SCP-XXXX-JP ブルーベリー・サークル(非公式ヨーグルト合作)

現在このページの批評は中断しています。

ブルーベリー・サークル

medium.jpg

画像処理を施して無力化したSCP-XXXX-JP-a

ソース:自作
ライセンス:CC BY-SA 3.0

タイトル:Blueberry Circle
著作権者: tsgcrow
公開年: 2020
補足:


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPによると思われる事象が発生した場合、機動部隊ぶ-10"空きコンテナ"を出動させて被爆者にAクラス記憶処理を施して下さい被爆者は原則終了してください。SCP-XXXX-JP-aが刻まれたと思われるブルーベリジャム・ヨーグルトに隠蔽処置を施してください。SCP-XXXX-JP-a、SCP-XXXX-JP-bを用いた実験はいかなる場合も許可されません。

説明: SCP-XXXX-JPは無作為にかき混ぜられたブルーベリージャム・ヨーグルトに発生する事象でSCP-XXXX-JP-aとSCP-XXXX-JP-bから構成されています。

SCP-XXXX-JP-aはある呪文詠唱1でのみ流体移動解析で明らかな知性異常シンボルであることが判明しました。

SCP-XXXX-JP-bは発生源不明のアメーバ運動性量子ホール理論2に基づく運動を示す 異常空間3 (と呼称します)です。

SCP-XXXX-JP-b内では被曝者によって「ある存在」と呼ばれる知的アノマリーがおそらく存在しており、超音波で常にSCP-XXXX-JP-aの詠唱を行っています。しかしその詠唱は不完全であり、財団標準粘度指数200〜350g/cm2の媒体で400nm〜435nm波長の電磁波を反射する媒質でのみSCP-XXXX-JP-aが生成されます。偶然にもこれはブルーベリージャム・ヨーグルトと同質のものであり、これにSCP-XXXX-JP-aは頻繁に発生します。

SCP-XXXX-JP-aを視認した人物(SCP-XXXX-JP-Aと呼称します)は積極的にSCP-XXXX-JP-aを描画し、周囲に拡散しようとする不可逆性の強迫性障害を発症します。これは大規模Aクラス記憶処理を施すことで知性退行、人格の喪失を伴った鎮圧が可能です。

補遺1を参照

SCP-XXXX-JP-Aは24時間後に[削除済み]を伴った現実改変を発生させます。

補遺1:
インシデント-XXXX-17
大規模収容違反時にSCP-XXXX-JP-AにAクラス記憶処理を施したところ、突発性の次元的折衝が発生し半径[削除済み]km3圏内のヒューム値が急激に低下しました。二次被害が発生し、急遽スクラントン現実錨が配備されましたが、効果が見られなかったため、SCP-████が使用され鎮圧されました。これに伴いO-5評議会により、特別収容プロトコルが改訂され、当オブジェクト被爆者は原則如何なる記憶処理を用いずに終了処分となりました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The tsgcrow's portal does not exist.


エラー: tsgcrowのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5582035 ( 31 Mar 2020 02:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License