SCP-XXX-JP 過去は仕舞い込めこそすれ

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPへ通じる扉はバリケードで封鎖した上2名以上の警備員を配置することで外部からの侵入を防ぎます。月に2回、SCP-XXX-JP内部の清掃を可能な範囲で行います。

説明: SCP-XXX-JPはアメリカ合衆国██████州████████に存在する地下構造物です。現在確認されている、構造物への唯一の出入り口は日本語で"怪奇部門"と彫られている金属製の蓋が付けられた深度██mのシャフトです。シャフトの最下部には二つの階層で構成される建造物が存在しています。

それぞれの階層は4つの部屋を有する廊下のみで構成されていますが、部屋に繋がっている扉は全て溶接されており、扉に付けられた窓を通してのみ内部の観察が可能です。一部の部屋には内部に物品が保管されていますが、ほとんどの内容物は原型の推定が困難であるほど変形・切断・破砕されています。

また、すべての扉には金属製のプラカードが設置されており、プラカードには対応する内容物の名称と考えられるものが記されています。各階層はエレベーターを通して移動可能ですが、エレベーターの動力となる電源の供給元は不明です。これ以上のSCP-XXX-JP内の構造物の詳しい構造はセキュリティクリアランス4機密に指定されています。

探査記録: 以下はSCP-XXX-JP内で確認されたプラカードの名称と内容物、また内容物の現在の状態についての記録です。番号は識別のために財団が割り振ったものであり、実際には番号は記されていないことに注意してください。


第一階層

部屋番号: 1
プラカードの文字: 破壊済み (Decommissioned)
内容物: 内部は空であった。

部屋番号: 2
プラカードの文字: 木片 (Piece of wood)
内容物: 木片と布が散乱している。

部屋番号: 3
プラカードの文字: 破壊済み (Decommissioned)
内容物: 血液と思われる液体が床に付着している。

部屋番号: 4
プラカードの文字: 方舟 (Ark)
内部の現在の状況: 半径50cm程度の金属球が1個床上に設置されている。金属球は外部から強い衝撃を加えられたように変形している。


第二階層

部屋番号: 1
プラカードの文字: 変質 (Alteration)
内容物: 内部の観察に失敗。部屋内部に視覚影響を発生させる認識災害を引き起こす実体が存在すると仮定。

部屋番号: 2
プラカードの文字: 銃弾 (Bullet)
内容物: 天井から未使用と思われる銃弾が吊り下げられている。

部屋番号: 3
プラカードの文字: 破壊済み (Decommissioned)
内容物: 内部は空であった。

部屋番号: 4
プラカードの文字: 狼(wolf)
内部の現在の状況: ヨーロッパオオカミ (Canis lupus lupus) の死体が横たわっている。


発見経緯: SCP-XXX-JPは2021年██月██日に財団と世界オカルト連合間で交わされた協定1により財団に譲渡されました。世界オカルト連合がSCP-XXX-JPを破壊しなかった理由は不明です。


scp-jp safe 建造物 場所 世界オカルト連合 国外収容



ページ情報

執筆者: SuamaX
文字数: 1731
リビジョン数: 9
批評コメント: 0

最終更新: 10 Sep 2020 23:43
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The SuamaX's portal does not exist.


エラー: SuamaXのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5585175 ( 02 Feb 2020 16:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License