隣人とワルツを
/*
    Technoblast Theme
    [2020 Wikidot Theme]
    By EstrellaYoshte
    Based on:
        Simple Yonder Theme by EstrellaYoshte
        Anderson Robotics Theme by Croquembouche
        Flopstyle CSS by Lt Flops
*/
 
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Cairo&display=swap');
@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Orbitron:wght@700&display=swap');
@import url(https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code&display=swap);
 
#page-content { font-size: 0.91rem; }
 
body {
    color: #000000;
    font-family: 'Cairo', sans-serif;
    word-break: unset;
}
 
.page-source, .code pre, .code p, .code, tt{ /* ---- Code by Croquembouche ---- */
    font-family: "Fira Code", monospace;
}
 
a {
    color: #00AAB3;
}
a:visited {
    color: #013737;
}
 
h1,
h2,
h3,
h4,
h5,
h6 {
    color: #013737;
    font-family: 'Orbitron', sans-serif;
    font-weight: bold;
}
 
/* ---- HEADER ---- */
 
 div#container-wrap{
     background-image: url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/bg.png);
}
 
div#header {
    background-image: url(http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/logoaiad.png);
    background-size: 7.3rem;
    background-position: 3px 29px;
}
@media (max-width: 767px) and (min-width: 480px) {
    div#header {
      background-size: 6rem;
      background-position: -4px 44px;
    }
}
@media (max-width: 479px) {
    div#header {
      background-size: 4.6rem;
      background-position: -3px 58px;
    }
}
 
#account-topbutton{
    border: 0px;
}
 
#login-status,
#login-status a {
    color: white;
    font-weight: bold;
}
 
#search-top-box-input,
#search-top-box-input:hover,
#search-top-box-input:focus {
    border: none;
    background: #013737;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0px;
    color: #f4f4f4;
}
#search-top-box-form input[type=submit],
#search-top-box-form input[type=submit]:hover,
#search-top-box-form input[type=submit]:focus {
    border: solid 1px #00ffff;
    background: #013737;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0px;
    color: #00ffff;
}
#search-top-box input.empty {
    color: #bbbbbb;
}
 
div#header h1 a span {
    font-family: 'Orbitron', sans-serif;
    font-weight: bold;
    font-size: 0.9em;
    color: #00ffff;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
}
div#header h2 span {
    font-family: 'Cairo', sans-serif;
    font-weight: bold;
    font-size: 1.2em;
    color: #ff9944;
    padding: 17px 0;
    text-shadow: 0px 0px 0px #000;
    white-space: pre;
}
 
/* ---- TOP MENU ---- */
 
#top-bar a {
    color: #00ffff;
    font-weight: normal;
}
 
#top-bar ul li.sfhover a,
#top-bar ul li:hover a,
#login-status ul a,
#login-status ul a:hover {
    color: #00AAB3;
}
 
/* ---- SIDE BAR ---- */
 
 #side-bar .side-block{
     border: none;
     border-radius: 3px;
     box-shadow: none;
     background: linear-gradient(rgba(1,55,55,0), rgba(1,55,55,0)), url('http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/darkbg.png')!important;
     color: #00ffff;
}
 
 #side-bar .heading{
     color: #ff9944;
     border-bottom: solid 2px #ff9944;
}
 
#side-bar .menu-item > img {
  display: none;
}
 
#side-bar .menu-item > a:hover {
    background-color: #00ffff;
    color: #013737;
    text-decoration: none;
}
 
#top-bar div.open-menu a {
    border-radius: 3px;
    box-shadow: 0px 1px 4px 0 rgba(0, 0, 0, 0.2), 0px 3px 10px 0 rgba(0, 0, 0, 0.19);
    color: #00ffff;
    background-color: #013737;
    border: none;
}
 
#side-bar a,
#side-bar a:visited {
    color: #00ffff;
}
 
#side-bar .collapsible-block-folded{
    background: none;
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link{
    border-bottom: solid 2px #ff9944;
}
 
#side-bar .collapsible-block-unfolded-link .collapsible-block-link{
    color: #ff9944;
}
 
