無慈悲なウイルス

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x
250px-Parvovirus_in_Blood.jpg

顕微鏡で確認したSCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは生物サイト-8102の1×1×1mの箱内に収容した後、冷凍保存されています。収容室に入室する場合、マスクと防護服を必ず装着して下さい。退出時は滅菌処理を行ってください。収容違反防止する為、入室した職員は血液検査を行い、5日間は職員に接触不可にし、7日間の隔離が義務付けられています。

SCP-XXX-JP患者が現れた場合、死亡後即座に滅菌処理させ、焼却処分して下さい。処分時に出た灰、骨は滅菌処理後、冷凍保存して下さい。

SCP-XXX-JP-1は2x2x2mの箱内に収容した後、SCP-XXX-JP同様冷凍保存して下さい。SCP-XXX-JP-1は解凍すると暴走状態になる為、解凍中は必ず近寄らない様にし、別室にて待機して下さい。 

財団の管理外にてSCP-XXX-JP-1の発生が見られた場合、カバーストーリ「脱走動物」に従って適切に処理をして下さい。その際、噛まれた一般人及び財団職員は、安楽死処分を行って下さい。関係者・目撃者に対しては記憶処理を施した上で、状況に応じたカバーストーリーを適用するものとします。

説明: SCP-XXX-JPはパルボウイルスの変異体です。1~3日の潜伏期間後発症し、感染初期は食欲不振、元気消沈、嘔吐、などの症状が現れ始めます。治癒率は5%以下です。

発症5日後、ウイルスは血液によって骨髄細胞内に流され、それらの細胞で爆発的に複製され、細胞を破壊し、骨髄細胞の破壊が進行することによる白血球数の激減によって、腸内細菌の日和見的な感染を防御することができなくなり、敗血症に至ります。同時に、腸粘膜下織の毛細血管の破綻による出血などの要因が重なって DIC1。が惹起され、多臓器不全により斃死します。

SCP-XXX-JPの異常性は感染者が死亡後72時間経過後に発生します。死亡72時間経過後、感染者の形状が最後に「思い浮かべた動物」に変化します。これをSCP-XXX-JP-1とします。SCP-XXX-JP-1は検査により生命反応を示していませんが、自我を喪失した様に暴走します。SCP-XXX-JP-1は唾液内にSCP-XXX-JPを保持しており、噛まれた場合は即座に隔離し、安楽死、焼却処分して下さい。及びSCP-XXX-JP-1からの空気感染によりSCP-XXX-JPに感染したという事例はありません。

妊娠中の人が感染した場合、胎盤を経由して胎児も感染し死・流産を引き起こします。

実験記録XXX-A - 日付2███/██/██

対象: SCP-XXX-JP-1

実験内容: SCP-XXX-JP-1の鎮静化、駆除

実施方法: 物理的な破壊(銃・爆弾等の兵器を使用)、鎮静剤の投与

結果:
物理的な破壊: 身体の75%以上を破壊、SCP-XXX-JP-1は行動を停止、その後微動だにせず。
鎮静剤の投与:Dクラス職員により鎮静剤を投与、一時的ではあるが、行動を停止。
分析:
SCP-XXX-JP-1は生命反応を示さないこと、暴走を起こすこと以外は普通の動物と変わりないのかもしれない。さらなる研究が必要だ。

実験記録XXX-B - 日付2███/██/██

対象: SCP-XXX-JP患者(重症)

実施方法: SCP-XXX-JP患者にイヌ(Canis lupus familiaris)の事を思い浮かべる様に指示

結果: 患者が死亡、72時間経過、30時間程かけ、イヌ(Canis lupus familiaris)の形状をしたSCP-XXX-JP-1に変化。

発見時の情報を提示しますか?

職員コード
パスワード


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The not-yuki0's portal does not exist.


エラー: not-yuki0のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5520767 ( 23 Jul 2019 03:40 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License