SCP-XXX-JP アイデンティティは消えていく

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8141に設けられた収容室内に収容してください。収容室内はベッドや点滴、検査機器などの一般的な病室の持つ設備を設置し、SCP-XXX-JPを手錠と足枷によってベッドに固定してください。SCP-XXX-JPは点滴によって栄養を補給し、定期的に清掃を行って収容室内を常に清潔に保ってください。事案-XXX-JP以降、収容室内になんらかの武器を保有したまま入室することは禁じられています。

機動部隊な-8(“モルモットの使命”)はSCP-XXX-JPの観察及び研究を継続すると共に、全国にある末期病棟を備える大規模病院に隊員を派遣・潜伏させ、SCP-XXX-JPに関連する事項を監視してください。

説明: SCP-XXX-JPは10代後半の容姿を持つ少女(SCP-XXX-JP-1と呼称)及びそれに酷似した人型実体(SCP-XXX-JP-2と呼称)からなります。SCP-XXX-JP-1は常時ステージⅣの状態にある癌を患っており、現在医療での治療は不可能です。SCP-XXX-JP-1の異常性はSCP-XXX-JP-1が癌によって死亡したときに発現します。SCP-XXX-JP-1が死亡した場合、日本国内にいるSCP-XXX-JP-1と同じ部位の癌を患っている女性の中からランダムで選ばれた一人が完治することが判明しています。完治した女性らは容体が回復する直前に『黒い髪をした16歳くらいの女の子の幽霊の夢』を見たと証言しています。

SCP-XXX-JP-1の死亡後、SCP-XXX-JP-2がSCP-XXX-JP収容室内に現れ、未知の手段でSCP-XXX-JP-1を蘇生します。蘇生後SCP-XXX-JP-2は書置きを残して収容室内を去ります。書置きには『人の名前・病院名・病名』の三つが書かれており、これはSCP-XXX-JP-1死亡後に完治した末期癌患者の女性とすべて一致していることが確認されています。

SCP-XXX-JP-1との意思疎通は可能ですが、喉頭など発話に関係する組織に癌が発現した場合はこの限りではありません。SCP-XXX-JP-1へのインタビュー結果により、SCP-XXX-JP-1は死亡前後で記憶の引継ぎなどはないと考えられています。ただし、蘇生を重ねるごとにSCP-XXX-JP-1の自己同一性が少しづつ失われていることが確認されています。

また、複数の方法でSCP-XXX-JP-2の拘束が試みられましたが、いずれも失敗に終わっています。蘇生後もSCP-XXX-JP-1は依然ステージⅣの末期癌を患った状態であり、以降この状態が変わったことはありません。SCP-XXX-JP-1を外的要因によって殺害する試みは全て却下されています。

SCP-XXX-JP-1は██県の病院で病院長の自殺体とともに発見され、収容されました。この際病院関係者にはクラスB記憶処理を施し、SCP-XXX-JP-1の存在を隠蔽することに成功しました。また、この際SCP-XXX-JP-1の傍には病院長のものとみられる遺書が存在していました。

財団医療スタッフによってSCP-XXX-JP-1の血液検査による身元特定が実施された結果、SCP-XXX-JP-1は病院長の娘である『[編集済] 蛍』という名前の少女だと判明しました。その後、SCP-XXX-JP-1の死亡との関連性が疑われる末期癌患者の完治症例が増加することによって財団はSCP-XXX-JP-1の異常性を特定し、サイト-8141に収容することを決定しました。

事案-XXX-JP:SCP-XXX-JP-1の定例視察を実施していたエージェント・織部が、携行していた軍用ナイフを用いてSCP-XXX-JP-1を刺殺しようと試み、傍にいた機動部隊な-8の隊員がこれを阻止しました。これを受け、SCP-XXX-JP-1担当主任研究員である朝比奈博士によるエージェント・織部への尋問が行われました。

事案-XXX-JPを受け、サイト-8141管理者によって機動部隊な-8の隊員に対し訓示が行われました。

我ら財団の方針は『最大多数の最大幸福』だ。一を捨て百が救えるなら我らは一を問答無用で見捨てる。よく肝に銘じておくことだ    サイト管理者



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Lychee's portal does not exist.


エラー: Lycheeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5616457 ( 06 Mar 2020 05:13 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License