下書き(仮題:偏紫症)

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの収容は不可能です。また、危険性の低さから現在収容する必要はありません。

説明: SCP-XXXX-JPは5000人に1人の割合で先天的に発症する視覚異常です。この視覚異常を発症した人間は、網膜・視神経・脳に異常がないにも関わらず通常の人間とは異なった視界を有します。その視界は全体的に紫がかっており、赤色が認識されていません。その異常性から、発症者は通常より短い波長の紫外線等を認識出来る反面、波長の長い赤色を視認できないと推測されています。発症者はその視界が正常かつ一般的なものであると思い込みます。

SCP-XXXX-JPは5000人に1人の割合で先天的に発症する視覚異常です。この視覚異常を発症した人間は、網膜・視神経・脳に異常がないにも関わらず通常の人間とは異なった視界を有します。その視界は魚眼レンズを通したように大きく歪んでいます。発症者はその視界が正常かつ一般的なものであると思い込みます。

SCP-XXXX-JPは5000人に1人の割合で先天的に発症する視覚異常です。この視覚異常を発症した人間は、網膜・視神経・脳に異常がないにも関わらず通常の人間とは異なった視界を有します。その視界は上下反転しているにも関わらず物理法則は通常通りに働き、物体もそれに即した動きをします。発症者はその視界が正常かつ一般的なものであると思い込みます。

SCP-XXXX-JPは5000人に1人の割合で先天的に発症する視覚異常です。この視覚異常を発症した人間は、網膜・視神経・脳に異常がないにも関わらず通常の人間とは異なった視界を有します。その視界は物理的・光学的に整合性がとれていないにも関わらず、発症者はそれが正常かつ一般的なものであると思い込みます。視界を画像化した場合、その画像は小規模な認識障害を発生させ、画像を正しく認識することが不可能になります。認識障害はSCP-XXXX-JPの発症者には発生せず、発症者はその画像を自然な物として認識します。

当オブジェクトは、████大学の██研究室における視界の画像化の研究により発見されました。その後、研究関係者及び被験者(SCP-XXXX-JPの発症者を含む)は記憶処理を施され、研究は凍結されました。

0827

SCP-XXXX-JP発症者の視界

画像はSCP-XXXX-JPの視界を███大学の設備を使用して画像化したものです。画像は風景を写したものです。
画像はモノクロに写っています。 上下が反転し、全体的にやや赤みがかって見えます。 画像右下の生垣を中心に螺旋状に歪み、地面の色がピンクに、木の葉がオレンジに、空が鮮やかな黄緑色に見えます。 視界全体に縦縞の模様が入っています。 全体的にノイズがかかっています。 画像の左半分が雪に覆われています。 何も写っていません。 真っ暗です 全体的に青みがかり、左上が歪んでいます。 正常です。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The 0lumen's portal does not exist.


エラー: 0lumenのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5609212 ( 02 May 2020 17:35 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License