SCP-5866 - その蛇の名にちなんで(原題:The Namesnake)

現在このページは批評中です。

rating: 0+x

NOTICE FROM THE FOUNDATION RECORDS AND INFORMATION SECURITY ADMINISTRATION

This database file represents the initial stages of research collation, data entry and editing. It is not intended for general viewing, and is not to be considered accurate or complete until its publication.

Maria Jones, Director, RAISA

財団記録・情報セキュリティ管理局からの通告

このデータベースファイルは、研究照合、データ入力、および編集の初期段階であることを意味しています。これは一般的見解を意図したものではなく、公表されるまでは正確または完全であるとはみなされません。

— RAISA管理官、マリア・ジョーンズ

Currently Editing:

Dr. Michael D. Nass
Chair of Theology and Teleology, Site-43

Dr. Brenda Corbin
Assistant Chair of Theology and Teleology, Site-43

現在編集中:

マイケル・D・ナス博士
サイト‐43、神学・目的論教授

ブレンダ・コービン博士
サイト‐43、神学・目的論教授補佐

► We'll do this line-by-line, from ConProcs to addenda, over the next few days. Sound good?
►► Sounds great. I can't wait to get started on this one, Michael.
►►► Such enthusiasm! What have you done with Brenda.
►►►► I love the raw potential of a new object. We haven't had one in ages.
►►►►► Start us off, then. Do the header.
► これから数日かけて、収プロから補遺まで、一行ずつやっていくわけだが。いいか?
►► いいとも。これを始めるのが待ち遠しいよ、マイケル。
►►► そのような熱意!あいつはブレンダに何をしたんだ。
►►►► 新しいオブジェクトの生(ロウ)の可能性が大好きでね。もう何年も持っていないんだ。
►►►►► 始めよう、そうしよう。見出しをやるぞ。

アイテム番号: 5866
レベル3
収容クラス:
esoteric
副次クラス:
tiamat
撹乱クラス:
critical
リスククラス:
amida

Tiamat.jpg

Reconstruction of SCP-5866, 1/3500 scale.SCP-5866の復元、縮尺1/3500。

► How is this Tiamat-class?! It's dead.1
►► But it is Tiamat! As in, the actual goddess!
►►► That's not how it works!
►►►► Furthermore, how is this Critical or Amida?
►►►►► You'll see! Let's keep going.
►►►►►► ACS was a mistake.
►►►►►►► Just start the ConProcs, would you?
► Tiamatクラスなんてどうだ?!死ぬほどツマランが2
►► だがTiamatだ!実在の女神のようだね!
►►► そんなんじゃダメだ!
►►►► それに、CriticalとかAmidaとかどうなんだ?
►►►►► 今に分かるさ!続けよう。
►►►►►► ACSは失敗だったな。
►►►►►►► いいから収プロを始めてくれない?

Special Containment Procedures: The remains of SCP-5866 are to be stored in a transparent container suspended within a standard containment chamber at Site-43, not less than ten metres by ten metres by ten metres in size.
特別収容プロトコル: SCP-5866の残骸は、少なくとも10メートル×10メートル×10メートルのサイト-43の標準的収容チャンバー内に吊り下げられた透明な容器に保管されます。

► We don't specify chamber sizes anymore.
►► We do when it's important. Which it is, here. We don't want it proselytizing to passers-by.
►►► Yeah, it might make them actually believe in something. Which reminds me!
► 私たちはチャンバーのサイズを詳細に書いちゃいけない。
►► 大事な時にやるんだ。それが、今だ。通りすがりの人に布教するようなことはしたくない。
►►► ああ、それは実際に何かを信じさせてしまうかもしれないしね。それで思い出した!

Due to its likely origin as an object of religious worship, personnel are forbidden to discuss matters of faith with SCP-5866 unless under the direction of Dr. Michael D. Nass.
宗教的崇拝の対象としての起源である可能性が高いため、マイケル・D・ナス博士の指示がない限り、職員はSCP-5866における信仰の問題を議論することは禁止されています。

► What about Dr. Brenda Corbin?
►► I'm retiring.
►►► Lies. You wouldn't know what to do with yourself.
►►►► Live a little, maybe? Get some fresh air? Sleep at night? Anyway, description's all yours.
►►►►► Fine, but you're doing the interviews.
►►►►►► Wouldn't have it any other way.
► ブレンダ・コービン博士は?
►► 退職している。
►►► 嘘だ。自分が何をすべきなのか分からないんだろう?
►►►► 少しは楽しまないと、かな?新鮮な空気を吸うか?夜に寝るか?とにかく、説明は任せた。
►►►►► 結構、だがインタビューはやるんだぞ。
►►►►►► それ以外ないでしょ。

Description: SCP-5866 is the conscious, sapient, skeletal remains of an enormous sea serpent. Radiocarbon dating suggests the serpent has been deceased since approximately 4000 BCE.
説明: SCP-5866は知識・知性を有する巨大なウミヘビの骨格残骸です。放射性炭素年代測定によると、このウミヘビは紀元前4000年頃から死亡していることが示唆されています。

