SCP-XXX-JP"百鬼夜行"(下書き)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
監督評議会命令
以下のファイルはプロトコル・ヨリミツにより、レベル5/XXX機密情報に指定されています。閲覧にはクリアランスレベル5/XXXが必要です。
無許可のアクセスは禁止されています。
XXX

警告:ファイルを閲覧する前に必ず閲覧して下さい

当ファイルにはKeterクラス認識災害が含まれている可能性があります。曝露防止の為、以下の文言を繰り返してください。
かたしはや えかせせくりに くめるさけ てえひあしえひ われえひにけり


Pandemonium_area.jpg
SCP-XXX-JP実体群の出現候補地の1つ。画像右に見える看板が偽装SRA。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Neutralized Keter

特別収容プロトコル: 現在プロトコル・ヨリミツに基づき、当ファイルへのアクセスはカバーストーリーにより制限されています。ファイル閲覧後、自動でデジタル記憶処理エージェントが作動し、閲覧者に記憶処理を施します。現在機動部隊し-4("自棄酒")がSCP-XXX-JP実体群の出現候補地に、道祖神や看板に偽装したSRAの配置及び候補地の寸断を行っています。SCP-XXX-JPに関する全ての情報にはカバーストーリー「泥酔状態による幻覚」が適用されます。

説明: SCP-XXX-JPは不定期にクラスA霊的実体群が現れる現象です。SCP-XXX-JP実体群が現れる場所の条件は以下の通りです。

1、ヒューム値が平常(1.0hm)より0.2以上下回ること
2、1km以上の長さのある街道であること
3、深夜12時以降であること

これらの条件が揃った場合、SCP-XXX-JP実体群は候補箇所の█~███箇所にほぼ同時に出現します。SCP-XXX-JP実体群は出現した後、街道を練り歩き、100~2500m程移動すると消失します。その5~40分後、SCP-XXX-JP実体群は別の候補地に出現します。このルーティンは夜明けまで続きます。また、SCP-XXX-JP実体群の出現を予測することはできていません。

SCP-XXX-JP実体群は一種の認識災害ベクターであり、1その特性は人間がSCP-XXX-JP実体群を視認すると発動します。SCP-XXX-JP実体群を視認した人物は血中アルコール濃度が上昇したような感覚を受けます。その後対象は「SCP-XXX-JP実体群について行かないといけない」という強迫観念を受け、行列に加わります。この時対象は周囲からの静止を受けません。その後、対象を含むSCP-XXX-JP実体群は消失します。この時点でGPS反応は消失しますが、対象の生体反応は継続します。その後SCP-XXX-JP実体群が出現するまでに、対象の生体反応は停止し、対象は完全にSCP-XXX-JP実体群に取り込まれると考えられています。

出現するSCP-XXX-JP実体群には大きくわけて3種類が存在します。
ナンバー 容姿
SCP-XXX-JP-1 所謂「鬼」のような姿。
SCP-XXX-JP-2 様々なモノが擬人化されたような姿をしている。現在までに███種類が確認されている。
SCP-XXX-JP-3 上記に含まれない様々な妖怪、物の怪の類。

SCP-XXX-JP実体群の中に対象の姿は確認できない為、対象はSCP-XXX-JP-1~3のいずれかに変化すると考えられています。

SCP-XXX-JPの存在は江戸時代中期から認知されていたとされ、押収された蒐集院の資料にSCP-XXX-JPと思しき記述があります。しかし、明治時代以降から19██年まではSCP-XXX-JPの発生が起きておらず、その為SCP-XXX-JPはNeutralized指定されていました。しかし19██年、SCP-XXX-JPと類似した現象が断続的に発生するようになった為、当オブジェクトのオブジェクトクラスはKeterに再指定されました。19██年までSCP-XXX-JPが発生しなかった理由は不明です。2

