SCP-2661-JP「旅路の果てに残るもの」

現在このページの批評は中断しています。

アイテム番号: SCP-2661-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2661-JPはサイト-8101の低危険物収容ロッカーに収容されます。

説明: SCP-2661-JPは製造年月・製造者不明のデジタル表示式ストップウォッチです。経年劣化とみられる損傷が見られますが、問題なく動作します。"Department of Abnormalities"1という文章が彫られている以外に装飾はありません。

SCP-2661-JPの内部構造には財団が開発した技術が使用されており、耐用年数は200年を上回ります。しかし、財団が同様のストップウォッチを作成したという記録は存在しません。

SCP-2661-JPは2010/4/3、動作している状態でサイト-01に出現しました。出現時点での経過時間表示は"00:00:00"でしたが、出現と同時に自発的に計測を開始しました。出現時対象の表面からはアルコールとヒトの血液が検出されたことは特筆すべき点です。対象が出現の21分後に消失したため、この時点で詳細な調査は行われていません。

SCP-2661-JPは2014/1/14、サイト-8101に再度出現しました。出現時の経過時間表示にはアルファベットで"TIRED"が表示されていましたが、21分後に"00:00:00"に変化し、それ以降経過時間表示は変化していません。SCP-2661-JPは2010/4/3時点より激しく劣化しており、内部構造にはセイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)の綿毛が挟まっているのが確認されました。現在まで消失せずに同サイトに収容されています。

時間異常部門の調査によりSCP-2661-JPの出現は多元宇宙間の移動と判明しており、現在対象がそれに類する異常性を保持しているか調査中です。異常性を有さないことが判明した場合、SCP-2661-JPはAnomalousオブジェクトとして再分類されます。

  • safe
  • scp-jp
  • 自我
  • 機械
  • 財団製
  • 時空間
  • 時計
  • 異次元



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The meshiochislash's portal does not exist.


エラー: meshiochislashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5526847 ( 09 Aug 2019 13:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License