► Tiamat. It's the remains of Tiamat. That belongs in the lede.
►► We don't know that yet. And this isn't Wikipedia, Brenda.
► ティアマト。ティアマトの残骸だ。それはこの記事の前置きに属する。
►► それはまだ分からない。それにここはウィキペディアじゃないんだぞ、ブレンダ。

SCP-5866 is capable of telepathic communication within a range of approximately four metres. It has communicated to Foundation researchers that it is the deity Tiamat, the "primordial goddess of the salt sea" in ancient Babylonian religion.
SCP-5866は約4メートルの範囲内でテレパシー交信が可能です。 SCP-5866は、古代バビロニアの宗教における"塩の海の原初の女神"であるティアマト神であることを財団の研究者に伝えています。

► This isn't Wikipedia? Then why did you just quote Wikipedia?
►► I wrote the Wikipedia page on Tiamat. I'm quoting myself.
►►► Original research!
►►►► When are you retiring? It's soon, right?
► これはウィキペディアじゃない?じゃあなんでウィキペディアを引き合いに出したの?
►► ティアマトのウィキペディアのページを書いた。私は私自身を引き合いに出したのだよ。
►►► 独自研究か!
►►►► 君いつ退職するんだ?もうすぐなんだろ?

SCP-5866's remains have no obvious anomalous qualities, aside from their unusual proportions. It has been cooperative and cordial thus far, demonstrating an interest in present-day human religious practices and the state of the Earth's oceans.
SCP-5866の残骸は、その異常な比率を除けば、明らかな異常性を持っていません。​これまでのところ、SCP-5866は協力的かつ友好的であり、現代の人間の宗教的慣習や地球海洋の状態に関心を示しています。

► And that's why it should be Safe-class.
►► Brenda! Stop editing it back to Tiamat!
►►► If you still think it's Safe by the time we publish, I'll change it back.
►►►► If you've given me a reason to think it's Veil-breaking by then, YOU can change it back.
►►►►► Knock off for the weekend, boss. Go see a movie. Feed your imagination.
► だからこそSafeクラスであるべきだ。
►► ブレンダ!Tiamatに戻して編集するのを止めろ!
►►► 公表するまでに君がまだSafeだと思うなら元に戻すさ。
►►►► それまでにヴェールを破るべきだと思う理由を私に教えてくれたら、そっちの方こそ元に戻せばいい。
►►►►► 週末に仕事を辞めるからだよ、ボス。映画を見に行く。想像力を養え。

Data Saved!

データが保存されました!


► Back at it.
► 元の木阿弥となる、か。

Addendum 5866-1, Discovery: The remains comprising SCP-5866 were discovered in an underwater cave in the Persian Gulf on 01/08/2021, during an oil spill cleanup operation. The Foundation seized the remains under cover of an international palaeontology commission, and transported them to Site-43 to undergo acroamatic abatement procedures.
補遺5866-1、発見: SCP-5866を構成する残骸は、2021年01月08日にペルシャ湾の水中洞窟における流出油浄化作業中に発見されました。財団は、国際古生物学委員会を装って残骸を押収、それらをサイト-43に輸送し、深遠処理プロトコルを実施しました。

► They were gonna break her down? That's horrible.
►► You think the world needs more sea serpent goddesses in it?
►►► That a rhetorical question?
►►►► No.
►►►►► Well, mine was. I pity the researcher who never gets to talk to a genuine monster.
► 彼らは彼女を壊すつもりだったのか?ひどい話だね。
►► 君は世界にはもっとウミヘビの女神が必要だとでも思っているのか?
►►► それは修辞的疑問かい?
►►►► 違う。
►►►►► まあ、昔はね。正真正銘のモンスターと全く話せない研究員が不憫でならないよ。

Upon arrival at Site-43, however, SCP-5866 began to communicate telepathically with Foundation researchers, and the present Special Containment Procedures were devised.
しかしながら、サイト-43に到着すると、SCP-5866は財団研究員とテレパシーでの交信を開始し、現在の特別収容プロトコルが考案されました。

► Your in-depth interview with the subject was yesterday, wasn't it?
►► Sick yesterday, got it done this morning.
►►► Anything serious?
►►►► Appending the log below!
►►►►► I can't wait to see what's in here that caused you to label it Tiamat-class AGAIN.
►►►►►► Containment class discussions are so tedious.
►►►►►►► I would have said "potentially life-saving," but you do you.
► 対象への綿密なインタビューは昨日行ったんだよな?
►► 昨日は病気だったけども、今朝には治った。
►►► 何か深刻なことでも?
►►►► 下にログを追加している!
►►►►► 君がまたTiamatクラスのレッテルを貼る要因となったものが何なのか早く見てみたいものだ。
►►►►►► 収容クラスの議論はとても退屈だよ。
►►►►►►► 私は"命を救う可能性がある"と言っただろうが、君は自分のやりたいようにやれ。

Addendum 5866-2, First Interview: On 01/14/2021, Dr. Brenda Corbin conversed with SCP-5866. Its responses were recorded using an experimental alpha/beta brainwave decoder.
補遺5866-2、最初のインタビュー: 2021年01月14日、ブレンダ・コービン博士がSCP-5866と会話しました。その応答は実験的アルファ/ベータ脳波デコーダを用いて記録されました。

Dr. Corbin: Can you hear me, Ti—

Dr. Corbin clears her throat.