@media (max-width: 767px) {
    #main-content {
        padding: 0;
        margin: 0 5%;
        border-left: none;
    }
    #page-title {
        margin-top: 0.7em;
    }
    #side-bar {
        background-color: #013737;
        left: -19em;
    }
    #side-bar:target {
        border: none;
        box-shadow: 3px 0 1px -2px rgba(0,0,0,0.04), 1px 0 5px 0 rgba(0,0,0,0.2);
    }
    #side-bar .close-menu {
        transition: width 0.5s ease-in-out 0.1s,
                    opacity 1s ease-in-out 0s;
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        right: 0;
        background: rgba(0,0,0,0.3);
        background-position: 19em 50%;
        z-index: -1;
        opacity: 0;
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:target .close-menu {
        width: calc(100% - 19em);
        right: 0;
        left: auto;
        opacity: 1;
        pointer-events: auto;
    }
    #page-content > hr, #page-content > .list-pages-box > .list-pages-item > hr {
        margin: 3em -5.5%;
    }
    #side-bar {
        top: 0;
    }
    #side-bar .heading {
        padding-left: 1em;
        margin-left: -1em;
    }
    #search-top-box {
        top: 107px;
    }
}
 
/* ---- TABS ---- */
 
/* ---- YUI TAB BASE ---- */
.yui-navset .yui-nav a,.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a{background-color:inherit;background-image:inherit}.yui-navset .yui-nav a:hover,.yui-navset .yui-nav a:focus{background:inherit;text-decoration:inherit}.yui-navset .yui-nav .selected a,.yui-navset .yui-nav .selected a:focus,.yui-navset .yui-nav .selected a:hover{color:inherit;background:inherit}.yui-navset .yui-nav,.yui-navset .yui-navset-top .yui-nav{border-color:inherit}.yui-navset li{line-height:inherit}
 
/* ---- YUI TAB CUSTOMIZATION ----*/
 
 .yui-navset .yui-nav,
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav{
     display: flex;
     flex-wrap: wrap;
     width: calc(100% - .125rem);
     margin: 0 auto;
     border-color: #013737;
     box-shadow: none;
}
 .yui-navset .yui-nav a, /* ---- Link Modifier ---- */
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a{
     color: #013737;
    /* ---- Tab Background Colour | [UNSELECTED] ---- */
     background-color: #f4f4f4;
     border: unset;
}
 .yui-navset .yui-nav a:hover,
 .yui-navset .yui-nav a:focus{
     color: #f4f4f4;
    /* ---- Tab Background Colour | [HOVER] ---- */
     background-color: #00AAB3;
}
 .yui-navset .yui-nav li, /* ---- Listitem Modifier ---- */
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav li{
     position: relative;
     display: flex;
     flex-grow: 2;
     max-width: 100%;
     margin: 0;
     padding: 0;
     color: #00ffff;
     background-color: #f4f4f4;
     border-color: transparent;
     box-shadow: none;
}
 .yui-navset .yui-nav li a,
 .yui-navset-top .yui-nav li a,
 .yui-navset-bottom .yui-nav li a{
     display: flex;
     align-items: center;
     justify-content: center;
     width: 100%;
}
 .yui-navset .yui-nav li em{
     border: unset;
}
 .yui-navset .yui-nav a em,
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav a em{
     padding: .35em .75em;
 
     text-overflow: ellipsis;
     overflow: hidden;
     white-space: nowrap;
}
 .yui-navset .yui-nav .selected, /* ---- Selection Modifier ---- */
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-nav .selected{
     flex-grow: 2;
     margin: 0;
     padding: 0;
    /* ---- Tab Background Colour | [SELECTED] ---- */
     background: linear-gradient(rgba(1,55,55,0), rgba(1,55,55,0)), url('http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/darkbg.png');
}
 .yui-navset .yui-nav .selected a,
 .yui-navset .yui-nav .selected a em{
     border: none;
}
 .yui-navset .yui-nav .selected a{
     width: 100%;
     color: #00ffff;
}
 .yui-navset .yui-nav .selected a:focus,
 .yui-navset .yui-nav .selected a:active{
     color: #00ffff;
     background-color: #013737;
}
 .yui-navset-left .yui-content{
    /* ---- Content Background ---- */
     background: linear-gradient(rgba(1,55,55,0), rgba(1,55,55,0)), url('http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/darkbg.png');
}
 .yui-navset .yui-content,
 .yui-navset .yui-navset-top .yui-content{
     padding: .5em;
     border: none;
}
 
/* ---- INFO BAR ---- */
 
 body{
     --barColour: #013737;
}
 
 .info-container .collapsible-block-content .wiki-content-table{
     width: 100%;
}
 
