忘れゆく人に捧ぐ詩

現在このページの批評は中断しています。

ある文書は宣言した。

「愛を決して忘れません」

忘れないなど、出来やしないのに。

忘れていく人に捧ぐ詩

rating: 0+x
blank.png

終わる世界で誰かが綴った。

我々を忘れないでくれと。



ウツボの元で博士は言った。

最後には忘れ去られるのだと。



青い空は雄弁に告げる。

我等が一度忘れたことを。



放送室の少女は泣いた。

忘却を止められずに泣いた。



不明な記録は理解を拒んだ。

理解の先にも忘却がある。



最後の部門は冷たく告げた。

記憶は頼るに値しないと。



記録官は明日を信じた。

けれど昨日も思い出せない。



財団は長く頼りにしていた。

異常な全てを忘れる術を。





彼等は我らに伝えてくれた。

全ては薄れ、消え去っていく


それでも君が誓うなら、忘れないなどと誓のならば。



それは、


君の傲慢でしかない。





それでも、





終わる世界で誰かが叫ぶ。

「忘れられて、たまるものか」と。



さきがけハービンジャーは受け継ぎ飛び立つ。

さいごを忘れさせないように。



青い空を見上げて返す。

忘れきっているわけではないと。




酩酊の民は愛を込める。

忘れ、行き着けば、受け入れる。



ピエトロ・ウィルソンはただ記録する。

確かなことを覚えていなくても。



反ミーム


ガラスペンはインクを遺す。

忘れられると知るからこそ。



僕等はずっと歩み続ける。

世界の全てを描き続ける。





彼等もいつかは忘れ去られる。

それでも確かに力をくれた。


だから、





今ここにこの詩はある。

忘れないなど出来やしない。


忘れないなど僕等が言うのは、


自分勝手な傲慢でしかない。


それの何が悪いというのか。


忘れられたい人もいる。


忘れた方がいいこともある


忘れないなんて綺麗事だ。


だけど僕等は忘れたくない。


それでいいと胸を張れ。


去り行く全ての人達と、


既に僕等が忘れた人達


そんな全てを「忘れない」と、


根拠など無くそう信じたい、


同じ思いを抱えた全ての、



忘れゆく人に捧ぐ詩。

ERROR

The meshiochislash's portal does not exist.


エラー: meshiochislashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5526847 ( 09 Aug 2019 13:25 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License