SCP-3939 ギミック編

15 19 63 11

scp.jpg

IMG_201802280039.JPG

アイテム番号: SCP-3939

オブジェクトクラス: Unclassed

特別収容プロトコル: オブジェクトは標準的仮収容保管セルに保管されます。可能な限り早く分類を行うための研究員が割り当てられます。

説明: まだありません。

Item #: SCP-3939

Object Class: Unclassed

Special Containment Procedures: Object is kept in standard pre-containment holding cell. A researcher is to be assigned to classify it as soon as possible.

Description: None yet available.

あなたはそのオブジェクトの文書 — 全部でわずか108文字 — を読み、目の前にある仕事に身を震わせている。

あなたの名前は████ ████████上席研究員、SCP-3939に割り当てられている研究員だ。

先週、あなたは前回のプロジェクトでの重大な見落としによって、クラス4からクラス3に降格した。あなたの責任ではなかったのだが、彼らはそうは思わなかった。幸い、それがあなたの最後のチャンスとはならなかった — しかし、これはそうだ。SCP-3939は、あなたが財団のために取り組んだ最後のプロジェクトになる可能性があり、その予測にあなたは戦慄した。『家』に帰ること、『家族』を持つこと、『普通の生活』を持つことは普通の人なら全てできること — 羊にすらできること — だが、そんなことを考えるのは良くない。財団はあなたの家であり、家族であり、あなたが属する場所なのだ。人生の職務はここにあり、そしてすべてが危険にさらされている今、あなたはこれまで以上にストレスを感じている。

You read the object's document — all measly 24 words of it — and shudder at the work that lies ahead of you.

Your name is Senior Researcher ████ ████████, and you are a researcher assigned to SCP-3939.

Last week, you were demoted to from Class 4 to Class 3 on account of critical oversights in your last project. It wasn't your fault, but they didn't see it that way. Fortunately for you, that wasn't your last chance — but this is. SCP-3939 could be the last project you ever work on for the Foundation, and that prospect terrifies you. The thought of going 'home', of having a 'family', a 'normal life', being able to do all the things normal people do — what the sheep do — that's not okay. The Foundation is your home, your family, where you belong. Your life's work is here, and now that it's all in jeopardy, you're more stressed than you've ever been.

未知のSCPの完全な収容手順を開発するのに3日かかる。SCP-3939。あなたはこのようなことを100回は行ったことがあるが、しかし彼らは収容の助けとなる機動部隊をよこさなかった、なんてひどいのだろう?

あなたはすぐ仕事に取り掛かる。オフィスの端末から、自分が見落としていることを補填するため、出来る限り調査をする。何もかもが見かけ通りではないことがすぐにわかる。あなたは適切な人に適切な質問をしたが、何かとてもおかしい。サイト-39の記録が始まって以来—13年前だ—、このオブジェクトは収容こそされているが、その入手の履歴はなく、以前の収容手順の履歴も、以前の研究者の履歴もない。

つまり、彼らはこの異常なオブジェクトを13年間保管されている収容室に置いたまま、クラス分けもせず、収容もせず、ただそのままにしていたのだ。そして、これまで適切に収容しようと考える人はいなかったのだ。

You have three days to develop full containment procedures for an unknown SCP. SCP-3939. You've done this a hundred times before, and they didn't give you an MTF to help you out, so how bad can it be?

You get to work immediately. From the terminal in your office, you do what research you can to fill yourself in on what you've missed. It quickly becomes clear that all is not as it seems. You've asked the right people the right questions, but something is very wrong. The object has been in containment since Site-39's records began — thirteen years ago — but there is no history of its acquisition, of previous containment procedures, or even of previous researchers.

So they've just had this anomalous object sitting about in some holding cell in storage for thirteen years, unclassed, uncontained, just doing whatever. And no one has thought to think about properly containing it until now.

ほら、普通なら、少なくともすぐに分類されるはずだ。ご存じ、Safe、Euclid、Keterに。どのように財団がSCiPを発見したのか、それがどのように回収されたかにかかわらず、それが何なのかを知らなければならない。しかし、あなたは今、この文書を20回読んだが、何も分からない。蓄音機であることを除いて。少なくとも、彼らは収容する前にわざわざ写真を撮ったのだ。

分類もされていないのに番号をつけられているのは、なんだか不思議で、あなたは自分で考えずにはいられない。さて、あなたはこんないい機会を逃すような人ではない。これはあなたにとって輝くチャンスだ。十分な収容手順を立てれば、クラス4を取り戻すことが出来るはず。

あなたには2人の研究助手、サリー・ホーソーンとカルロス・ロドリゲスが与えられた。あなたはこれまでに両方と仕事をしたことがあるが、それは少しの間だけで、1年以上も前のことだ。

そのことを念頭において、あなたは最初の行動は?

See, normally, stuff is at least classified immediately. You know, Safe, Euclid, Keter. However the Foundation found out about the skip, however it was retrieved, they must know something. But you've read the document twenty times now, and you know nothing. Except that it's a gramophone. At least they bothered to take a picture before they took it in.

It's kind of weird that they gave it a number if it's not even been classified, you can't help but think to yourself. Well, you're not one to pass up a good opportunity. This will be your chance to shine. Make good enough containment procedures, and you might just get your Class 4 back, who knows.

You've been given two Junior Researchers: Sally Hawthorne and Carlos Rodriguez. You've worked with both before, though only a small amount, and not less than a year ago.

With that in mind, what's your first action?



Three days? You've got time. This can wait until tomorrow.

Enter the holding cell to see what's in there.

Immediately send an email to the Site Director to ask what's going on.

タグ: 概念 敵対的 対話型 ミーム メタ 語り safe 知性 scp 自我
Tags: concept hostile interactive memetic meta narrative safe sapient scp sentient

SCP-3939-map.jpg
SCP-3939のルート分岐地図です。査読の際に参考にしてください。

出典: SCP-3939
著者: CroquemboucheCroquembouche
作成日(EN): 2018/03/15

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: Imerimo
文字数: 1831
リビジョン数: 13
批評コメント: 0

最終更新: 06 Jan 2021 17:36
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The Imerimo's portal does not exist.


エラー: Imerimoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5608384 ( 19 Oct 2019 02:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License