/* ---- INFO PANE ---- */
 
#page-content .creditRate{
     margin: unset;
}
#page-content .rate-box-with-credit-button {
    background-color: #013737;
    border: solid 1px #013737;
    box-shadow: none;
    border-radius: 0;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info {
    border: none;
    color: #ff9944;
}
 
#page-content .rate-box-with-credit-button .fa-info:hover {
    background: #ff9944;
    color: #013737;
}
 
.rate-box-with-credit-button .cancel {
    border: solid 1px #013737;
}
 
/* ---- PAGE RATING ---- */
 
.page-rate-widget-box {
    box-shadow: none;
    margin: unset;
    border-radius: 0;
}
 
.page-rate-widget-box .rate-points {
    background-color: #013737 !important;
    color: #00ffff !important;
    border: solid 1px #013737;
    border-radius: 0;
}
.page-rate-widget-box .rateup,
.page-rate-widget-box .ratedown {
    background-color: #013737;
    border-top: solid 1px #013737;
    border-bottom: solid 1px #013737;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a,
.page-rate-widget-box .ratedown a {
    background: transparent;
    color: #00ffff;
}
 
.page-rate-widget-box .rateup a:hover,
.page-rate-widget-box .ratedown a:hover {
    background: #00ffff;
    color: #013737;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel {
    background: transparent;
    background-color: #013737;
    border: solid 1px #013737;
    border-radius: 0;
}
 
.page-rate-widget-box .cancel a {
    color: #00ffff;
}
.page-rate-widget-box .cancel a:hover {
    background: #00ffff;
    color: #013737;
    border-radius: 0;
}
 
/* ---- PAGE ELEMENTS ---- */
 
#page-title {
    font-family: 'Orbitron', sans-serif;
    font-size: 2.2em;
    font-weight: bold;
    color: #013737;
    border-color: #013737;
}
 
#page-content .wiki-content-table tr th {
    border: solid 1px #013737;
    color: #f4f4f4;
    background: linear-gradient(rgba(1,55,55,0), rgba(1,55,55,0)), url('http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/darkbg.png');
    /* set border for table title */
}
 
#page-content .wiki-content-table tr td {
    border: solid 1px #013737;
    /* set border for table content */
}
 
blockquote,
div.blockquote,
#toc,
.code {
     background-color: #f5f5f5;
     border: solid 1px #013737;
}
 
.scp-image-block {
    border: solid 1px #013737;
    box-shadow: none;
}
.scp-image-block .scp-image-caption {
    background: linear-gradient(rgba(1,55,55,0), rgba(1,55,55,0)), url('http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/theme%3Atechnoblast/darkbg.png');
    border-top: solid 1px #013737;
    color: #f4f4f4;
}
 
/* ---- Horizontal Rules ---- */
 
hr {
  background-color: rgba(1,55,55,1);
}
 
/* ---- Footer ---- */
#footer { background: transparent; }
#footer a { color: #00AAB3; }
rating: 0+x
blank.png

%E6%9C%88%E3%81%AE%E8%A3%8F.jpg

一般社会に"月の裏"として流布されている画像

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 地理条件及びその影響範囲の極めて広大なことから完全な収容が不可能、もしくは倫理的・経済的・正常性維持の観点から極めて困難であるため、SCP-XXXX-JPに対する厳密な意味合いでの収容は現在実行されていません。適切な代替措置が確立されるまでの間、財団-国際連合間で発効しているクレイドル条約1に基づき、隠蔽プロトコル-"The Domain of Artemis"が各国政府とその宇宙研究機関との協力によって継続して実行されます。以下はその主要な規定事項です。

  1. 条約を批准する各国政府は右掲載画像がSCP-XXXX-JPを撮影したものであるというカバーストーリーの下、SCP-XXXX-JPの真の性質を隠蔽するために作成された一般社会用科学的・歴史的コンセンサスを維持し、支持します。
  2. SCP-XXXX-JPの観測、探索、研究に取り組んでいる企業/学術機関/アマチュア組織及び個人は、各国政府及び財団による可能な限りの圧力によりその活動に対し継続的な抑制と改竄を行います。
  3. 月の商業的採掘・探索、土地・資源の所有を制限する国際法を拡充するとともに、主要各国間の宇宙空間における経済的・政治的な牽制及び競争を顕在化するよう演出することで、月面移住の実現性に対する一般社会の関心を減衰させます。

