集村:20 - 忘記"充分な希望"

 一歩、まだ雪が残る地に足を踏み入れた。雪女のため息のような、鈍く冷たい風が首筋を通り過ぎる。緩慢な動作で青年はフードの付いたローブを着た。

「……やっぱ、この辺はクソほど寒いな」

「でも雪が降るということは、ここは少なくとも正常だということ」

 青年のぼやきに、首元に巻き付けられた機器  正確にはその機器に搭載された人工知能クレイが答える。

「あー、それは確かにそうだな。けど、春先でこの寒さの場所に人が生きてるってのは妙な話だ」

「……つまり、異物の力ってこと?イスト」

「たぶんな、いや、異物でなくても地下に篭ったりやりようはあるが」

 あたりを見渡す。連なる山々には不自然なほどに破壊痕がなく、そこには大自然の力を感じる。だというのに、なぜだろう……イストと呼ばれた青年の感覚は、そこに何処か人の手が入れられた痕跡を感じていた。その違和感の状態は、おそらく  目の前に完全な状態で存在する、残骸としてしか見たことがない四角く高い建物群だろう。

「あれを見る限りは、普通に地上に生きてそうだ」

「だね。とにかく、行ってみて確かめよう」

「ああ、いつも通り、調査は手早く終わらせてサボり倒す。翻訳と資料の確認頼むぞ」

「任せといて!」

 親指を立てるのが見えてきそうな、頼もしい相棒の電子音にイストは笑い、遠くからでもよく見える四角い村へ、ザクザクと雪原を踏み荒らしていく。

◇◇◇



 建物近くまで来て、まず初めに気がついたことは、外に人が出ていないことだった。

「畑とかも見えないな。これはでも異物の力ってよりは、普通に寒さのせいか」

「うん、それにこの道を通る時に獣の足跡もあった。狩猟で生きてるのかも」

「あー、なるほど……ってなんで見えてんの?もしかして」

「今日の朝、遠見のために使った視覚共有切り忘れてたよ」

「早く言ってくれよ!?今すぐ切ってくれ!」

 クレイの端末にはイストの脳を読み取る機能がある。それによりクレイはイストと五感を共有できる(もっともクレイの端末に集音機能があるので聴覚は共有したことがないが)。しかしこの機能を使うと脳で処理することが増え、イストの脳に負担がかかる。よって使うのは短時間のみなのだが……イストのドジでたまにこういうミスをやらかす。クレイもこのままでいいのかな?と思ってこれを指摘しない。とはいえ、半日程度ならそこまで脳に影響はないが。

「視覚共有切ったよ、一応脳のチェックもしたけど大丈夫そう」

「はぁ……それならよかった。で。なんの話だったか  おっと」

 イストが口をつぐむ。四角い建物から人が出てくるのが見えたからだ。クレイに翻訳させる前に、少し遠い彼を大声で呼ぶ。

「おーい!」

 呼ばれた彼はこちらに気がついたようだ。頷くと手を振って何かを返してきた。イストは小声で呟く。

「言語、特定できたか?」

「一語だけだからどのくらい変化してるかはわからないけど、うん。大元はわかったよ。翻訳できる」

「オーケー、じゃあこのまま行こう」

ERROR

The meshiochislash's portal does not exist.


エラー: meshiochislashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5526847 ( 09 Aug 2019 13:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License