咬冴隊員共依存

現在このページの批評は中断しています。

rating: 0+x

「████、なんでウチらこんな仲ええんやろな」

何気なく聞いてみる。ウチと████…██研究員はサイト-8148にウチが収容されとる時代に出会った。ウチが咬冴 舞波として財団に雇用された後も、タケナギほどやないけど話しとった。
でもなんでか知らんけど████といると安心するのは確かや。████からの返事はなかったけど、繋ぐ手が温かくなった。

「えへへ、何も言わんでも伝わるもんやな」



そう、信じてた。


何かが、弾ける音がした。


いつものパトロールから戻ってサイト-8148をふらついとったら、████が他の職員さんと話しとるのが見えた。いつもやったら何気なく会話に入れたんやろう。でもその日は違った。

「████、なんで他の職員と話しとんの…?」

自分でも意味わからんかった。なんでウチはこんなこと言っとるんや?

「なんで、なんで、ウチのこと捨てたんか?████はウチのこと大事にしてくれとるよな?なんで、なんで、ウチから離れたら…ウチは!ウチは!」

「咬冴隊員、落ち着いてください。別に██研究員は貴女のこと捨てませ……」

「黙っててくれ、ウチは████と話しとんねん」

なんでウチはこんな怒っとるんや?なんでや?
嫉妬、焦り、色んな感情が頭ん中ぐるぐるして気持ち悪い。

あ、あかん。

「咬冴!!」

「咬冴隊員!?」

暗くなっていく世界に、████と他の職員の声が響いた。





目が覚めたら、ウチは医務室におった。どうやらあの後倒れたらしい。

「あ……」

声のする方に目を向けた。████の心配そうな顔が安堵の顔に変わった。

「すまない、咬冴。私が悪かった」

「あ、████。ごめんな、さっき凄い怒鳴ってもうた、なんでやろな……」

ようやく起き上がった鮫肌の体を、████は優しく包み込んでくれた。
それは温かかったし、ウチの心に安らぎを与えてくれた。

「咬冴、お前悩んでるなら俺にでも相談してくれ。何か悪いところがあったら直すから。」

自然と涙が浮かんだ。今まで思ってたことが全部吐き出された。

「ウチ、ウチ、もう████に他の人と話してほしくない、ウチだけと話して、ウチだけを見て」

████は何も言わんかったけど、ただ頷いていた。

医務室に、すすり泣く声と嗚咽が漏れた。


それからというもの、ウチと████は前より仲が良くなった。暇さえあれば████の部屋に行くし、████も私と話してる時も嬉しそうや。
でもその反動で一人になると、どうしようもない不安感に駆られる。
もし、████がサイト-8148からおらんなったら
もし、████が研究中になんかのSCPが収容違反を起こしたら。


もし、████が死んでもうたら。
震えが止まらん、あかん。考えんようにしよう。
そう考えても悪い考えが頭を埋め尽くす。
自分の部屋に戻ることすら億劫になるほどウチは不安やった。

さすがのウチを心配したのか、タケナギがウチの横にしゃがみこんだ。

「なあ咬冴、アンタなんか悩み事抱え込んでるやろ。どんなちっちゃいことでもええから話してみ?」

それで相談できるならよかった。でも████との関係が崩れるかもしれん。

いやや。████との関係は崩さん。

「大丈夫や、タケナギ。ウチがそんな悩み事して相談せえへんことないやろ?」

自分でも笑顔が引きつってるのが分かる。
タケナギは怪訝な顔でこっちを見てたけど、立ち上がってからふいとそっぽを向いて呟いた。

「アンタがそう言うんやったらそうなんやろう。ただ、これ以上ウチの目に留まるようやったら知らんからな」

それは警告ともとれた。いやや、ウチは████に捨てられたくないし、████を捨てたくもない。
なんとかして、████を説得せな。

タケナギの後ろ姿は、どこか物悲しそうだった。


タケナギの警告をうけて、ウチは████と距離を取るようにした。
今までは████に執着しすぎだった、と現状を見て思う。

そんなことを考えながらいつものパトロールに行こうとした。

「咬冴!」

████が切羽詰まっった様子で駆け寄ってきた。

「咬冴!お前、まさか俺を捨てる気か!?俺は、俺はお前を捨てなかったのに!なんで!なんでだよ!」

ああ、やめてくれ。今までなんとか関係を保てたのになんで今来るんや。
このままやと████がウチから離れてしまう、そんなん絶対いやや!

「あ、落ち着き?ウチは████のこと捨てへんよ、捨てるわけないやん。」

「でも!お前は俺に接しなくなった!お前のいない世の中なんていらない!」

「え?ごめん、違うねん!捨てるわけじゃないって!████、もっとウチを信じてよ、なんでそんなこと言うん?」

████は疑いの目を向けている。

「ごめんな、もうこんなことせんから。許して、な?」

████を腕で包み込む。
まだ濡れてないはずの水着に冷たい感触がある。

「もっとウチを頼ってええんやで。」

そしてウチはまたあの生活に戻った。




また何かが弾ける音がした。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Kemonobito's portal does not exist.


エラー: Kemonobitoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5484903 ( 08 Jul 2019 11:17 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License