SCPーXXXーJP「Math狩るポーネ」下書き

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは標準低危険度物品ロッカーに収容されます。SCP-XXX-JPを使用した実験は無期限に停止されています。SCP-XXX-JPを許可なく摂食した人物は即座に終了されます。

説明: SCP-XXX-JPは、不明な製造元の容器に入ったマスカルポーネチーズです。容器には『博士のスーパーMath狩るポーネ(試作品)』とだけ記載されています。確保から█年以上経過しているにも関わらず、酸化及び腐食の傾向を全く示しません。容器及びSCP-XXX-JPを構成する成分に異常性は検出されませんでした。SCP-XXX-JPは使用後、容器の蓋を閉めると即座に再生します。

SCP-XXX-JPを摂食した人間(以下、被験者と表記します)が数字などの数学的要素1を認識すると、被験者は対象が示された物体に対して激昂し、使用可能なあらゆる手段を用いて破壊しようとします。この異常性は記憶処理などを施しても取り除くことは出来ず、永続的であると考えられています。また、被験者は、目視可能なプレートなどで管理番号などが割り振られた部屋や人物に対しても破壊行為を行うことが確認されています。なお、被験者はSCP-XXX-JPの味に対して、例外なく肯定的なコメントを残しています。

数学的要素に対して破壊行為を行う際の被験者は異常とも言える破壊力を示します。例として、厚さ2cmの鋼鉄製の壁に拳で12mm程度の陥没を起こす、電卓をコンマ█秒で修復不可能なまでに破壊する、計算式の書かれた紙片を█mm以下に分解する、などです。特筆すべき点として、これらの腕力増強により、ほとんどの場合において、被験者は自身の出した力に耐えられず、骨折や脱臼などを引き起こすことが挙げられます。また、これらの腕力増強は数学的要素を含む物品にのみ引き起こされることが判明しており、それ以外の物品には反応しませんでした。以下に実験記録を添付します。


中川博士の提言を受け、現在SCP-XXX-JPを利用した実験は凍結されています。

補遺: SCP-XXX-JPは北海道██市にある██中学校にて数学教師の██氏(██歳)がホワイトボードを粉砕しているという通報が財団の注意を引き、突入したエージェントによって発見されました。当時破壊されたホワイトボードには大量の数式が記載されており、██氏は反動により腕を粉砕骨折していたにも関わらず、ホワイトボードの破壊行為を中止しませんでした。これにより██氏が何らかの強制力などの影響下にあると考えられたため、██氏の持ち物の検査及びインタビューを行った結果、SCP-XXX-JPが発見されました。目撃者及び██中学校の生徒には記憶処理を行い、██氏は終了されました。

また、██氏宅のゴミ袋からは以下の文が記載された紙が発見されました。

██様
日頃より、我々''博士''に格別のご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
つきましては、日頃の御礼と致しまして、試作段階の『博士のスーパーMath狩るポーネ』をお送り致します。感想などお寄せいただけると幸いです。
では、今後ともよろしくお願いします。
.
楽しもうね!



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mr basilisk's portal does not exist.


エラー: mr basiliskのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5634252 ( 30 Aug 2019 11:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License