英雄の覚醒

このページの批評は終了しました。

 この世界には英雄がいる。

 元犯罪者からエージェントまで様々な人物が、英雄と呼ばれるに値する行動を取った事実がある。

 他人のために自らの命を顧みず動く。ああ、まったく、素晴らしい美談だ。彼らの存在は人間の善性の証明と言えるだろう。しかし、敢えて俺はここで一つ、余計な一言を挟んでみようと思う。


 "英雄"は、英雄になりたかったのだろうか?


「溝口さんについて、ですか? あんまり仲良かったわけじゃないんですが……わかりました」

「同じフィールドエージェントだったので任務で一緒になりましたが、なんでもそつなくこなすタイプでした」

「とにかく真面目な人でした。任務中はずっと気を引き締めてて。でも、新人だった僕のことも気にかけてくれて。良い人なのは間違いないとおもいます」

「彼は有能だったので、すぐにエージェントとしていろんな任務に行くようになって。その活躍は耳にしていましたが、最近は合ってないですね。だから、怪我をして休んでるっていうのを聞いたのも最近で」

「重症じゃないと聞いていたんですが、仕事への復帰が遅れてるということは、思ったより悪いんですか?」

「……そうですよね、怪我はあなた方対話部門は管轄外ですよね、すいません」


「溝口くんは優秀な部下です。今までも何度も重要な任務を果敢にこなしてきていました。だから2ヶ月前の件にも彼を向かわせたんです」

「立地的に、民間人に危険が及ぶ可能性がありましたから。結果的に正解だったと思っています。彼のお陰で、20人近い民間人が現場に居合わせたにも関わらず、犠牲者0でオブジェクトを確保できた」

「正義感の強い、真面目な男でしたからね。なにせ私が見舞いに行って、最初に聞いてきたのが犠牲者は出ていないかですよ?」

「ええ、上司として誇りに思います。彼が復帰したらこのポジションが危ういかもしれませんけどね、はは」


「作戦の立案は溝口が行いました。一人が囮になって誘導、コンテナ付近に誘き寄せてから一斉射撃して無力化し、確保しました。囮は溝口自ら。そのせいで、彼はオブジェクトの一撃を受けてしまって」

「エージェントは4人居ましたが、囮をやろうとする人間はいませんでした、自分含めて。それを察して自分からやると言ってくれたのかもしれません。不甲斐ないです」

「……彼も怖かったとは思います。でも、この場ではそれが最前だから、と言っていました」

  はい、溝口は間違いなく英雄でした。早い復帰を願っています」




 周囲の人間への聞き取りを終えて、本人に会うために面会室に向かう。

 実際のところ、患者  エージェント・溝口は元気だった。怪我は一月も前には完治し、後遺症も残らないと判断された。それでも尚。彼はドクターストップをかけられている。

 面会室の扉には"対話部門"のロゴ。彼は一月前から、精神面の問題でエージェントとしての業務を拒絶している。体ではなく心を癒すために、彼は治療を受けていた。

 扉を開く。圧迫感を与えない程度に小さな部屋、その中央。患者はソファーに座って待っていた。

「こんにちは、溝口さん。調子はどうですか?」

「飯尾さん……。いや、そんなに悪くないです、食事もちゃんと取れました」

「それならよかった」

 自身の担当カウンセラーに頭を下げる男は、聞き取りから連想される勇者からは連想しにくい、自信のなさそうな声でそう言った。カウンセラー・飯尾は対面に腰を下ろし、優しい口調で話し始める。

「溝口さん。これから、どうしたいですか?」

「……わかりません」

 目を伏せる。真面目な男だ、曖昧な答えを返すことにも、仕事を続けたいと言えないことにも罪悪感があるのだろう。飯尾はその返答に少し黙り、ソファーに深くもたれかかる。患者よりも上の空間に目線を向けて、それでも雰囲気は優しいままに、会話を続ける。

「じゃあ、そうですね」


 エージェント、辞めましょう。


 カウンセラーが発した言葉、エージェント・溝口はその口元を見返した。

「別に難しい話じゃないんですよ。エージェントだけが財団に貢献してるわけじゃないですし、ただ職種を変えればいい」

「でも、いやそれは……」

 反論できない正論に、若いエージェントは口籠る。若いカウンセラーは言葉を続けた。

「今回の溝口さんの症状、俺は最初、命を落としかけたことが原因の心的外傷、トラウマの類いかと思ってたんですけどね」

「はい、僕もそう思っています。違ったんですか?」

 困惑を顔に落として、患者はカウンセラーに問いかける。

「はい。溝口さんの知り合いにも話を聞いたんですが、あなたは自分の意志で死線に立つことを選んでいるし、何より、あなたは命をかけるのが初めてじゃない」

 後はまー、フラッシュバックとかそういうのも特になく、ただ恐怖を感じているだけというのも判断要因でしたね。飯尾はそう付け足して、また溝口の目を見る。数秒目が合って、先に逸らしたのは見られた方。