以下はSCP-XXX-JP実体群を追跡した場合の調査記録です。

補遺1:SCP-XXX-JP関連文書1

19██/██/██、SCP-XXX-JP実体群の出現と同時に、1枚の紙が出現しました。以下にその内容を添付します。

お元気ですか。と、言っても、「彼ら」のせいで元気とは言えないでしょうが。
実を言うと、「彼ら」は私たちの仲間なのです。忘却し、酩酊し、停滞することを確かに選んだ、私たちの大切な仲間なのです。彼らを大人しくするあの歌は、もうあなたが私たちの仲間だよ、という意味を持ってるんです。だから、彼らはあの歌を読んだ人を襲いません。
ちょっとイタズラ好きで、この街が出来るまではちょくちょく人里で行進して遊んでいた、と聞きます。でも、今では私たちと呑み交わしています。
そんな彼らがなぜあんなことをするのか、不思議に思っているでしょう。

彼らは忘れられるのがこわいのです。自分達は忘れたけど、その自分達を忘れられるのがこわいのです。だから、むかしのように練り歩いて、皆さんに思い出してもらおうとしているのです。私たちは全てを忘れました、でも彼らはそれがどうしてもこわいのです。
彼らにも大切な人はいました。友達が、恋人が、親が、仲間が。確かにいたのです。でも、その人たちは彼らを忘れてしまいました。だから、ちょっとだけ、彼らはあなた達を恨んでいるのです。彼らはあなた達を忘れさせてしまおうとします。でも、それは仲間が欲しいから。どうか悪く思わないであげてくださいね。
だけれども、確かに彼らはいけないことをしています。だから、ちょっと酷な話ですけど、どうか彼らを忘れてあげてくれないでしょうか。彼らは少しでも覚えられている、その未練が彼らをあの行列に駆り立てるのです。完全に忘れられれば、彼らもきっと諦めてくれるでしょう。覚えてはいけません。彼らの一切合切を忘れてください。覚えていたら彼らは歩きつづけます。だから、どうか、忘れてやってください。よろしくお願いします。

酩酊街より 愛をこめて

補遺2:プロトコル・ヨリミツ

関連文書1を受けて、SCP-XXX-JPの無力化が審議されました。満場一致で無力化が決定され、プロトコル・ヨリミツの実施が決定されました。プロトコル・ヨリミツの概要は以下の通りです。

・報告書をロックし、閲覧を防止する
・SCP-XXX-JPはフィクションであるというカバーストーリーの配布
・SCP-XXX-JP出現候補地のヒューム値調整及び寸断を行い、出現を防ぐ

現在プロトコル・ヨリミツは実行中です。

補遺3:SCP-XXX-JP関連文書2

20██/02/██、財団サイト-8181に1枚の書状が郵送されました。以下は回収された文書の内容です。

平成██年█月██日
SCP財団の皆様へ

有限会社 如月工務店


業務妨害に関する抗議状


こんにちは、皆様。今回SCP財団様が弊社の業務妨害を行っていると耳に挟み、

略式ながら書状にて抗議させていただきます。

皆様もご存知の通り、我々は人とは違う世界にて生きてきました。

その為我々の存在は非常に薄いものとなっています。

我々は誰かに信じられることでその存在をつなぎ止めてきました。

我々は忘れられてはいけないのです。

その為弊社は皆様のお役に立ち、その地位を確かなものとしてきました。

今回皆様が妨害している百鬼夜行行列も、我々のキャンペーンのひとつとして行っています。

どうか、我々を忘れないでください。

記憶に残らなければ、我々は消えてしまうでしょう。

その為、百鬼夜行行列に対しての妨害行為を、可及的速やかに

停止していただきたいと思う所存です。

皆様のより一層の発展を心よりお祈り致しております。


謹白


…ファイルの全内容の閲覧を確認

デジタル記憶処理エージェント作動

memorydealingagent.jpg

作動成功


ERROR

The mr basilisk's portal does not exist.


エラー: mr basiliskのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5634252 ( 30 Aug 2019 11:45 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License