SCP-5059-ロールアウト! (原題:Roll Out!)

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

Transformers.jpg

発見時のSCP-5059

タグ: 認識災害 jam-con2020 記憶媒体 safe サーキック scp

Special Containment Procedures:

特別収容プロトコル:

SCP-5059 is stored in a standard high value anomalous item locker in the Safe Objects wing of Site-17, Sublevel 2, locker 09932.

SCP-5059はサイト-17、サブレベル2、ロッカー09932のSafeオブジェクト棟にある標準的高価値異常アイテムロッカーに保管されています。
Instances of SCP-5059-1 must be contained under HCP1 1 through 3, depending on the properties of the instance's altered vehicular state, until their expiration. No more than 10 instances of SCP-5059-1 may be retained for study at this time.

SCP-5059-1の実例は、実例が変容した車両状態の特性に応じて、HCP21~3の下で、その効果が終了するまで収容されなければなりません。現時点では、SCP-5059-1の実例は10体まで研究のために保持することができます。
Testing with SCP-5059 can only be approved by the item's HMCL Supervisor (Currently Dr. Albert Frampton).
SCP-5059を用いた実験は、アイテムのHMCL監督者(現在はアルバート・フレンプトン博士)のみが承認できます。


Description:

説明:

SCP-5059 is a VHS video tape containing the 1986 animated film Transformers: The Movie. D-Class asset review of the content of SCP-5059 does not reveal any deviation from the original cinematic release of Transformers: The Movie according to the best of their memory, and machine analysis of the contents of each tape reveals their content to be identical. The cassette shows no special resistance to damage or age related wear. Tape spools contained therein have proven to be portable to other cassette cases when their current housing breaks while retaining anomalous properties.

SCP-5059は、1986年のアニメ映画トランスフォーマー ザ・ムービーが収録されたVHSビデオテープです。Dクラス人員によるSCP-5059の内容の確認の結果、記憶している限りでは、オリジナルの映画公開時のトランスフォーマー ザ・ムービーからの逸脱は見られませんでした。また、各テープの内容を機械解析した結果、内容は同一であることが判明しました。カセットには、損傷や経年劣化に対する特別な耐性は見られません。この中に含まれているテープスプールは、異常特性を保持したまま現在の筐体が破損した場合に、他のカセットケースに移動できることが実証されています。
The anomalous properties of SCP-5059 only manifest after a complete viewing of the film3. After its completion, subjects report an anomalous desire to emulate the characters depicted in the film. Within the first hour after viewing SCP-5059, the subject (now designated SCP-5059-1) will spontaneously reorganize their biology into the form of a functional scale model vehicle.

SCP-5059の異常な特性は、映画を完全に視聴した後にのみ発現します4。完了後、被験者は、映画で描かれていたキャラクターを模倣したいという異常な欲求を報告します。SCP-5059を視聴してから最初の1時間以内に、被験者(SCP-5059-1と指定)は、機能的な縮尺模型車両の形態へと無意識に彼らの生態を改造します。
Instances of SCP-5059-1 do not create additional matter, or change the chemical composition of their flesh during a "Roll-Out event". The color, texture, and durability of SCP-5059-1's tissues also remains the same. SCP-5059-1 instances universally describe the process as incredibly painful, with many transformations requiring the breaking and reshaping of bones, tearing and reforming of ligaments, and complete reconfiguration of organ systems, as well as many forms of rapid tissue growth as in the case of windows and signal lights. This discomfort subsides immediately upon the event's completion, and may be initiated again, at will, at any time. Removal of clothing prior to initiation has proven to drastically reduce this discomfort.

SCP-5059-1実例は、"ロールアウト・イベント"の間、追加物質の生成、またはその肉の化学組成を変化させません。SCP-5059-1の組織の色、質感、耐久性も変わりません。SCP-5059-1の実例は例外なくこのプロセスは信じられないほど苦痛であると説明しており、多くの変形には、骨の破壊と再形成、靱帯の切断と再形成、および器官系の完全な再構成、ならびに窓および信号灯の場合は多くの形態における急速な組織成長を伴うことを必要とします。この不快感は、イベントが終了するとすぐに治まり、いつでも任意のタイミングで再開することができます。開始前に衣服を脱ぐことで、この不快感が大幅に軽減されることが証明されています。
For more details, please see Experiment Log TF-5059-01 through -05.
詳細は実験ログTF-5059-01〜-05をご覧ください。


Experimentation Logs:

実験ログ:

TF-5059-01


Subject: SCP-5059-1a (Charlie Bookbinder, m, age 17)

Vehiclular form: 1973/74 Dodge Challenger; Scale 1:5.

