弔い合戦

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


ある日ある時、一人の男が死んだ。

ある女は彼の死を憂いて泣き喚き、死を周知のものにした。

ある男は彼にタバコを差し出し、最期の20分を共にした。

ある女は彼の葬式に参列し、身も世もなく泣き叫び弔った。

たった一人の男の死が、三人、或いは三柱の「死神」を巡り合わせる。

これよりお目にかけますは、三つ柱の死神の、さてもさても、物珍しき「弔い合戦」。
三者三様の時流の中で、彼等は如何様に弔い、導き、そして自らを衆目に焼き付けるのか。どうぞ皆さまごゆるりと…




悲しい。辛い。口惜しい。恨めしい。
それに準ずる感情が、唐突に私の胸をいっぱいにする。感情の奔流は口から絶叫となって溢れ出し、そして目から涙となって流れ出した。言ってしまえば号泣である。

「アレ、バンシーさん、泣いてます?って事は、また誰か死ぬって事ですかね?」

私と正反対に呑気な口調で話しかけて来るのは、現相方のくだん。私が泣いたのだから死人が出る事ぐらい分かっていろうに聞いてくるのは、彼の性格が悪いからか、或いは単に天然なのか。

ERROR

The mr basilisk's portal does not exist.


エラー: mr basiliskのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5634252 ( 30 Aug 2019 11:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License