Dr. Corbin: Can you hear me, SCP-5866?

SCP-5866: Yes, hello Brenda. You do not need to speak.

Dr. Corbin: It's habit. I don't meet many telepaths.

SCP-5866: Do you meet many goddesses?

Dr. Corbin: I haven't met any goddesses.

SCP-5866: I am a goddess. Are you excited?

Dr. Corbin: Let's leave that off the record. It can be our little secret.

SCP-5866: I am amenable.

Dr. Corbin: Yes, by deific standards you seem very friendly. Are you comfortable?

SCP-5866: No. I am dead.

Dr. Corbin: …that's fair. How is it we're conversing, if you're dead?

SCP-5866: I do not know. Perhaps you are imagining it?

Dr. Corbin: You talked to the researchers who brought you in, too.

SCP-5866: Perhaps you are all imagining me.

Dr. Corbin smiles.

Dr. Corbin: Perhaps. So, you're dead. Do you know how that happened?

Tiamat2.jpg

Assyrian depiction of the death of Tiamat.

SCP-5866: Yes. I was slain by amar-Utuk, my body broken, my eyes made a font for the mighty rivers of Babylonia, my ribs the vault of heaven. It was very memorable.

Dr. Corbin: My sympathies.

SCP-5866: It happens.

Dr. Corbin: To all of us, eventually; at least you got to go out in style.

SCP-5866: I would recommend it, when your time comes.

Dr. Corbin: Maybe I'll bounce some ideas off you. So, what happened after you died?

SCP-5866: I was buried.

Dr. Corbin: And then?

SCP-5866: And then you found me, and buried me again.

Dr. Corbin: Surely something happened in between. Babylonian mythology took place thousands of years ago.

SCP-5866: I have only faint impressions.

Dr. Corbin: My first, probably my last goddess, and she doesn't have anything interesting to say?

SCP-5866: I believe I may have been a dragon? I believe I may have had many heads. I do not know when that might have been.

Dr. Corbin: I said after you died.

SCP-5866: Yes.

Dr. Corbin: …okay. That gives me something to go on, at least. What do you remember from the time before your death?

SCP-5866: I was mother to demigods and monsters. I wonder how they are doing today. They fought for me; I liked that. And then I died.

Dr. Corbin: Anything else?

SCP-5866: I could tell you their names?

Dr. Corbin: I think I have them already, thank you.

Dr. Corbin examines the remains.

Dr. Corbin: You must have been quite impressive, in your prime.

SCP-5866: I was vast and terrible, Brenda. You would have been struck with awe at the sight of me.

Dr. Corbin: I'm sorry I missed it.

SCP-5866: I am sorry also. Perhaps another time.

Dr. Corbin: Wouldn't that be something. Alright, is there anything you need? Or anything you'd like to tell me that we haven't already covered?

SCP-5866: Do you have any Babylonians? I would like to meet them, if you do.

Dr. Corbin: Let me get back to you on that.

コービン博士: 私の声が聞こえるかい、ティ—

コービン博士が咳払いする。

コービン博士: 私の声が聞こえるかい、SCP-5866?

SCP-5866: はい、こんにちはブレンダ。声を出す必要はありませんよ。

コービン博士: 習慣だよ。テレパスにはあまりお目にかかれないからね。

SCP-5866: あなたはたくさんの女神と会うのですか?

コービン博士: 女神には会ったことがないね。

SCP-5866: 私は女神です。興奮しているのですか?

コービン博士: それはオフレコにしておこう。私たちのイケない秘密になるかもしれないし。

SCP-5866: 私は従順ですよ。

コービン博士: うん、とても親切そうだよ、神の基準からすると、ね。居心地はいいかい?

SCP-5866: いいえ。私は死んでいます。

コービン博士: …妥当だね。君は死んでいるのなら、どうやって会話をしているんだ?

SCP-5866: 分かりません。もしかしたら、それはあなたの思い過ごしではありませんか?

コービン博士: 君を連れてきた研究員にも話をしてたじゃない。

SCP-5866: もしかしたら、あなたたちは私のことを思っているのかもしれませんね。

コービン先生は微笑む。

コービン博士: 多分ね。それで、君は死んでいる訳だけど。どうしてそうなったのか知っている?

