爪弾き者のアイデンティティ

テーマ

アイデンティティとは何か?
狂人は天才か?
アイデンティティに価値なんてない。

テーマを描く上での必要シーン
序: 主人公はアイデンティティを欲していて、それを探すために生きている。自身にはアイデンティティがないと思っている。アイデンティティを持っている人に出会う。

中: アイデンティティが無くても生きてはいける。アイデンティティを持っているかに頓着がない人もいる。アイデンティティのために命をかけるという『異常』、或いは個性、或いはアイデンティティ。個性がないという個性。

終: 主人公はアイデンティティを欲している。
「主人公はアイデンティティを手にしない」。初めから主人公の考える「アイデンティティ」なんてものは存在しないか、既に持ち合わせていることに気がつく。主人公はアイデンティティのために生きるのをやめる。

設定

場所:新宿

・めっちゃ行くから書きやすい
・『中途半端に個性を欲してるやつが行くところ』としての解像度が高い
・人が多いから変な人も多いって無茶が効く
・出したい要注意団体である有村組・壊れた神の教会・葦の輪が全部居てもおかしくない。

人物

主人公
座布田 創 男 17歳 高3

埼玉あたり出身で、AOとかでそこそこ良い大学に受かって東京で自分探しの旅(=異常探しの旅)をしている。

何でもそつなくこなすことが取り柄。

ストーリーライン

ERROR

The meshiochislash's portal does not exist.


エラー: meshiochislashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5526847 ( 09 Aug 2019 13:25 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License