stengan774の人事案

このページの批評は終了しました。

氏名: 転眼 式見(まろびめ しきみ)

セキュリティクリアランスレベル: 業務内容によりLv.5まで許可

役職: 未詳資料/目録編纂室:81管区室長代理 財団歴史学博士 超常組織学博士 サイト管理委員

職務: 室長代理としての編纂業務統括の他、専門分野についての研究、財団業務のコストカット励行

人物と来歴: モンゴロイド系日本人女性。外見的特徴としては濃い目の下の隈とウェーブヘア、サメのように尖った歯。

1█歳の時点で財団に雇用されて以降、胡安博士の元で収容スペシャリストとして訓練を積んでいましたが、最終的に不明な理由1によって資質不十分と判断されました。その後彼女自身の志向と能力を考慮され、現在の職務への道を紹介されています。

評価: 転眼室長代理は財団81管区に所属する財団職員です。彼女が所属する未詳資料/目録編纂室は財団の実験記録やインシデント記録、要注意団体の追跡調査記録など、あらゆる事項のリスト化を行う部署であり、記録の保存・管理を行う記録・情報管理保安局(RAISA)とは協力関係にあります。

編纂室の業務は財団にとって非常に重要な活動の1つですが、何よりもその業務内容が地味なために 常に人手不足の状態が続いており、それでも何とか回るので 結果的に室長代理という身分でありながら転眼室長代理の業務負担は大きいものとなっています。彼女の隈の濃さも増す一方です。

職務態度は勤勉で、特筆すべき素行の問題も確認されていません。しかしながら転眼室長代理は性格面で偏執的とも言える収集癖と凝り性、節約家 もったいないおばけ であり、これは編纂室の業務能率向上には有意に働いていますが、彼女の交友関係においては「気難しい」 「貧乏くさい」 「マジでSCP-7800-Jの体現者っているんだな」 という反応が大半です。当人はそれほど気にしていませんが、精神状態に対する悪影響を危惧した財団福祉部門では彼女の生活態度改善案が何度か提出されています。

Q&A: 転眼室長代理が他職員からの質問に回答します。

Q: 編纂室の中はとても丁寧に掃除されていますが、自室はなぜあんなに汚いのですか?

A: 共有スペースと自室ではありがたみが違います。それと私の部屋は散らかっているようでいて機能的に物が配置されています。決して掃除する気力が無い訳ではありません。

Q: 予算委員会でもないのに備品予算にいちゃもんつけてくるのはやめてもらえませんか?

A: 私はただ無駄を許せないだけです。使える物は何でも利用しましょう。

Q: だからって禿びた鉛筆とか1回使った紅茶のティーバックとか入れた「まだ使える物リスト」を作成するのはやめて下さい。

A: いや、でも・・・・・・。

Q: スティックのりの最後に残った部分を、すごい良い笑顔でかき出しているところを見てしまったのですが・・・・・・?

A: へえっ!? 忘れて下さい!

監視記録: 財団福祉部門は転眼室長代理に対し、月下氷人委員会が主催する職員交流会に参加を促しました。イベント終了後、この有効性を評価するため彼女の交友関係について調査が行われました。



stengan774.

著者ページ

SCPs

SCP Rating Comments Created

Tales

Tale Rating Comments Created

GoI-format

Tale Rating Comments Created

Others

Others Rating Comments Created

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License