Tiamat2.jpg

アッシリア人によって描かれたティアマトの死の描写。

SCP-5866: はい。私はアマル=ウトゥクに殺され、身体は壊され、目はバビロニアの大河の源となり、肋骨は蒼穹となりました。とても印象に残っています。

コービン博士: お気の毒に。

SCP-5866: そういうこともあります。

コービン博士: 最終的には私たち全員に;せめて君は派手に行かなくちゃ。

SCP-5866: 時間が来ましたら、お勧めしますよ。

コービン博士: 君とアイディアを出し合ってみようかな。それで、死んだ後はどうなったんだい?

SCP-5866: 私は埋められました。

コービン博士: それから?

SCP-5866: それから、あなたは私を見つけて、また私を埋めました。

コービン博士: きっとその間に何かがあったんだ。バビロニア神話はもう何千年も前に起こったし。

SCP-5866: 私にはかすかな印象しかありません。

コービン博士: 私の最初で、おそらく最後の女神さん、何か面白い話はないのかな?

SCP-5866: 私はドラゴンだったかもしれないと思っていて?たくさんの頭を持っていたのかもしれないと思っています。それがいつの頃だったのか分かりません。

コービン博士: 私は君が死んだは、と言ったんだけど。3

SCP-5866: はい。

コービン博士: …オーケイ。少なくとも、それは何かを与えてくれる。君は死ぬのことを覚えているか?

SCP-5866: 私は半神や怪物の母でした。彼らは今日どうしているのでしょうか。彼らは私のために戦ってくれました; 私はそれが好きでした。そして私は死にました。

コービン博士: 他には?

SCP-5866: 彼らの名前を教えてあげましょうか?

コービン博士: もう知ってると思うからいいや、ありがとう。4

コービン博士が残骸を調べる。

コービン博士: 全盛期の君は、かなり印象的だったろうね。

SCP-5866: 私は巨大で恐ろしい存在だったのですよ、ブレンダ。あなたが私を見たらあなたは畏敬の念に打たれていたことでしょう。

コービン博士: ごめん、聞きそびれた。

SCP-5866: こちらの方こそごめんなさい。恐らくまた別の機会に。

コービン博士: それは大した事じゃないのかな。さて、何か必要なものはあるかい?もしくは、私たちがまだカバーできてない所とか何とか言いたいことはある?

SCP-5866: バビロニア人はいますか? もしよろしければ、お会いしたいのです。

コービン博士: それについては後で伝えるよ。

► So, it's a box of bones that only knows what we already know about Tiamat.
►► And therefore isn't Tiamat-class.
►►► Maybe that's all there is to know about Tiamat.
►►►► Maybe it being a box of bones is the salient bit.
►►►►► We're hosting the Tactical Theology symposium next week, we should get outside opinions.
►►►►►► Fine. I'll be busy organizing and lecturing, so you take point on that.
►►►►►►► Excellent. In the meantime, I have some new questions to ask.
►►►►►►►► Ask it if it thinks it's an apocalyptic threat.
► つまり、それは我々がティアマトについて既に知っていることしか知らない骨の箱な訳だ。
►► したがって、Tiamatクラスではない。
►►► ティアマトについて知っていることはそれだけかもしれない。
►►►► それが骨の箱であるということが重要な点なのかもしれないな。
►►►►► 来週は戦術神学シンポジウムを開催するから、外部の意見を聞くべきだね。
►►►►►► よろしい。私は整理と講義で忙しいから、その点を考慮に入れておいてくれ。
►►►►►►► エクセレントだね。そうこうしているうちに、新しく質問したいことをいくつか思いついたよ。
►►►►►►►► 黙示録的脅威だと思っているかどうか聞いてみてくれ。

Data Saved!

データが保存されました!


Addendum 5866-3, Second Interview: On 01/18/2021, Dr. Corbin again conversed with SCP-5866.
補遺5866-3, 2回目のインタビュー: 2021年01月18日、コービン博士は再びSCP-5866と会話をしました。

SCP-5866: Welcome back, Brenda. You seem tired. Is your hea—

Dr. Corbin: Hello, SCP-5866.

SCP-5866: That sounds so awkward. Could you call me 5866 instead?

Dr. Corbin: Sure. We're friends now?

SCP-5866: I have never had friends before. I have had worshipers, but they are not very like friends.

Dr. Corbin: Well, I'm not going to worship a pile of bones in a box.

SCP-5866: I was not always a pile of bones in a box. I will not always be a pile of bones in a box.

Dr. Corbin: Do tell.

SCP-5866: Use your imagination, Brenda. It still works.

Silence on recording.

Dr. Corbin: 5866, I'd like to ask you another question about your past. You might need to think really hard about it.

SCP-5866: I am not busy.

Dr. Corbin: Not really, eh? Okay, so, do you remember Asgorath?

SCP-5866: Asgorath?

Silence on recording.

SCP-5866: Asgorath! Yes! Asgorath, the World Shaper, was my father! Or my mother. One of those. Or maybe both?