説明: SCP-XXXX-JPは地球の衛星である月の地表面の内、地球上から観測不可能な半球範囲として一般的に知られている性質から、"月の裏"と呼称される領域です。「1959年にソビエト連邦の無人探査機"ルナ3号"が月の裏を初めて観測した」という主流の歴史的コンセンサスと異なり、後述する異常性によって現在に至るまで人類がSCP-XXXX-JPの直接的な観測に成功した例は存在しません。

SCP-XXXX-JPでは秤動2によって地球上からも僅かに観測可能な18%の面積を除き、大規模な認識災害が継続的に発生しています。発生範囲を視覚、聴覚、触覚的に観測する行為は観測者に興奮と譫妄、そして多くの場合精神錯乱をもたらし、"月の裏"で自身が目撃したとする様々な幻覚を報告し始めます。以下はその証言例を抜粋したものです。

  • 虹色に輝く金属質のピラミッドや流線型の高層ビルディングの谷間を、円盤型の物体が飛び交っている。その円盤には窓がついており、白いローブを着た背の高い人々が笑顔でこちらへ手を振っている。
  • 一面が凍り付いた世界であり、複数の人間が鋭く尖った樹木のような氷柱に血を流しながら貫かれている。その他の人々は悲鳴を上げながら、氷柱に彼らを放り投げようとするウシのような角と系統学的にはコウモリに類似すると見られる翼を持つ実体に追い立てられている。
  • 鉤十字型の月面基地が各所に点在している。大音量で「我が闘争」の読み上げ音声を再生しながら歩き回るアドルフ・ヒトラーの顔を模した複数のロボットにより、宇宙空間航行能力を持つと思しき巨大な建造物が組み立てられつつある。その建造物の側面には「Neo-Hindenburg」と書かれている。
  • 中年男性の巨大な顔が全面に描かれている。"それは異常にイヤらしい3"。
  • アジア系の顔立ちをした男性が、月面に生えた樹を切り倒している。伐採された木材は二足歩行のウサギ及びカエルと思しき実体に杵と臼として加工され、餅つきと思しき作業に利用されている。その横では古代日本の貴婦人の服装をした長髪の女性が、髪をなびかせつつカニを食べている。
  • 月面に英語で「土地売り出し中!」「特価500 450 300’$!」と書かれている。セールスマンのような服装をした紫のタコ型実体が「今なら後ろの惑星もお付けします」と呼びかけている。
  • 知性を持ち拡大し続ける黒い海が高熱を発しながらこちらに███████████████。

こうした証言にはいずれも既知の物理法則とそぐわない事象、宇宙空間から観測不可能な事象が含まれるほか、財団が把握する科学的/歴史的事実として裏付けが取られていない4古典的な月の神話・伝承・都市伝説のイメージが多分に反映されていることが確認されています。

SCP-XXXX-JPの認識災害の影響はSCP-XXXX-JPへの直接的な曝露・記録媒体などを介した間接的な曝露のいずれにおいても発生するため、特に月面上及び月周回軌道上からの直接的な観測は宇宙空間というSCP-XXXX-JPの特殊な所在により、しばしば曝露者の生命に対する二次的な脅威となり得ます。

認識災害により脅威が隠されているかもしれない

補遺1: 発見経緯

記録上SCP-XXXX-JPの異常性が初めて判明したのは、前述の通り1959年にソ連において実行されたルナ計画においてのことです。ルナ3号が撮影・送信したSCP-XXXX-JPの認識災害画像によって引き起こされた受信先のバイコヌール宇宙基地における職員達の錯乱と一時的な混乱を受けて、当時のソ連政府は米ソ冷戦下での宇宙開発競争における優位性を保つために、苦肉の策として当時の科学的推論に基づく"月の裏"の偽造写真を作成、公開しました。この際作成された17枚の写真はプロパガンダのためソビエト山脈などの"不必要な"地形が書き足され、同時に当時の画像加工技術の粗さを隠蔽する目的で意図的なぼかしを用いられた結果、極めて不鮮明な画像として世に出ることとなりました。後年の財団によるさらに入念な隠蔽活動により、公的にはルナ3号を初めとしたルナ計画はおおむね成功裡に終わったものとして記録されています。

一方、ルナ計画が表向きの成功を収めたことへの対抗として、有人月面着陸を目的として1961年から始動したアメリカ合衆国によるアポロ計画は[編集済 - レベル5クリアランス制限]。この惨事を切っ掛けとして財団はSCP-XXXX-JPの存在を認知し、その存在の秘匿と事態の収拾のため主要国家と財団との間で秘密裏に暫定的な協力体制を築きました。クレイドル条約が発効して以降は、この体制を"The Domain of Artemis"に引き継ぐ形でSCP-XXXX-JPの隠蔽プロトコルが継続中です。

