加味スプーン

このページの批評は終了しました。

紙スプーン.jpg

SCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8181のSafeクラス物品収容ロッカーに厳重に施錠された状態で収容されます。

SCP-XXXX-JPを用いた実験はセキュリティクリアランスレベル3以上の職員の許可のもと行われます。

説明: SCP-XXXX-JPは外見は一般的な紙製のスプーンです。しかし、異常な耐久性を有しており、あらゆる衝撃や化学物質の影響下にあっても破損することはありません。

SCP-XXXX-JPがプラスチック容器に入った食品(以下、対象と呼称)に触れると、対象に物理的な要素や特徴が加えられます。そのある要素や特徴は、SCP-XXXX-JPを保持している人物(以下、SCP-XXXX-JP-Aと呼称)の発した言葉が元になります。(実験記録、事件-XXXX-JPの付記を参照。)対象が容器に入っていない場合や、容器がプラスチック製ではない場合はこの異常性は確認されません。また、SCP-XXXX-JPがどのようにして対象を食品と定義しているのかも不明です。

SCP-XXXX-JPは香川県██市の給食センター内で発見されました。発見当初の収容理由は「異常な耐久性を有している」というものであったため、当オブジェクトはAnomalousアイテムに分類される予定でした。しかし、その後の実験で前述の異常性が見つかったため、Safeクラスオブジェクトに指定されました。

以下は実験記録の抜粋になります。

実験記録-XXXX-JP-5 - 日付-20██/07/23

対象: ████社のカップヨーグルト

SCP-XXXX-JP-A: D-9227

SCP-XXXX-JP-Aが発した言葉: すごく美味しいヨーグルトが食べたい

結果: 対象の糖度の上昇と酸味成分の僅かな増加が確認された。

実験記録-XXXX-JP-7 - 日付-20██/07/24

対象: 鉄製の容器からプラスチック容器に移し替えたフルーツゼリー

SCP-XXXX-JP-A: D-9230

SCP-XXXX-JP-Aが発した言葉: ゼリーの質量を小さくしてほしい

結果: 対象の質量が180gから100gまで減少。対象が最初別の容器に入っていてもプラスチック容器に移し替えれば問題ないようだ。

実験記録-XXXX-JP-9 - 日付-20██/07/27

対象: プラスチック容器に入った清涼飲料水

SCP-XXXX-JP-A: D-9231

SCP-XXXX-JP-Aが発した言葉: ジュースをゼリー状にしてほしい

結果: 何も起こらなかった。対象がジュース等の液体では食品と定義されないようだ。

実験記録-XXXX-JP-10 - 日付-20██/07/28

対象: ███████社のカッププリン

SCP-XXXX-JP-A: D-9232

SCP-XXXX-JP-Aが発した言葉: 限界までプリンを硬くしてほしい

結果: 対象の硬度がビッカース硬さ1で714HVまで上昇。この値は正長石の硬さに相当する。

実験記録-XXXX-JP-12 - 日付-20██/07/28

対象: ████社の冷凍鶏唐揚げ

SCP-XXXX-JP-A: D-9233

SCP-XXXX-JP-Aが発した言葉: 光る唐揚げが見たい

結果: 対象が770lmの明るさで発光。

実験記録-XXXX-JP-13 - 日付-20██/08/01

対象: プラスチックカップに入った小麦粉

SCP-XXXX-JP-A: D-9234

SCP-XXXX-JP-Aが発した言葉: はじけろ、小麦粉!

結果: 対象が半径5mの範囲に激しく飛散。担当職員の██博士やD-9234にも対象が付着した。

いやあ、本当に面白いねえこのオブジェクトは。是非持って帰りたいよ。-██博士

補遺: 20██/08/02、実験-XXXX-JP-17中に事件-XXXX-JPが発生しました。以下はその音声及び映像記録、そして付記になります。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The rightaway1717's portal does not exist.


エラー: rightaway1717のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5555484 ( 03 Aug 2019 09:41 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License