SCP-XXX-JP 忘れ難き物

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは財団の科学部門により作成されます。科学部門に所属する財団職員はプロトコル・レーテーに必要な量のSCP-XXX-JPを生産してください。余剰分はSCP-XXX-JP収容室に管理されます。SCP-XXX-JPの管理担当者は通常の薬剤と同様にSCP-XXX-JPを管理してください。

説明: SCP-XXX-JPは民間企業である██製薬により成人用の総合感冒薬として開発された薬剤です。SCP-XXX-JPを服用した場合、記憶処理薬に対する永続的な耐性を獲得します。服用者に記憶処理薬を適用した場合、重度の頭痛、吐き気、眩暈などの症状が永続的に現れますが記憶は消去されません。そのため、SCP-XXX-JPは現在の財団の政策の障害になり得ます。

補遺: ██博士により、SCP-XXX-JPを用いて人工の記憶処理薬を開発するプロジェクトが提言されました。以下はその要約です。

プロトコル・レーテー概要

概要: SCP-XXX-JPをDクラス職員に投与し、その後記憶処理薬を投与することで、SCP-XXX-JPに含まれる記憶処理薬を阻害する物質の断定及び記憶処理薬のメカニズムの解明を行う。このプロジェクトは人工記憶処理薬の開発を最終目標とする。

本文: 現在、財団は一般人に記憶処理や人工記憶によって財団への忠誠心を植え付けています。しかし、アノマリーに依存している記憶処理薬を完全に解明し、人工記憶処理薬の製作が可能になれば今まで不可能であった記憶の完全消去及び人格の再導入を全員に施すことにより、完全に一般人を支配下に置くことが可能となります。

従って、SCP-XXX-JPをThaumielオブジェクトとして再指定し、記憶処理薬のメカニズム解明のために運用することを提言します。

プロトコル・レーテーは承認されました。1週間以内にプロトコル・レーテーの開始が予定されおり、現在Dクラス職員50名の新規雇用の手続きを行なっています。


scp-jp thaumiel 医療 わるいざいだん



ページ情報

執筆者: SuamaX
文字数: 1100
リビジョン数: 15
批評コメント: 0

最終更新: 28 Jun 2020 19:57
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The SuamaX's portal does not exist.


エラー: SuamaXのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5585175 ( 02 Feb 2020 16:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License