ほぼ完全な安全キャビネット

このページの批評は終了しました。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト72の低危険物収容ロッカーに収容してください。要件SCP-XXX-JP-A、またはBを満たすためのDクラス職員を使った実験は推奨されています。いずれかの要件を満たす方法を発見した者は即座に主担当研究員に報告してください。金一封が送られます。1

説明: SCP-XXX-JPは20██年██月██日、サイト76のゴミ取集所に捨てられているところを発見されました。その日に該当する粗大ごみ申請がなかったことから、破砕して翌日の燃えるゴミに出そうとしたところ、見た目では考えられないほどの強度を発揮したため暫定Anomalousアイテムとして研究がスタートしました。研究開始直後,インシデントSCP-XXX-JP-1が発生しその異常性の一部が発見されました。その後数回の実験を経て将来的な有用性からサイト76管理官から要件SCP-XXX-JP-A、およびBが制定されました。
SCP-XXX-JPは高さ203cm、幅182cm、奥行き57cm、重さ約78kgの一般的に"キャビネット"と呼ばれる家具です。見た目はチーク柄の木製ですが、これまでサンプル採取を目的としたあらゆる破壊が成功していないため,材質は不明です。
SCP-XXX-JPは"ON"と書かれたスイッチが内部背面にある以外は一般のキャビネットと同じ様相を呈しています。内部に一人が入り(以下"対象")扉を閉じた状態で対象自身がスイッチを押すと自動で扉が閉まり、内部にいる対象をあらゆる外的要因から守ります。SCP-XXX-JPへの激しい振動、熱、毒ガス、放射線、空気の遮断といった要因でも対象は怪我一つ負いませんでした。他にも霊的実体も通過できず、SCP-400█のような情報災害を持つSCiPも内部にいる人に影響を及ぼすことが出来ませんでした。この効果は扉を閉めてもボタンを押さなければ起きません。SCP-XXX-JPの対象となりうるのは生物のみです意思を持つと思われ,ボタンを押すことのできるすべての存在です。

インシデントSCP-XXX-JP-1:20██年██月██日,不明な敵対組織(以下組織)によってサイト76のSCP-████-JP2の収容違反が発生しました。組織の特殊部隊の一人が調査中のSCP-XXX-JPのおいてあった部屋に逃げ込み,SCP-████-JPを持った状態でSCP-XXX-JPの対象となりました。違反発生から2日後,SCP-XXX-JP内部から助けを求める声が聞こえるとの通報があり,SCP-XXX-JPはサイト76の警備部隊によって包囲され,対象への説得が行われました。違反発生から102時間後,扉が開き,SCP-████-JPの異常性が警備部隊に発現しました。扉が開くまでSCP-████-JPの異常性は内部に収容されていました。対象は扉が開く直前に衰弱死したものと思われます。

補遺1: インシデントSCP-XXX-JP-1およびその後の数回の実験を受け,SCP-XXX-JPは非常時の防護室としての役割が提唱されました。これを可能にするため,要件SCP-XXX-JP-Aが制定されました
要件SCP-XXX-JP-A:対象が衰弱死する以外での方法,条件によるSCP-XXX-JPの扉を解放(内部から外部からを問わない)する方法の確立

補遺2:インシデントSCP-XXX-JP-1およびその後の数回の実験を受け,SCP-XXX-JPは収容の難しい他のSCiPの収容室として使用することが提唱されました。これを可能にするため,要件SCP-XXX-JP-Bが制定されました。
要件SCP-XXX-JP-B:対象が自分の意思でボタンを押す以外での異常性の発現,もしくは自分の意思でボタンを押させる方法の確立

補遺3:以下はこれまでに提唱された要件SCP-XXX-JP-A(要件A)及び要件SCP-XXX-JP-B(要件B)の案の一部です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Dahune River's portal does not exist.


エラー: Dahune Riverのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5610970 ( 20 Aug 2019 12:38 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License