大きなチャーリー、大きなウシ(本文批評完成後、インタビュも翻訳開始)

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-4158 l2.png オブジェクトクラス: Euclid
Level 2 Clearance 脅威レベル: 黄色

Special Containment Procedures:
特別収容プロトコル:
SCP-4158 is to be kept in an 8 meter by 10-meter cell in the medium containment zone of Site-64.
SCP-4158はサイト64の8メートルから10メートルの中位収容セルに収容してください。
The cell is to be fitted with a 5-meter trough on the east wall of the cell.
収容セルはその東側の壁に5mの窪みを装着してください。
SCP-4158 is to be sheared of its excess mass and have its cell cleaned once every week unless a test is being conducted.
SCP-4158の余分な(塊・質量)は切除され、試験が無い限り1週間に一度その収容セルは清掃しなければなりません。
X-rays are to be performed on SCP-4158 before and after shearing.
X線はSCP-4158の前後で切断が行われます。
The resulting meat is to be incinerated.
その結果生ずる肉は焼却してください。
SCP-4158 is to be fed a diet of raw beef, hay, wood, and bricks.
SCP-4158に生の牛肉と干し草、木、煉瓦の飼料を与えてください。
Constant monitoring is not necessary, though SCP-4158 must be checked at a minimum of three times a day.
継続した監視は不要ですが、SCP-4158の確認を最低でも1日3回行わなければなりません。
In a scenario where growth can not be regulated the object class is to be reevaluated.
発育が調整できないシナリオの場合はオブジェクトクラスを再評価してください。
Description: SCP-4158 is a bovine-esque creature measuring 3.4 meters tall and 5 meters long at the time of writing.
説明: SCP-4158は執筆時点で体高3.4m体長5mのウシに似た生き物です。
Its skin is thin, appearing translucent and ripping easily. SCP-4158 is partially blind and has a bulbous head that lacks the features of a bovine of which it shares an alleged lineage.
その肌は薄く、半透明に見え容易に裂けます。SCP-4158は部分的に目が見えず、家系を共有すると疑われるウシ属の特徴を欠いた球根状の頭部を持っています。
SCP-4158 is sentient and docile, not acknowledging personnel during feeding or cleaning of its cell.
SCP-4158知性があり従順で、収容セルの清掃時と食事中は財団職員を認めることはありません。
SCP-4158 does not produce excrement.
SCP-4158は排泄物を生成しません。
SCP-4158 is constantly growing in size and weight. As such, excess mass must be sheared off every week.
SCP-4158は継続して大きさと重さが増加しており、そのため毎週余分な(塊・質量)を切除しなければなりません。
Testing has shown that limiting the diet of SCP-4158 does not limit its growth.
試験により食事制限はSCP-4158の成長を制限することはないことが示されました。
Additional testing has shown that any meat that has been removed from SCP-4158 does not display the same constant growth.
追加の試験によりSCP-4158より取り除かれた幾つかの肉は同じように成長をしないことが示されました。
The meat produced by SCP-4158 is USDA Utility Grade beef and has shown no anomalous properties.
そのSCP-4158gが生産した肉は米国農務省のユーティリティ等級の牛肉であり、異常な特性を持ってはいません。
Despite this, the resulting meat is to be incinerated as a cautionary measure.
にもかかわらず、結果として生じた肉は予防措置として焼却されます。
When SCP-4158 is not sheared of its excess mass new features begin to form, including limbs, genitalia, and, in rare cases, organs.
SCP-4158の余分な(塊・質量)が切除されない場合、手足、生殖器、そしてまれに臓器を含む新しい特徴が生成され始めます。
The anatomy and placement of exterior growths are seemingly random.
外部の成長の解剖学と配置は一見様々です。
At its largest, SCP-4158 grew to be 8.5 meters tall and 9.8 meters long featuring seven legs, four stomachs, two penises, five testicles, and three tongues before the Foundation disallowed further growth.
最大でSCP-4158は高さ8.5m、長さ9.8mまで成長し、財団がさらなる発育を許可する前まで、7本の脚、4個の胃、2本の陰茎、5個の睾丸、3枚の舌を備えていました。
Testing was halted after SCP-4158 began showing evidence of neural tissue generation.
SCP-4158が神経組織の生成の証拠を示し始めた後、試験は中止されました。
SCP-4158 was found in Crewdson, Indiana on the morning of December 16th, 2004.
SCP-4158は2004年の12月16日の朝、インディアナ州(クルッドソン)で発見されました。
Calls to animal control were made by multiple residents about a large cow with mange roaming by Highway 17.
複数の居住者が動物管理へ第17号高速道路を疥癬を持った大きなウシに関して通報しました。
Two animal control officers were sent to investigate the reports.
二人の動物管理官を調査の報告の為に送りました。
Upon discovery of SCP-4158, the animal control officers contacted the local police department at 9:39.
彼らはSCP-4158を発見すると、9時39分に地元の警察に連絡しました。
A Foundation plant contacted Site-64 to send containment specialists to transport it.
財団のスパイはサイト64に連絡して、収容の専門家を送りました。
Class A amnestics were administered to the animal control officers and the case was closed, reporting it as being a cow with mange that was put down at the scene.
動物管理官にはクラスA記憶処理が施され、事件は終わり、その場にいたのは疥癬を持つウシだと報告されました。
SCP-4158 was transported to Site-64 at 12:46 with no resistance from SCP-4158.
SCP-4158はSCP-4158からの抵抗もなく12時46分にサイト64へ輸送されました。
Containment Specialists tracked the origin of SCP-4158 to a slaughterhouse by the name of Butcher's Block where one employee, Barney Mossman, and the manager, Jeff Fine, were found and taken into Foundation custody.
収容スペシャリストはSCP-4158の起源をブッチャーズブロックの名前で食肉処理場まで追跡し、そこで1人の従業員、バーニー・モスマンとマネージャーのジェフ・ファインが発見され、財団の管理下に置かれました。
One more employee, Rory Gildson, was later found at his residence at ███ ████ ██████ after calling in sick that day.
もう一人の従業員、ロリー・ギルドソンは、その日に病気で電話をした後、█████████████の彼の住居で後に発見されました。
All three persons were taken to Site-64 for questioning.
3人全員が尋問のためにサイト-64に連行されました。

Interview Logs:





It is currently not believed that Jeff Fine's worshiping of SCP-4158 is due to any anomalous effect, as is suggested by a study of personnel showing no abnormal religious or ritual practices after working with SCP-4158.
SCP-4158に対するジェフ・ファインの崇拝が異常な影響によるものであるとは、SCP-4158との労働後に異常な宗教的または儀式的慣行を示さないという職員の研究によって示唆されているように、現在考えられてはいません。
At this time there seems to be no reason to discredit any of the claims made. The workers and cows that were in the possession of the Butcher's Block Slaughterhouse at the time were all administrated Class E amnestics.
現時点では、主張を疑う理由はないようです。当時ブッチャーズブロック食肉処理場が所有していた労働者と牛は、すべてクラスE記憶処理を施しました。
The Butcher's Block Slaughterhouse was closed under the pretense that it was due to a health code violation and the employees were arrested for malpractice.
ブッチャーズブロック食肉処理場は、健康法違反のためであるとして、閉鎖され、従業員は不正行為で逮捕されました。
The identity of the man that sold Jeff Fine the pregnant cow that birthed SCP-4158 is still unknown.
SCP-4158を産んだ雌牛をジェフ・ファインに売った男の正体は未だ不明です。


ERROR

The tsgcrow's portal does not exist.


エラー: tsgcrowのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5582035 ( 31 Mar 2020 02:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License