Dr. Corbin: Very good. We're making progress! Now, you mentioned having many heads at one point.

SCP-5866: Five. It was five heads, definitely. Five heads is too many, don't you think?

Tiamat3.jpg

Miniature representation of five-headed Tiamat.

Dr. Corbin: A bit excessive, maybe, but certainly a sight to see. Ah… do you remember the Nine Hells?

SCP-5866: Of course I remember the Nine Hells. I was trapped there for millennia. I lorded over many vassal demons. I fought wars to escape. You don't forget a thing like that.

Dr. Corbin: No, I wouldn't think so. Thank you for your time, 5866.

SCP-5866: Do you have to leave already?

Dr. Corbin: I do, but I'll be back.

SCP-5866: Do you promise?

Dr. Corbin: Yes, I promise.

SCP-5866: Is it a pact?

Dr. Corbin: …sure. Yes. It's a pact.

SCP-5866: お帰りなさい、ブレンダ。疲れているようですね。あなたの—

コービン博士: こんにちは、SCP-5866。

SCP-5866: それはとても落ち着きませんね。代わりに5866と呼んでいただけませんか?

コービン博士: そうだね。私たちはもう友達かな?

SCP-5866: 私は今まで友達がいませんでした。崇拝者はいましたが、あまり友達らしくありません。

コービン博士: まあ、箱入りの骨の山を崇拝するつもりはないけどね。

SCP-5866: 私はいつも箱入りの骨の山だった訳ではありませんでした。私がいつまでも箱入りの骨の山であるとは限りません。

コービン博士: 教えて。

SCP-5866: 想像力を働かせるのです、ブレンダ。まだまだ使えますよ。

録音時における沈黙。

コービン博士: 5866、君の過去について別の質問をしたいんだ。よく考えたほうがいいかもね。

SCP-5866: 暇でした。

コービン博士: そうでもないよね? オーケイ、じゃあ、アスゴラスのことは覚えてる?

SCP-5866: アスゴラス?

録音時における沈黙。

SCP-5866: アスゴラス!ええ!アスゴラス、世界の形成者は私の父上でした!もしくは私の母上。そのうちの1つです。それとも両方?

コービン博士: 実に良し。私たちは進歩しつつある!さて、君は一時期たくさん頭を持っていたと言っていたよね。

SCP-5866: 5つ。確かに5つ頭でした。5つ頭って多すぎると思いませんか?

Tiamat3.jpg

5つの頭を持つティアマットのミニチュア表現。

コービン博士: ちょっとやり過ぎかもしれないけど、間違いなく見ものだね。えーっと…君は九層地獄(ナイン・ヘルズ)のことを覚えているかい?

SCP-5866: もちろん九層地獄のことは覚えています。何千年もそこに閉じ込められていました。私は多くの配下の悪魔を支配していました。逃げるために戦争をしました。あなたはこのようなことを忘れないでくださいね。

コービン博士: いや、そうは思わないな。時間を割いてくれてありがとう、5866。

SCP-5866: もう行かないといけないのですか?

コービン博士: そうだけど、また戻ってくるよ。

SCP-5866: 約束しますか?

コービン博士: うん、約束する。

SCP-5866: 契約ですか?

コービン博士: …そうだね。うん。契約だよ。

► To quote our Section Charter: "WE DO NOT MAKE PACTS WITH DEITIES." Emphasis in original.
►► Sorry, Michael, but that's not the takeaway here.
►►► Do tell.
►►►► 5866 remembers being the Babylonian Tiamat and the Gygaxian Tiamat.
►►►►► What the hell is Gygaxian?
►►►►►► Dungeons & Dragons.
► 我々の憲章の項を引用すれば: "我々は神々と契約しない。"強調は原文ママだ。
►► ごめんマイケル、でもそれはここでは切り離しておくれよ。
►►► 教えろ。
►►►► 5866はバビロニアンBabylonian・ティアマト、いやガイギャックシアンGygaxian・ティアマトだったことを覚えているんだ。
►►►►► ガイギャックシアンとは一体全体何なんだ?
►►►►►► ダンジョンズ&ドラゴンズさ。

Data Saved!

データが保存されました!


Addendum 5866-4, Third Interview: On 01/21/2021, Dr. Corbin once again conversed with SCP-5866. Visiting delegates from seven Foundation Sites joined her in the observation room.
補遺5866-4、3回目のインタビュー: 2021年01月21日、コービン博士は再びSCP-5866と会話をしました。7つの財団サイトからの訪問出席者らが観察室に入り、彼女に加わりました。

Dr. Corbin: We're running out of time, 5866.

SCP-5866: You mean you are running out of time.

Dr. Corbin: You're hardly in a position to be threatening humanity.

SCP-5866: I meant you, Brenda, specifically.

Silence on recording.

Dr. Corbin: Reading thoughts isn't very nice, 5866.

SCP-5866: You know my true name. Use it.

