1515年に母の狐玉を飲み込んだからだと思う。狐玉は父に魔法の才能をもたらし、そしてたぶん、どうにかして彼の身体を遺伝子レベルで作り替えたんだろうね。そうでもなければ、私の存在を説明できない。

父は狐玉を吸収して狐の術vulpine magicに目覚め、たぶん人間よりも狐に近い実体になった。彼の遺体は当然に骨も残っていないし、私たちはこの仮説を検証できない。私は、父は史上初の男性の妖狐になったのではと疑っている。

これは私個人の仮説。だけどね、この仮説は私の人生観を変えたんだ。言いたくもないけど、でも私の母は怪物。(彼女が言うには)千年も無数の人々を虐殺し捕食した。彼女は娯楽として人々を魅了し、彼らの人生を無為に破滅させることを楽しんだ。だけど自分と人間は違う種だから、それら残酷な行為はもっともなものであると彼女は言うかもしれないね。彼女は獣にとってのそれと同じように、人間は肉であると唱えるかもしれない。いいや、「かも」じゃないね。「絶対に」、だ。

だけど、私の父は人間として生き、人間として死んだ……何か別の物になった後も。彼は私にとって良き父ではなかったけど、私は彼の生き方を尊敬してる。多分。

「母か、父か、君はどちらの道を歩むか?」と花潭フヮダム先生17が私に問いかけた質問。彼に答えるには、その時の私は幼すぎた。「母の道」そして「父の道」、その意味さえ私は知らなかった。だけど、私は500年間ずっと人として(正確には人‘々’ね)生きてきたし、今も人として生きようとしてる。ある時はいくらかの人々が恐怖(あのクソ忌々しい1795年の事件のこと)から私を迫害したし、そしてさらに、私はたくさんの人間による残虐行為を見てきた。けど、そんな経験をした私を人道から背かせまいと、そして彼らの内に在らせようと私を支えてくれたのもまた人間だったわ。

ああ。確かに私は妖狐の血と能力を生まれもってきたけど、私は人間だと信じてる。これは別に人間に「なりたい」という意味じゃない、それは私が最初から人間であると信じているということ。そして私は、人間であるおかげで私が持ち得る人間らしさというものを、他の人間の可能性を美しいと感じることができるという事実を、まさにそれを愛する。それが私の人生観。そして私を狐と呼ぶ奴らをぶちのめしたのもそういう理由さ。悪いけど謝らないぞ。

~ Hx18

疑念

  1. 看守どもはあの女狐を効果的に閉じ込めてるの?奴らを信じられる?
    • 彼女は既に6回逃亡し捕縛されていて、その度に大虐殺を引き起こしてる。だけどあの女狐の収容の取り組みは2000年代後半から特段変わっていない。
    • もし看守どもがうまく彼女を閉じ込めて永久に収容されるんだとしたら、その時は一安心。だけど奴らの彼女を「収容する」能力は疑わしい。
    • 彼女が再び脱出した場合の介入の必要性について議論する必要がある。
  2. もしも介入するとして、そう万が一女狐が看守どもから逃げおおせるとして、介入はどのくらいのレベルに留めるべき?
    • これは悪意ある知的実体について手が永らく続けている哲学的議論に関連する。
    • 現在のところ、ホヤは女狐の完全な終了を目的としなければならないと断固主張している。
  3. あの女狐と我らが隊長以外に生きている妖狐はいないの?
    • 私達は生まれたばかりの妖狐の捜索プログラムを実行している。だけど、今のところは進展が無い。
    • 上記の通り、出現因子はX性染色体の劣性形質。東アジアにおいて多くの保因者や彼らとの間で生まれた他の妖狐の実体の赤子がいるはずだけど、現代において、ホヤとあの女狐を除けば、目撃された他の妖狐の報告は無い。
    • この問題について、私達はいくつかの仮説を持ってる。最も合理的なものは、世界中に新生した妖狐はいるものの、彼女らが自身の本当の正体を知らず、人間として生きているというもの。捜索プログラムはこの仮説の検証の試み。そしてもしもこれが正しいのなら、私達はどう動くべきでしょうか?
    • ホヤはこのプログラムに非常に懐疑的。だけど今のところ、彼女はそれに強く反対してはいない19

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/author:come-dream
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル:
著作権者: Come_DreamCome_Dream
公開年: 2020
補足: この画像は以下の画像をもとにしてCome_DreamCome_Dreamが作成したものです。

ソース: https://pixabay.com/images/id-3149372/
ライセンス: CC0

著作権者: Russell_Clark
公開年: 2018
補足: Pixabayでは独自のPixabayライセンスが適用されますが、例外的に2018年以前に公開された画像には» CC0が適用されます。

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/yamisushi-logo
ライセンス: CC BY-SA 3.0
著作権者:tutuji

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/dinodon-s-hand
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: SH-JA.png
著作権者: Salamander724Salamander724

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/dinodon-s-hand
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: SH-RY.png
著作権者: Salamander724Salamander724

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/dinodon-s-hand
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: SH-TW.png
著作権者: Salamander724Salamander724

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License