眠り猫ver.2

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

Site ja.scp-wiki.net cannot be found.

cat-1551783_640.jpg

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid
あなたは夢をみている
特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは監視のない中型動物収容ユニット内に収容され、自動装置によって標準的中型猫科動物と同様の食餌を与えられます。選任されたDクラス職員はユニット内の清掃とSCP-XXX-JPのストレス軽減のためSCP-XXX-JPとの接触が許可されます。
SCP-XXX-JPの特異性が活性化した際には、職員はその場から退避し、必要に応じて後述するプロトコル三猿が実行されます。

説明: SCP-XXX-JPは体長20cmの白と黒の体毛を持つイエネコ(Felis catus)です。外見上の最大の特徴は、その両眼が常に閉じられていることです。この特徴にも関わらず、SCP-XXX-JPは視覚刺激に対して鋭敏に反応します。

SCP-XXX-JPが感じるストレスが一定値を超えたとき及びSCP-XXX-JPが生命の危機を感じたときにSCP-XXX-JPは睡眠状態に入ります。この際、SCP-XXX-JPの特異性が活性化したと定義されます1。SCP-XXX-JPの特異性が活性化すると、睡眠中のSCP-XXX-JPの半径2m程度の球状空間に認識災害風景(SCP-XXX-JP-1)が投影されます。

SCP-XXX-JP-1の観測者は昏倒し、SCP-XXX-JPが覚醒した数分~数時間後に覚醒します。この際SCP-XXX-JP-1の観測者は現実感を伴った奇妙な夢を見ます。この夢は多くのバリエーションが記録されていますが、共通点として、観測者は今の自身と異なる存在となり、そのことに違和感を覚えません。この体験は同時にSCP-XXX-JP-1に影響されている対象すべてに共有されます。SCP-XXX-JP-1の五感による観測及びAI等によるSCP-XXX-JP-1の描写の閲覧はすべて認識災害をもたらす結果となりました。この効果はSCP-XXX-JPが覚醒するまで維持されます。

財団職員のSCP-XXX-JP-1への暴露が潜在的な収容違反の可能性を招くとして、SCP-XXX-JP研究主任の左博士によりプロトコル三猿が策定されました。

補遺1: プロトコル三猿 

補遺2: SCP-XXX-JP実験記録

  • euclid
  • scp-jp
  • 観測
  • 幻覚
  • 触覚
  • 視覚
  • 睡眠
  • 聴覚
  • 動物
  • 認識災害
  • 嗅覚







タグ scp-jp メタ 語り thaumiel 観測 幻覚 触覚 視覚 睡眠 聴覚 動物 認識災害 嗅覚 猫 異次元 概念 確率 記憶影響 交換 財団製 人間型 非実体 ポータル 時空間 歴史 オンライン 時間 オネイロイ 倫理委員会 imaginanimal

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License