SCP下書き どうして自分を食べたのか?

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPの各個体は、サイト-8141の標準人型生物収容室に収容されています。SCP-XXX-JP同士を接触させる事は実験以外を除いて禁止されています。

説明: SCP-XXX-JPは発見時43体、現在31体存在する人型実体です。外見とDNAは春山██氏のものと一致していますがどの個体も20██年4月17日以前の記憶を有していません。又、20██年4月17日以前の記憶を有している春山██氏と一致した人物が存在していない事から春山██氏は現在行方不明です。
SCP-XXX-JPは沢山の同じ顔の人が同じ顔の人を襲って食べているという警察への通報により春山██氏の自宅にて発見されました。その事からSCP-XXX-JPの元の数は51体以上であったと推測されています。又、春山██氏の自宅からは壊れない剣を含む4点のanomalousアイテムを押収しました。
SCP-XXX-JPの全個体は現在、収容に対して協力的です。しかしSCP-XXX-JPの各個体を接触させた場合どのような状況であっても捕食しようと行動します。そしてSCP-XXX-JPが捕食を終了した前後においてその個体に実施した財団の標準的な体力測定と知能検査おいて、結果の値が明確に上昇します。この上昇率は僅かなものであり、現在SCP-XXX-JPの各個体の体力測定と知能検査の結果は通常の範囲内です。

実験記録SCP-XXX-JP-1 - 日付20██/05/14

対象: SCP-XXX-JP-2

付記1 SCP-XXX-JP-2が他のSCP-XXX-JPを捕食した回数は0である。

実施方法: SCP-XXX-JP-2にSCP-XXX-JP-9を1体食べさせた後、財団の標準的な体力測定と知能検査を実施する。

付記2 SCP-XXX-JP-9が他のSCP-XXX-JPを捕食した回数は0である。

結果:体力測定と知能検査の結果の値が共に明確に上昇した 。

分析: SCP-XXX-JPが捕食をする理由は自身の身体能力を強化する事だと考えられる。SCP-XXX-JPの異常性が発生する条件が捕食する時なのか捕食される時なのか詳しく調べる必要がある。

実験記録SCP-XXX-JP-2 - 日付20██/05/16

対象: D-XXX1

付記1: 事前インタビューにおいてD-XXX1は人肉食に否定的である。

実施方法: D-XXX1にSCP-XXX-JP-16を1体食べさせた後、財団の標準的な体力測定と知能検査を実施する。

付記2: SCP-XXX-JP-16が他のSCP-XXX-JPを捕食した回数は0である。

結果: 体力測定と知能検査の結果の値に変化は無かった。D-XXX1はSCP-XXX-JPを食べる際抵抗をしており、後のインタビューにおいてSCP-XXX-JP-16を食べた事に対して不快感があったと報告した。

分析: SCP-XXX-JPには自身を捕食させようとする、捕食した対象を強化する異常性は有していないらしい。

実験記録SCP-XXX-JP-3 - 日付20██/05/17

対象: SCP-XXX-JP-27

付記: SCP-XXX-JP-27が他のSCP-XXX-JPを捕食した回数は0である。

実施方法: SCP-XXX-JP-27にD-XXX2を食べさせた後、体力測定と知能検査を実施する。

結果: 体力測定と知能検査の結果の値が共に明確に上昇した。しかし上昇率はSCP-XXX-JPを捕食した場合と比べ半分以下であった。後のインタビューにおいてD-XXX2を食べた事に対して違和感はあったものの不快感は無かったと報告した。

分析: SCP-XXX-JPがSCP-XXX-JP以外の人間を捕食した場合も異常性が発生するらしい。だが一番効率が良いのはSCP-XXX-JP同士で捕食する事だ。その事が積極的に捕食する事に関係するのだろうか。

補遺1: ██研究員がSCP-XXX-JPの各個体に対してコミュニケーションの一環としてポーカーを行っていた際SCP-XXX-JP-3が通常とは逸脱した勝率を出していました。その為追加実験を実施しました。

実験記録SCP-XXX-JP-4 - 日付20██/07/09

対象: SCP-XXX-JP-3,7,18

付記: SCP-XXX-JP-3,7,18が他のSCP-XXX-JPを捕食した回数はそれぞれ19,7,0である。

実施方法: SCP-XXX-JP-3,7,18に対してコインが表を出すように指示しコイントスを1000回実施する。又、その時のヒューム値の変動を計測する。

結果:
実験対象 捕食回数 コインが表だった回数 コインが表だった割合 実験前のヒューム値 実験時のヒューム値 ヒュームの変動値
SCP-XXX-JP-3 19 623 62.3% 1.005 1.080 +0.075
SCP-XXX-JP-7 7 550 55.0% 0.996 1.024 +0.028
SCP-XXX-JP-18 0 502 50.2% 0.994 0.992 -0.002

分析: 捕食によってヒュームの変動値も上昇するらしい。ヒューム値が捕食回数との比例の関係で上昇した場合、捕食を100回前後する事でコイントスの場合100%思い通りに操れる事になる。

事件記録SCP-XXX-JP: 20██年7月11日にSCP-XXX-JP-3がサイト8141から収容違反しました。その後SCP-XXX-JP-27は出動した機動部隊により再収容されましたが、機動部隊の到着時SCP-XXX-JP-27はその場にいたDクラス職員を3人捕食した後3秒程に渡って発光していました。

補遺: 20██年7月13日に春山██氏の自宅に1枚の手紙とUSBメモリ(以下SCP-XXX-JP-aと呼称)が1個出現しました。以下が手紙の内容です。

現在確認されている不具合について

【20██/7/13 15:50追記】
7月13日(水)13:50頃、下記の不具合を修正いたしました。
また、不具合によりデータが消滅した方に、「バックアップデータ」を補てんいたしました。

「拡大現実RPGリアルワールド」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
4月17日4:00より開催中のリアルラックアップミッションに関しまして、クリア報酬の「我が運の分身」を素材にして強化合成する時にプレイヤーが合成素材として設定されるという事象を多数ご報告いただいております。 
本件につきましては現在調査、確認をおこなっております。
情報が確認でき次第、改めてお知らせいたします。
お客様にはご迷惑をおかけしておりますこと、お詫び申し上げます。

©WorldGameConnect

手紙によって存在が確認された「©WorldGameConnect」の詳細は不明であり、調査が進められています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The sr_watari's portal does not exist.


エラー: sr_watariのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5527658 ( 27 Sep 2019 14:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License