補遺2: 実験記録

1962年、財団が月面表側の西端に位置する東の海において前哨基地-13の建造に成功して以降、SCP-XXXX-JP領域を直接観測することを目的とした数回の探査実験が行われました。以下はその抜粋された記録です。

実験 #: 1

被験者: D-4220

手順: 宇宙空間で探査活動を行うための適切な宇宙服及び装備を身につけたD-4220をSCP-XXXX-JPに進入させ、周辺を探査させる。なお、宇宙服のヘルメットバイザーには予めオルクシー視覚性認識抑制フィルター5が装着されている。

結果: 前方に進みSCP-XXXX-JPを視認した時点でD-4220は認識災害に曝露する。D-4220は錯乱し"ブラームスが流れる美しい草原が見える"などと口走りながら、司令部の命令を無視して着用していた宇宙服のヘルメットを脱ぎ捨てたことで即座に絶命した。実験後のオルクシー視覚性認識抑制フィルターに対する内部解析では、CHTFの検出報告ログは発見されなかった。

実験担当者メモ: フィルターが有効性を示さなかったのは、SCP-XXXX-JP領域への接近により新たな異常性が発露したのか、もしくは単純にSCP-XXXX-JPの認識災害が既存のCHTFに一致しない未知の種類であったためか。いずれにせよ、もう少し条件を変えてみる必要がある。  アルフレッド・オードループ博士

省略

実験 #: 6

被験者: D-4464

手順: 宇宙空間で探査活動を行うための適切な宇宙服及び装備を身につけたD-4464をSCP-XXXX-JPに進入させ、周辺の土壌サンプルなどを収集させる。D-4464には事前に視覚を除去する外科処置を行い、また実験 #: 5での事例から、D-4464を容易に回収することが可能なように予め腰に鋼製のテザー(命綱)を装備させておく。

結果: "表側"とSCP-XXXX-JPの境界線を越えた瞬間にD-4464の位置を示す信号は消失した。にもかかわらず約4分30秒に渡ってD-4464と司令部との通信は継続したが徐々にノイズが混じり始め、最終的に途絶した。通信の内容は、D-4464が視覚以外の(実験時点では)未知の経路により認識災害に曝露したことを示唆するものだった。

また信号消失直後にテザーを引き戻したところ、SCP-XXXX-JP領域との境界線の部分で命綱が破断しており、D-4464の回収には失敗した。

実験担当者メモ: せめてSCP-XXXX-JPに接触した部分のテザーが回収できれば、付着した土壌などから性質の解明に活用できただろうが……残念だ。しかし認識災害と言い今回の消失と言い、SCP-XXXX-JP領域には何が隠されているのだろうか?  アルフレッド・オードループ博士

これ以降の実験では当報告書の説明項に現在記載されている以上の有益な結果が得られなかったため、現在は資源的・倫理的観点からSCP-XXXX-JPへの進入実験は原則停止されています。

補遺3: インシデント

1992年、財団諜報局政治工作部は「第三世界の非常に排他的な独裁政権で知られる████共和国が、国際社会への示威行為を目的として秘密裏に"月の裏"へと有人探査船を到達させる計画を急速な勢いで進行している」という旨の信頼度の高い情報をキャッチしました。████共和国は以前から異常な手段による国家権力の拡大を志向しており、この計画にも超常的手段による同国の宇宙開発技術の拡張があったことは明らかでした。

████共和国は月面到達の映像をマスメディアを通して国内外へと配信することを予定しており、これにより数千人から数十万人ほどの極多数のSCP-XXXX-JP曝露者が発生することが予想されたことから、当時の財団は当該計画を優先レベル3で阻止する方針を固めました。同国は国際連合及びクレイドル条約に非加盟であり政治工作による早急な計画実行の妨害は困難と予想されたため、財団は直接の武力制圧及びその他の軍事的手段により、当該計画を阻止することに成功しました。

ファイルページ: 月の裏

ソース: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Moon_Farside_LRO.jpg
ライセンス: パブリックドメイン/CC0

タイトル: Moon Farside LRO.jpg
著作権者: NASA
公開年: 2011
補足:

ソース: http://scp-jp.wikidot.com/scp-912-jp
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: もう星は盗まない10.jpg
著作権者: ykamikuraykamikura
公開年: 2017

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License