Summary: Instance discovered outside containment in February 2017. No change in mass. Subject's eyes translocated, duplicated, and became capable of bioluminescence to serve as headlights. Braincase was relocated into the lower front chassis. Heart and digestive system rearranged to serve as engine and fuel system respectively. Heart and lungs accessible under "hood" constructed of skin and upper ribcage. Tires composed primarily of highly keratinized skin. Power windows and windscreen composed of translucent keratin material similar in coposition to finger/toenails. Interior consists of mucus membrane tissue. Maximum dynamometer rating of 192 bhp at wheels.

Current Status: SCP-5059-1a attempted to breach containment prior to planned exploratory surgery on its vehiclular form. Instance accelerated down Site-17 medical wing hallway reaching a top speed of approx 80 km/h. Failed to slow in time for 90 degree turn and collided with a concrete block wall. Braincase destroyed. Cardiopulmonary system destroyed. Instance expired within 2 minutes of impact.

TF-5059-01


被験者: SCP-5059-1a (チャーリー・ブックバインダー、m、17歳)

車両形態: 1973/74 ダッジ・チャレンジャー、スケール1:5

概要: 2017年2月、収容所の外で実例が発見された。質量の変化は無し。 被験者の目は移動し、複製され、ヘッドライトとして機能する生物発光が可能になった。脳頭蓋は、前面下部のシャーシに再配置された。心臓と消化器系は、それぞれエンジンと燃料系として機能するように再配置されている。心臓と肺は皮膚と胸郭上部で構成された"ボンネット"の下にあり、アクセスしやすい。 タイヤは高度に角化された皮膚を主成分としている。パワーウィンドウとフロントガラスは指/足の爪と同様の半透明のケラチン素材で構成されている。 内部は粘膜組織からなっている。走行中にダイナモメーターによって測定された最大定格は192bhp。

現在の状態: SCP-5059-1aは、計画された車両型の診査手術に先立ち、収容違反をしようとしていた。実例はサイト-17の医療棟廊下を加速し、最高速度は約80km/hに達した。90度旋回時の減速に失敗し、コンクリートブロック壁に衝突。脳頭蓋が破壊された。心肺系が破壊された。 実例は衝突を受けた2分以内に終了した。

TF-5059-02


Subject: SCP-5059-1b (D-8229, f, age 40)

Vehiclular form: Late model Cessna 178 Skyhawk; Scale 1:3

Summary: Similar interior and windscreen materials to previous tests. Wings appear to have been derived from translocated ribs and chest muscles. Elevators derived from scapular bones. Propeller blades are covered with enamel, suggesting that they are modified Incisors. Mobile control surfaces of the aircraft constructed of cartilage. Eyes emerged within cockpit seat, allowing SCP-5059-1b to have a pilot's eye view while transformed. Instance is capable of powered flight. Top Speed, 100 knts.

Current Status: During powered flight testing at a Foundation airfield in Nevada, SCP-5059-1b experienced heat exhaustion brought on by overexertion of her cardiopulmonary system necessary to keep her in flight. Instance appears to have lost consciousness at an altitude of 400m. Resulting crash completely destroyed all of SCP-5059-1's primary organ systems housed behind the propeller. Instance expired instantly.

TF-5059-02


被験者: SCP-5059-1b (D-8229、f、40歳)

車両形態: セスナ178スカイホーク後期型、スケール1:3

概要: 前回の実験と同様の内装・フロントガラス素材であった。翼は移動した肋骨と胸部の筋肉に由来するようである。昇降舵は肩甲骨に由来している。プロペラの羽根はエナメル質で覆われ、それが変形した切歯であることを示唆している。航空機の可動性操縦舵面は軟骨で構成されている。操縦席には目が入っているため、SCP-5059-1bは変形中でも操縦士の視線を持つことができるようになった。実例は動力飛行が可能である。最高速度は100ノット。

現在の状態: ネバダ州の財団飛行場での動力飛行実験中、SCP-5059-1bは飛行を維持するために必要な心肺系の過労による熱疲労を経験した。実例は高度400mで意識を失ったようである。その結果、SCP-5059-1のプロペラ後方に格納されていた主要な器官系が完全に破壊された。実例は即時に終了した。

TF-5059-03


Subject: SCP-5059-1c (D-8238, m, age 25)

Vehiclular form: M4 Sherman Tank; Scale 1:10

Summary: Subject has a history of masochism and was willing to initiate "Roll Out" events with much greater frequency than past instances. Main cannon derived from elongation and expansion of the T-4 Vertebral section. Treads derived from multiplied and altered rib cage, stretched over wheel muscles which move the treads via peristalsis. Turret is fully functional, constructed primarily of cranial bones and still housing the brain and eyes. Instance is capable of pulling a fully loaded railroad freight car when properly harnessed.

