傘を傾ければ、君に会える気がして

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは低危険度オブジェクト収容ロッカーに収容されます。

説明: SCP-XXXX-JPは長さ60cmのビニール傘です。外見や構造に異常な点はありません。

降雨時にSCP-XXXX-JPを使用した場合、使用者は自身と関係のある故人の姿(以下、"SCP-XXXX-JP-A")を、SCP-XXXX-JPのビニール越しに視認します。出現したSCP-XXXX-JP-Aは常時笑顔を保ったまま直立しており、使用者がコミュニケーションに成功した例はありません。

出現するSCP-XXXX-JP-Aの容姿は使用者の意識と関係するとみられ、複数の故人と関係を持つ人物が使用した場合はより関係の深い人物、具体的には親族等の姿で出現する傾向にあります。関係する故人がいない人物がSCP-XXXX-JPを使用した場合には、SCP-XXXX-JP-Aが出現しないケースもみられます。

SCP-XXXX-JP-Aは、雨が降り止むか屋内に移動するなどで異常性の発現条件を満たさなくなるか、SCP-XXXX-JPを畳むことにより消失します。

発見経緯: SCP-XXXX-JPは20██/01/15、茨城県██市の畑にて斉藤 一郎氏(78)の遺体と共に発見されました。斉藤氏の死因は長時間雨の屋外にいたことによる低体温症と診断されました。

遺体発見の1ヶ月前に斉藤氏の孫である斉藤 薫氏(16)が交通事故により死亡していたことから、警察は当初斉藤氏の自殺と判断していました。しかし、付近の監視カメラに「傘を前方に傾けたまま涙を流し立ち続ける斉藤氏」の映像が映っていたことから財団による再調査が行われ、結果としてSCP-XXXX-JPが発見されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The meshiochislash's portal does not exist.


エラー: meshiochislashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5526847 ( 09 Aug 2019 13:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License