SCP-XXX-JP 死ぬほど熱い

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは耐熱機能を搭載した低危険物収容ロッカー内に保管されます。SCP-XXX-JPを取り出す際は必ず耐熱性能を持つ衣服を着用します。また、SCP-XXX-JPは必ず対認識災害フィルターを通してのみ視認されます。

説明: SCP-XXX-JPは不明なエネルギー供給の元常に約150℃を保っている陶器製のマグカップです。SCP-XXX-JPからの熱伝導は通常の物理法則に従って行われますが、SCP-XXX-JPの温度が下がることがないために通常よりも速い速度で熱伝導が行われます。

SCP-XXX-JPには副次的な異常性として軽度の認識災害効果を有しています。SCP-XXX-JPを視認した人間はSCP-XXX-JPを非異常性のコップであると認識し、前述のSCP-XXX-JPの異常性によって発生した化学変化及び状態変化の認知が不可能になります。この効果の適用範囲は視覚のみに留まらず、全ての五感とSCP-XXX-JPに関する記憶が含まれます。この認識災害は記憶処理により除去可能です。

発見経緯: SCP-XXX-JPは高知県██町で河内 美穂氏が緊急搬送され、その後死亡した事件をきっかけに発見されました。診断の結果、死因は以下の複数の致命傷によるものであると推定されています。

  • 両手と顔部分を主とした広範囲のIII度の熱傷
  • 気道に発生した浮種に起因する気道狭窄
  • 皮膚の剥離による出血多量

当初はその死体の状態から美穂氏の息子に当たる河内 卓也氏による家庭内暴力が疑われていましたが、熱刺激による脊髄反射が発生した形跡がないことから、明らかに死体が不自然であるとして同病院内で勤務していたフィールドエージェントにより財団に通報されました。現在では事後処理としてカバーストーリー"脳卒中"が適用されており、SCP-XXX-JPは回収されています。

当初その異常性から捜査は難航しましたが、河内氏の自宅のリビングに設置されていた防犯カメラに残った映像から、美穂氏の死亡にSCP-XXX-JPが関与していることが示唆され、SCP-XXX-JPの認識災害的性質が判明しました。以下はその映像記録を抜粋したものです。

映像記録XXX-JP

補足: この映像記録は河内氏の自宅のカメラの映像のうち、2019/07/24 19:13からの約20分間の部分を書き出したものである。

<記録開始>

[]

<記録終了>

映像記録及び卓也氏への聞き取り調査から、2019/07/23の時点ではマグカップに異常性は存在せず、2019/07/24に後天的に異常性が付与されたか、もしくはSCP-XXX-JPとすり替えられたと推測されています。

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: SuamaX
文字数: 1581
リビジョン数: 15
批評コメント: 4

最終更新: 18 Jun 2021 18:39
最終コメント: 14 Jun 2021 17:06 by SuamaX

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The SuamaX's portal does not exist.


エラー: SuamaXのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5585175 ( 02 Feb 2020 16:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License