SCP-XXX-JP 風邪引いたときに見る

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 財団のwebクローラは、SCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JP-1が発生した旨の投稿を速やかに削除した後投稿者の発信元を特定します。フィールドエージェントはSCP-XXX-JPに関連する旨の投稿を発信した人間に接触し、事情聴取の後記憶処理を行います。

説明: SCP-XXX-JPは日本国内の家宅内に出現する人型実体です。出現場所、出現間隔に規則性は発見されていませんが、現在まで確認されている発生事例には以下の共通点が存在します。

以下は財団の管理下で発生したSCP-XXX-JPの出現事例を書き下ろしたものです。段階ごとの所要時間は出現事例により大きく変化しますが、ほとんどの場合において以下のタイムラインに沿って進行します1

タイムライン 発生する事象
第一段階 対象者は不明な地点からの視線を知覚する。
第二段階 対象者が存在する家から壁や床の軋みに由来する音が観測される。
第三段階 対象者が存在する部屋のドアが開き、SCP-XXX-JPが入室する。
第四段階 SCP-XXX-JPが対象者に接近する。観測機器は部屋内部のヒューム値の微弱な減少を示す。
第五段階 対象者のベッドの傍らでSCP-XXX-JPが静止する。部屋内部のヒューム値は明確に減少し、それに伴い室温の低下が観測できる。
第六段階 現実改変が発生し、リンゴ(Malus domestica)が1個出現する。
第七段階 SCP-XXX-JPはナイフを取り出した後、リンゴの皮を剥き八等分する。その後、リンゴを対象者の枕元に置きSCP-XXX-JPが消失する。

SCP-XXX-JPが設置したリンゴはSCP-XXX-JP-1に指定されています。現在までに回収されているSCP-XXX-JP-1にはいずれも異常性は確認されませんでした。


scp jp



ページ情報

執筆者: SuamaX
文字数: 1154
リビジョン数: 4
批評コメント: 0

最終更新: 30 May 2021 13:30
最終コメント: 批評コメントはありません

ERROR

The SuamaX's portal does not exist.


エラー: SuamaXのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5585175 ( 02 Feb 2020 16:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License