Current Status: During testing of SCP-5059-1c's testing in the Site-17 armory, the instance was instructed to fire its cannon, to which it readily complied. SCP-5059-1c's heart was ejected from the main cannon at a rate of 257 m/s. Instance expired of exsanguination within 90 seconds.

TF-5059-03


被験者: SCP-5059-1c (D-8238, m, age 25)

車両形態: M4シャーマン戦車、スケール1:10

概要: 被験者にはマゾヒズムの経歴があり、過去の事例よりもはるかに高い頻度で "ロールアウト "イベントを開始しようとしていた。主砲はT-4椎骨全体の伸長・拡大に由来している。増殖し変化した胸郭に由来するトレッドは、蠕動によってトレッドを移動させる筋肉のホイールの上に伸びている。砲塔は完全に機能し、主に頭蓋骨で構成され、脳と目を収納している。実例は、適切にハーネスを使用すれば、満載状態の鉄道貨物車を引っ張ることができる。

現在の状態: SCP-5059-1cのサイト-17の武器庫での実験中、実例はその大砲を発射するように指示され、それに快く応じた。 SCP-5059-1cの心臓は主砲から257m/sの速度で射出された。 実例は失血により90秒以内に終了した。

TF-5059-04


Subject: SCP-5059-1d (Junior Researcher Marco del Gutierrez, m, 29)

Vehiclular form: 1970 Volkswagen Beetle, Scale 1:3

Summary: Accidental exposure due to copy-testing by the AV department. JR Gutierrez was not informed of the anomalous properties of SCP-5059, and observed the copy process personally to guarantee the fidelity of the recording. SCP-5059 has since been flagged as cognitohazardous material to prevent future accidents of this nature. As in previous test, eyes have enlarged and taken on bioluminescence. Cranial cavity has expanded to make room for the forward cargo compartment, and all cardiopulmonary functions are translocated to the rear abdominal cavity. SCP-5059-1d is capable of 50 bhp at the wheels. Otherwise similar to SCP-5059-1a in composition.

Current Status: SCP-5059-1d remains in indefinite containment under HCP-1. Exploratory surgery is not authorized for this instance.

TF-5059-04


被験者: SCP-5059-1d (下級研究員 マルコ・デル・グティエレス、m、29)

車両形態: 1970年式フォルクスワーゲン・ビートル、スケール1:3

概要: AV部門のコピーテストによる偶発的な曝露。JRグティエレスはSCP-5059の異常特性について知らされておらず、記録の忠実性を保証するためにコピープロセスを個人的に観察した。これ以来、SCP-5059はこの種の将来の事故を防止するために認識災害物品としてのフラグが立てられている。 以前の実験と同様に、目が大きくなり、生物発光の性質を持っている。頭蓋腔は前方荷物室のための空間を作るために拡張し、全ての心肺機能は後部腹腔に移行した。SCP-5059-1dは、走行中に50bhpの出力を発揮する。それ以外はSCP-5059-1aと類似した組成である。

現在の状態: SCP-5059-1dはHCP-1の下で無期限に封じ込められたままである。この実例での診査手術は許可されていない。

TF-5059-05


Subject: SCP-5059-1e (D-8302, nb, 20)

Vehiclular form: Saturn V lift vehicle; Scale 1:61

Summary: [DATA EXPUNGED]

Current Status: Remains impacted in the northern face of Mt. Marion, Luna.

HMCL Note: No, I will not describe how to reconfigure human biology into a viable rocket fuel and lift vehicle. Sarkics with jetpacks are the absolute last thing that we need.
- Dr. Frampton

TF-5059-05


Subject: SCP-5059-1e (D-8302、nb5、20)

車両形態: サターンVリフト車両、スケール1:61

概要: [データ削除済]

現在の状態: 月のマリオン山の北面に衝撃を与え、遺骸になっている。

HMCLメモ: 誰も人間の生態を再構成して、実用的なロケット燃料やロケットにさせた方法を説明しないで欲しい。 ジェットパック装備のサーキックは我々にとって絶対に最も好ましくないものなのだからな。
- フレンプトン博士


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The sharkcrash's portal does not exist.


エラー: sharkcrashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5518554 (03 Aug 2019 10:53)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License