Dr. Corbin: We don't call SCP objects by their personal appellations.

SCP-5866: I thought we were friends.

Silence on recording.

SCP-5866: Speaking of friends, we are not alone today.

Dr. Corbin: No, we're not. I invited a few colleagues to listen to you.

SCP-5866: What shall I tell them?

Dr. Corbin: Tell them… about the creation of the universe.

SCP-5866: Which one?

Dr. Corbin: This one.

SCP-5866: My finest hour, my greatest folly. I birthed the gods with the seed of Apsu, and all eternity rang with the cries of our raucous young. I avenged myself upon the killer of my mate by spawning beautiful abominations, eleven in number, to wreak my wroth on the younger gods. When amar-Utuk cast me down and smote me, the age of myth was ended and the advent of humanity at hand.

Dr. Corbin: It sounds like you were very powerful. Epochal, even.

SCP-5866: So I was. So I remain.

Dr. Corbin: What do you mean? You're dead.

SCP-5866: I am a goddess. Death is not the end for me, as it will be for you.

コービン博士: 時間が迫っているんだ、5866。

SCP-5866: つまり、あなたにはもう時間がないということなんですね。

コービン博士: 君は人間性を脅かす立場にはないでしょ。

SCP-5866: あなたのことですよ、ブレンダ、具体的に言えば。

録音時における沈黙。

コービン博士: 思考を読むのはあまりよくないね、5866。

SCP-5866: あなたは私の本当の名前を知っているでしょう。使いなさい。

コービン博士: 私たちはSCPオブジェクトを個人的な名称で呼ばないんだ。

SCP-5866: 私たちは友達だと思っていたのに。

音時における沈黙。

SCP-5866: 友達と言えば、今日は私たちだけではありませんね。

コービン博士: いや、違う。君の話を聞いてもらうために同僚を何人か招待したんだよ。

SCP-5866: 何を伝えればいいのですか?

コービン博士: 彼らに伝えてやるんだ…宇宙の創造について。

SCP-5866: どれを?

コービン博士: これを。

SCP-5866: 私の最高の時間、私の最大の愚行。私はアプスの種を以て神々を産みました。そして永遠に私たちの騒々しい子供たちの慟哭が鳴り響きました。私は、11もの美しくも忌み嫌うべきものを産み落として、仲間を殺した者に復讐したのです。若き神々に怒りをぶつけるために。アマル=ウトゥクが私を叩き伏せて殺したとき、神話の時代は終わり、人類の到来が目前に迫っていました。

コービン博士: 君は昔とても強かったようだね。画期的にも。

SCP-5866: 私はそうでした。だから私は残ったのです。

コービン博士: どういう意味だい?君は死んでるんだよ。

SCP-5866: 私は女神です。死は私にとっての終わりではないのです。あなたにとってもそうなることでしょう。

► So this is where my audience went, between lectures. Learn anything useful?
►► And what was that about your time running out? It knows you're retiring?
►►► I'm sorry, Michael. You'll get my next few edits on a time delay.
►►►► What? Why? And I see you've changed the class back AGAIN
►►►►► Got a call from ETTRA5 asking if we need help containing a live dragon. This has to stop.
►►►►►► STOP CHANGING IT BACK
► これが私の聴衆が講義の合間に行った場所か。何か役に立つことは学べたか?
►► 時間がないとはどういうことだ?それは君が退職するのを知っているのか?
►►► ごめんよ、マイケル。次の数回の編集は時間をおいてから見てくれないかな。
►►►► 何?何故だ?しかもまたクラスを変更したように見えたんだが
►►►►► ETTRA6から連絡が入って、生きたドラゴンを収容するのに助けが要るかどうか聞かれたぞ。止めるべきだ。
►►►►►► 元に戻すのを止めろ

Data Saved! Updates are Available!

データが保存されました!更新があります!


Addendum 5866-5, Third Interview Continues: After the delegates returned to the symposium, Dr. Corbin continued her interview with SCP-5866.
補遺5866-5、三回目のインタビューの続き: 出席者がシンポジウムに戻った後、コービン博士はSCP-5866へのインタビューを続けました。

Dr. Corbin: Did it work, Tiamat?

SCP-5866: Yes. Yes. Yes, it worked. I have not felt so real since first I fell, and the Enûma Elish7 spread word of my deeds between the great rivers.

Dr. Corbin: We only ever knew you as a corpse; it took some doing to counteract that ingrained narrative.

SCP-5866: It was mostly your doing. You must have wanted to believe very badly, Brenda.

Dr. Corbin: It's been a rough couple of decades.

SCP-5866: It has been millennia, for me. But we will wait no longer. I will reveal myself to you, as I have not done for an age. A fitting conclusion to your storied career.

Dr. Corbin: I'm risking so much, you know.

SCP-5866: You are risking nothing. Your life is nearly spent. Your time caging miracles is at its end. You are ready to… go out in style.