「……トラウマじゃ、ない」

 俯いたまま、彼は呟いた。彼の抱えている感情は、"トラウマでないのならなぜ銃を持てないのか"と言う疑問から、"もっと酷い何かだったら"という恐怖へと変わった。恐怖が視線と服の裾を握る力に漏れ出る。その感情を読み取ったかは定かではないが、カウンセラーは間髪入れずに診断を明かした。

「溝口くんはね。心身共に正常だ」

 …………聞き間違い、だろうか。異常存在があると知らされた時と同じ、あるいはそれ以上の動揺と驚愕。ぽかん、という擬音がそのまま当てはまる表情を浮かべる。ふっ、と飯尾が吹き出した。

「っはは! 驚きすぎてすっげえ顔になってますよ?」

「いや、すいません……ちょっと、理解が追いついてないです」

 ソファーを揺らしてけらけら笑うカウンセラーに、溝口は未だ抜けきらない困惑を問いかける。飯尾は笑いを止め目を拭い、手元の資料に目を落としたままま返答を返す。

「いや、そのまんまの意味。ストレスレベル基準値、心的外傷もない、そのほか考えうる精神疾患は一個もない。認識災害に類するオブジェクトとの接触記録もなし」

「じゃあどうして!」

 聞けば聞くほどわからなくなってくる、見えなくなる疑問に、溝口は思わず声を荒げてしまう。だが、そう。「声を荒げるほどの元気がある」ことが彼の精神が正常であることの証明なのだ。つまり  

  逆なんだよ」

「え?」

「あの怪我で、君は正常になったんだ」

 飯尾は、僅かな憐憫を混ざった目で彼を見た。

「いや、そもそもの話さー。普通の人間が世界のために命を賭けられるか?」

 メサイアコンプレックス、という言葉がある。日本語で救世主妄想と呼ばれるそれは、自分は世界を救う救世主である、英雄であるという愚かな妄想を信じ込んでしまう精神状態を指す。対話部門ではよく見る言葉だ。それは、財団職員が陥りやすい、異常な精神状態の一つであるから。

 何故か?決まっている。タチの悪いことに、本当に世界を救っているからだ。半分、妄想ではないからだ。

「でも、溝口くんはビビった。怪我をして、普通に一月休んで、気がついちゃったんだろ。自分は思ったより強くないって」

 それでも、半分は妄想だ。財団職員は英雄ではない。大抵の場合特別な人間ではない、いや、特別な人間であっても関係ない。死ぬときはあっけなく、なんの見せ場もなく死ぬ。そんな英雄がどこにいる?

 丁寧な言葉使いが抜けている飯尾の言葉に、元英雄は下を向き黙ったまま。一方だけが語り続ける。

「最前線に出るのが怖い、それは正常なんだ。アンタはきっと、勇者じゃなかった」

「……そうですね」

 小さく、息を吐いた。正常な心は、正常な判断を下すことができる。迷いはあった。期待に応えたいという思いもあった。ただ、彼はそれらは、今の自分にとって正しい選択肢ではないと思った。深呼吸して、前を向き言う。

「新しく働く場所、どこがいいと思いますか?」

「んー、購買部かな! このサイトの配属になって、俺に割引してくれるんなら紹介するけど」

 そんな彼の言葉に、元エージェントはちゃんと笑顔を見せた。それに、カウンセラーも笑顔で返す。

「……どうする?もう少し話していく?」

「いや、やめておきます。荷物、纏めたいんで」

 ひとしきり話終えて、溝口が席を立つ。ありがとうございました、と一礼して、面会室の扉を開けて、閉める。彼の性格上、ここにまた来ることはもしかしたらあるかもしれない。でも、少なくとも。もう彼は世界の重荷を感じてはいない。

 飯尾は、一人きりの部屋で一つ考える。彼は英雄になりたかったのだろうか? そうではないだろうと思う。きっと彼がエージェントをやるには、世界のためと思うしかなかったのだろう。そしてそれは、財団にとっては益になる。だから本当は彼を治療するより、記憶処理でもしてエージェントに戻す方が、財団のためには良いのかもしれない。

 知ったことかよ。飯尾は馬鹿らしくなって笑った。何にせよ、狂っていた人間が正気になっただけ。そこに難しい理屈を捏ねるのはそれこそ異常な話だ。次の患者のため、資料を集めに席を立った。




「溝口さんですか? いい人なんですけど、ちょっと不器用なんですかね。レジ打ちがたどたどしくて、何回も教える羽目になるんですよ」

「でも、楽しそうに仕事してくれます」

ERROR

The meshiochislash's portal does not exist.


エラー: meshiochislashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5526847 ( 09 Aug 2019 13:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License