茜と菰の百合tale(仮)

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


あらすじ:
日奉一族の血を引く者として蒐集院で研儀官として働く日奉茜と、異常性界隈から離脱して一般人として生活することを選んだ血筋の日奉菰の話。茜は中学生の頃から菰のお目付け役を任されることになり、遠隔での監視と感覚同期を施している。茜は菰と交流は持たないが、菰を陰から守る存在で、菰に手を出した・出そうとした人は一切の例外なく叩き潰してきた。Web上でもそれは例外ではなく、菰の常に先を行くために茜はWebに詳しくなっていった。そうこうしているうちに、茜は菰に無自覚ながら特別な思いを抱くことになる。2人が大学生になった頃、菰は「あまてる」名義で歌とダンスを配信するようになる。茜は菰の見た目も声もタイプであったため、最初期から推していた。しかし、人気が出るにつれて酷い言葉をぶつける人も増えていった。茜はいつもの通りそれを片っ端から潰していったが、段々と追い付かなくなっていった。日に日に悪化する菰のメンタル状態を見ながら、上手い手を打てずにいた茜に、ある日突然、感覚同期の上限レベルの衝撃と痛覚が襲い掛かった。遠隔監視は、菰が自殺したことを示していた。感覚同期が切れていないことから、菰が「生きている」ことを察しつつも、菰の異常性は茜にも降りかかった。「菰が死んだ」「守れなかった」「一度でも正面から向き合ってあげたかった」という後悔と「菰は生きている」「苦しんでいる」「助けなければいけない」という念を抱いて、茜は「先生」を呼ぶ。憔悴する茜に、「先生」は「どうしてここまで放っておいた」「お前のせいで世界が滅ぶ」と言い放つ。ここに至って、茜はどうにもならないことを悟り、心が折れる。痛みをおして、茜は蔵から幽体離脱のアノマリーを引っ張り出し、自らに使い、どこかで「生きている」菰に寄り添うことを選び、肉体的な命を終える。財団が事態を収束させた後、「日奉教」の一部で教義が変造される。現在では、「日奉眞菰」として伝わる女性の名前は、一部地域では「日奉茜根」として伝わっている。

todo: 「心が折れた」ところをもうちょっと別な形にしたい。最後の行動は茜が菰の苦しみを和らげようとしているようにも取れてしまう。

ERROR

The 03xAn29's portal does not exist.


エラー: 03xAn29のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5621641 ( 31 Aug 2019 15:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License