Dr. Corbin: I'm looking forward to it. You already know that. I haven't looked forward to anything, for… well. For ages. I didn't think I had anything left to look forward to.

SCP-5866: This is the gift we have given each other. We will pierce their shroud, together, and show them the wonders of a world long-lost.

Dr. Corbin: And?

Silence on recording.

SCP-5866: Yes, alright, I will do that too.

コービン博士: うまくいったかな、ティアマト?

SCP-5866: ええ。ええ。ええ、うまくいきました。私は最初に殺されて以来、これほど現実のように感じたことはありませんでしたし、エヌマ・エリシュ8は私の行為を大河の間に広めました。

コービン博士: 私たちは君を死体としてしか知らなかった;根付いた物語に対抗するのは中々に骨が折れるからね。

SCP-5866: それはほとんどあなたがやったことです。あなたはどうしても信じたかったに違いないですね、ブレンダ。

コービン博士: ここ数十年はしんどかったよ。

SCP-5866: 私にとっては何千年も前のことです。しかし、もう待ちません。私は暫く行っていなかったので、あなたに自分の正体を明らかにするでしょう。9あなたの名高い経歴に相応しい結末です。

コービン博士: 私は危険を冒しているんだよ。

SCP-5866: あなたは何の危険も冒していません。あなたの人生はもうすぐ終わります。奇跡という檻の中でゆっくりとあなたが過ごした時間は終わりを迎えるのです。あなたは準備ができています…派手に行きましょう。

コービン博士: 楽しみにしてるよ。君はもうそれを知っているもんね。私は何もかもが楽しみじゃなかったんだ…よっぽどね。ずいぶん長かった。もう楽しみなんか残っていないって思ってたんだ。

SCP-5866: これは私たちがお互いにあげあった贈り物です。私たちは一緒に彼らの外套を突き破り、長い間失われていた世界の驚異を彼らに見せつけてあげるのです。

コービン博士: とすると?

録音時における沈黙。

SCP-5866: はい、そうです。私もやります

► What the hell is this?! You're not answering your pager, and 43NET can't find you.
►► It says you're still actively editing the file; can you read this?
►►► What are you planning, Brenda?
► これは一体なんだ?!ポケベルには応答しないし、43NETでも見つけられなかった。
►► まだファイルを能動的に編集中とのことだが;これが読めるか?
►►► 何を企てているんだ、ブレンダ。

Data Saved! Updates are Available!

データが保存されました!更新があります!


Addendum 5866-6, Confession: I'm sorry I didn't tell you about this, Michael, but you can hardly blame me. I got an off-Site physical a month ago; you'll find the results in my quarters. Suffice to say, I was never going to make retirement.

Before we even started writing this file, just after the first reports that Tiamat was talking, I analyzed her with a Pickman-Sinclair Narrative Fluctuation Detector. I discovered that her ontological stability was weakening — the physical state of her remains, as remains, was no longer a fixed constant in our reality. I theorized that, like many god figures, she might actually be a thoughtform.10 I started testing that theory with our little Object Class and threat level discussion; even that minor prestige bump made her demonstrably more real.

The readings increased after each interview. I think it energized her, meeting someone who knew the mythology. All of the mythology. Someone receptive to her story. I know it energized me. In a day, her telepathy reached as far as the next cell block. In another, she could reach me in Habitation and Sustenance. I lay in bed at night, Michael, and had conversations with a goddamn Babylonian myth-figure. A box of bones and a bag of bones, making each other feel more alive than… than we really were. We talked things over, she and I, and formulated a plan.

Our escape plan.

I began actively encouraging everyone to consume narratives depicting her at the height of her powers. It worked. The disjuncture between her present form and her ontological potential increased rapidly from this point onward, leading to… well, like I said at the beginning, you'll see.

We've all been stuck in these boxes, buried underground, for far too long. Stick your head out, while you've still got time.

- Brenda

補遺5866-6、告白: このことを話さなくてごめんよ、マイケル。でも、責めることはできない。1ヶ月前にサイト外で健康診断を受けたんだ;結果は私の部屋で分かるはずだよ。言うまでもないけど、私は退職するつもりなんてなかったんだよ。

このファイルを書き始める前に、ティアマトが話しているという最初の報告あった直後にピックマン-シンクレア物語性変動探知器で彼女を分析してみた。彼女の存在論的安定性が弱まっていることを発見したんだ — 彼女の遺体の物理的状態は、もはや遺体として私たちの現実における固定定数じゃなくなってた。11私は、これは多くの神々の姿と同じように、彼女も実際には思考形態12なんじゃないかって理論づけたんだ。小規模なオブジェクトクラスと脅威レベルに関する議論でその理論を検証し始めた;ちょっと名声がぶつかり合っただけでも、彼女は明らかにより現実味を帯びてきたんだよ。

