SCP-4127-JP-EX-J で、結局お前はどっちの味方なんだよ

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

財団記録・情報保安管理局より通達

現在SCP-4127-JP-EX-Jのスロットには異なるオブジェクトが登録されています。混乱を避けるため、当報告書は本来のExplainedオブジェクトの形式ではなく、SCP-4127-JP-Jに指定されていた当時の報告書の原文を表示していることに留意してください。

— RAISA管理官、マリア・ジョーンズ

アイテム番号: SCP-4127-JP-J

オブジェクトクラス: Keter Explained

特別収容プロトコル: 現在、対抗ミームであるSCP-████-JP-J-EXを流布しています。

説明: SCP-4127-JP-Jは、財団のミーム部門が開発したミームが変異することにより発生したと考えられる異常なミームです。株式会社 明治が販売している「きのこの山」(以後SCP-4127-JP-J-A-1)または「たけのこの里」(以後SCP-4127-JP-J-A-2)を摂食した経験のある人物がSCP-4127-JP-EX-JP-Jに暴露した場合(以後暴露した人物を暴露者と指定)、暴露者はSCP-4127-JP-J-A-1を過度に褒め称えようとし、逆にSCP-4127-JP-J-A-2を過度に貶めようとします。なお、SCP-4127-JP-Jに暴露することによる記憶や性格の著しい変化は確認されていません。

性格の変化が起こらないという性質上、暴露者のほとんどはSCP-4127-JP-J-A-2に対する罵倒などを発することはありません。しかし、SNSなどにおいては一部の暴露者がSCP-4127-JP-J-A-2を罵倒している様子が見られています。これは本来の異常性に加え、匿名性が担保されているという環境によるものだと思われています。

SCP-4127-JP-Jの元となったと考えられているミームは、SCP-████-JP-Jの収容に用いられていたSCP-4127-JP-J-A-2を忌避するようになるミームであったと考えられています。元々ミームに異常性が付与されていたのか、あるいは流布している途中に異常性が付与されたのかは不明ですが、異常性が発覚した時点では既に流布が開始されてしまっていたため、暴露者の条件を満たす人間の大多数は既に暴露したものと思われます。

補遺: 株式会社 森永が、きのこの山・たけのこの里 国民総選挙の結果を発表しました。結果によると、「きのこの山」の投票数が全体の53%、「たけのこの里」の投票数が全体の47%であったとされています。この結果を受け、O5評議会で議論がなされました。その結果、以下の点を根拠としてSCP-4127-JP-JはExplained指定されました。

  • SCP-4127-JP-Jの拡散力は高いが、影響力は極めて弱く、個人の自制心によってSCP-4127-JP-Jの影響を完全に抑えることが可能であることがわかっているため。
  • ネット上におけるSCP-4127-JP-J-A-2に対する罵倒も、ネタとして広く浸透しており、大きなトラブルにはなり得ないと判断されたため。
  • SCP-4127-JP-J-A-1を忌避するようになるミームを流布しているにもかかわらずSCP-4127-JP-J-A-1の得票数がSCP-4127-JP-J-A-2の得票数を上回っているということは、暴露者は既に暴露する可能性のある人間のうち過半数を超えてしまっていると判断されたため。
  • 上記3点を踏まえ、現在正常な世界とはSCP-4127-JP-Jを含めた世界であると定義されたため。

上記の点を踏まえ、SCP-4127-JP-JはExplainedオブジェクトに指定されました。これにより、SCP-4127-JP-Jの収容措置は取り消されます。現在担当職員が旧SCP-4127-JP-EXの除去を行っています。

SCP-4127-EX-JP-Jを担当するミーム部門所属の職員は、このページを閲覧してください。

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: SuamaX
文字数: 2197
リビジョン数: 34
批評コメント: 0

最終更新: 14 Jun 2020 06:47
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The SuamaX's portal does not exist.


エラー: SuamaXのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5585175 ( 02 Feb 2020 16:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License