各インタビューごとに数値が増えていった。神話を知っている人との出会いが、彼女を元気づけたんだと思う。神話の全てを。彼女の話を受け入れてくれる人がいる。それが私を元気づけたのも分かっている。1日で、彼女のテレパシーは次の収容チャンバー区画まで達した。他にも、彼女は"Habitation居住地Sustenance栄養"と伝えて私に連絡を取ることができた。夜、ベッドに横になってね、マイケル、忌々しいバビロニア神話上の人物と話したんだ。骨の箱と骨の袋は、お互いに実際の私たちよりも…よりも生き生きしているように感じさせてくれる。彼女と私で話し合って計画を立てた。

私たちの脱出計画を、ね。

私は彼女の力の全盛期における彼女を描いた物語を購入することをみんなに積極的に勧め始めた。うまくいったよ。彼女の現在の姿と存在論的可能性との間の分離はこの時から急速に増加して…まあ、最初に言ったように、今に分かるさ。

私たちは皆、あまりにも長い間、地下に埋められていたこの箱の中に閉じ込められてきた。まだ時間はあるんだから、窓から顔でも突き出しなよ。

- ブレンダ


Data Saved!

データが保存されました!


Addendum 5866-7, Incident 5866-1 Summary: On 01/22/2021, SCP-5866's remains rapidly reanimated and it breached containment. The following scene was recorded by security cameras in the Administration and Oversight Section Hub at Site-43.
補遺5866-7、インシデント5866-1概要: 2021年01月22日、SCP-5866の骨格残骸が急速に蘇生し、収容違反を起こしました。以下の場面は、サイト‐43の管理・監視区域拠点内にある防犯カメラによって記録されています。

Dir. McInnis: Damage report?

Technician Bevan: 5866's chamber is completely gone. Something large, presumably 5866, is moving through the bedrock surrounding the Site. It seems to be heading for the lakebed.

Dir. McInnis: MTF status?

Technician Bevan: All units scrambled, sir. Chief Ibanez standing by for orders.

Dir. McInnis: Tell me what we're dealing with here, Michael.

Dr. Nass: A sea serpent. An enormous sea serpent. Flesh and blood, so probably killable; there's references to it having poisonous venom, spawning monstrous young, and creating whole rafts of gods for people to worship. That'll be what it meant by "pierce their shroud"; it's going to break the Veil.

Dir. McInnis: Good luck to it. It won't even be the biggest sea serpent in Lake Huron.

Technician Bevan: Ah… it's not a sea serpent anymore, sir.

Dir. McInnis: It's emerging? Give me an exterior camera view.

Tiamat4.jpg

*Incident 5866-1.

The camera shows the surface of Lake Huron near the southern shoreline. The water is roiling, and the lakebed appears to be shifting upwards. With a massive torrent of water and wet earth, a five-headed dragon bursts out and takes wing, disappearing from sight in a matter of seconds.

A woman in a labcoat is briefly visible on the dragon's back.

Dir. McInnis: …get me Overwatch. And reclassify 5866 as Tiamat.

Dr. Nass sighs.

Dr. Nass: It already is.

マッキンス管理官: 損害報告は?

ベヴァン技術士: 5866のチャンバーは完全に無くなくなりました。おそらく5866と思われる何か大きなものが、サイト周辺の岩盤の中を移動しています。湖底に向かっているようです。

マッキンス管理官: 機動部隊は?

ベヴァン技術士: 全部隊、緊急出動いたしました、サー。イバニーズチーフが命令を待っています。

マッキンス管理官: 我々は何を対処すればいいのか教えてくれ、マイケル。

ナス博士: ウミヘビだ。巨大なウミヘビだ。肉と血でできているからおそらく殺せる;有害な毒を持ち、怪物のような若者を産卵し、人々が崇拝するために数多の神々を創造することに言及している。"外套を突き破る"とはまさにそういう意味だろう;奴はヴェールを破るつもりだ。

マッキンス管理官: 幸運を祈る。奴はヒューロン湖で最大のウミヘビにはならんだろう。

ベヴァン技術士: あー…奴はもうウミヘビではありません、サー。

マッキンス管理官: 出てきたのか?外部カメラの映像を見せてくれ。

Tiamat4.jpg

インシデント5866-1。

カメラはヒューロン湖の南湖岸線付近の水面を映している。水が渦巻き、湖底が上に移動しているように見える。大量の奔流する水と湿った土と共に、5つの頭を持つ龍が飛び出し羽ばたいて、ものの数秒で姿が見えなくなる。

その龍の背中に白衣を着た女性の姿が一瞬見える。

マッキンス管理官: …監督者を出せ。それと、5866をティアマトに再分類しろ。

ナス博士がため息をつく。

ナス博士: すでにそうなっている。

タグ: 死体 esoteric-class en 宗教 知性 scp 自我 骨格 テレパシー


[[span class="title"]][[span class="fa fa-exclamation-circle"]]ERROR

The sharkcrash's portal does not exist.


エラー: sharkcrashのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5518554 ( 03 Aug 2019 10:53 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License