SCP-6590 - ULTIMATE SHOWDOWN

現在このページの批評は中断しています。

出典: SCP-6590
著者: AnActualCrowAnActualCrowModulumModulum
作成日(EN): 2021/07/10
SCP-6590 - ULTIMATE SHOWDOWN
SCP-6590 - 最終決戦
Tags: audio co-authored esoteric-class historical media memecon2021-unofficial musical online scp transmission
タグ: en esoteric-class memecon2021-unofficial scp オンライン 共著 歴史 記憶媒体 通信 音声添付 音楽

訳が不安な箇所は緑色+下線で表示しています。

ライセンス

画像1 isd.png
ソース: http://kaktuskontainer.wdfiles.com/local--files/collab-sigma%3Aniel-s-hydra/isd.png
ライセンス: CC BY-SA 3.0
タイトル: isd.png
著作権者: AnActualCrowAnActualCrow
公開年: 2021年

画像2 wact.png
ソース: http://kaktuskontainer.wdfiles.com/local--files/collab-sigma%3Aniel-s-hydra/wact.png
ライセンス: CC BY-SA 3.0
タイトル: wact.png
著作権者: AnActualCrowAnActualCrow
公開年: 2021年

音声1 ultimateshowdown3.mp3
ソース: http://kaktuskontainer.wikidot.com/local--files/collab-sigma:niel-s-hydra/ultimateshowdown3.mp3
ライセンス: CC BY-SA 3.0
タイトル: ultimateshowdown3.mp3
著作権者: AnActualCrowAnActualCrowDysadronDysadronModulumModulumElunerazimElunerazim
公開年: 2021年


/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}
評価: 0+x
6590.png

.

アイテム番号: SCP-6590-D
レベル5
収容クラス:
Decommissioned
副次クラス:
none
撹乱クラス:
none
リスククラス:
none

Special Containment Procedures: SCP-6590 is to remain blacklisted by all Foundation web-sweepers. Research into how SCP-6590 propagates and more effective methods of containing SCP-6590 is considered a top priority.

特別収容プロトコル: SCP-6590は全ての財団webスイーパーのブラックリストに登録された状態が保たれます。SCP-6590の増殖様式およびそのより効果的な収容方法に関する研究は最優先事項であると見做されています。

Description: SCP-6590 is a Flash movie file containing a large quantity of classified Foundation information. This includes details regarding numerous contained anomalies, multiple of which are designated as Top Secret. The file also references multiple unknown entities which are presumed to be either anomalies above the classification of this document1 or anomalies that have yet to be contained by the Foundation.

説明: SCP-6590は多量の財団機密情報を含んだFlash動画ファイルです。この情報には多数の収容中のアノマリーに関する詳細が含まれ、うち複数はTop Secretに指定されています。加えて、このファイルには本文書の分類よりも上位の機密に属するアノマリー2、あるいはまだ財団による収容がなされていないアノマリーと推定される複数の未知の実体についての言及も存在します。

SCP-6590 propagates via an unknown method, with additional instances appearing on any site which publicly hosts and streams Flash movie files. Accounts posting new SCP-6590 instances are unable to be connected to any human or other sentient being. An ongoing investigation as to the origins of SCP-6590 is being conducted by the Internal Security Department.

SCP-6590は不明な方式によって増殖し、Flash動画ファイルを公共に提供・ストリーミングするあらゆるサイトに出現します。新規のSCP-6590実例を投稿するアカウント群はあらゆる人間やその他知性体との繋がりを持ちません。現在SCP-6590の起源に関する調査が内部保安部門(Internal Security Department)によって実施されています。

Internal Statement on SCP-6590 Containment

We don't particularly understand how SCP-6590 creates copies of itself. Granted, not understanding how things work is par for the course with the Foundation. Typically, and I say "typically" even though we've only had a handful of anomalies on the internet, we don't need to know. New copy of an anomaly shows up, one of our web-sweepers squashes it before any civvies see it, end of story. But 6590 is fast. Really fast. Our web-sweepers print out a ticket every time they wipe an anomaly off the internet, and 6590 has us changing the paper rolls three times a day. We're doing our best to keep up, but we need to pin down how this thing is propagating if we want to properly contain it.

SCP-6590の収容に関する内部声明

SCP-6590が自身の複製をどのように作成しているのかについての理解はあまり進んでいない。確かに、ものの仕組みが理解されていないというのは財団ではよくあることだ。通常は—我々がインターネット上のアノマリーを一握りしか保有していないとしても私は「通常」と言うが—知る必要はない。新しいアノマリーの複製が現れれば、一般人に見られる前に我々のwebスイーパーのどれかが片付ける、それで終わりだ。だがSCP-6590は速い。非常に速い。我々が保有するwebスイーパーはインターネットからアノマリーを削除する毎にチケットを1枚発行するが、6590のために我々は1日に3回ロール用紙を交換する事態になっている。これに追いつくために我々は最善を尽くしているが、それでもこのアノマリーを適切に収容したいと思うならば、それがどのように増殖しているのかを突き止める必要がある。

I'd be a bit less anxious if the anomaly was just some creepy video. I don't want this information to end up in the hands of people that want us gone and I certainly don't want the public to realize that this isn't some sort of weird internet joke.

このアノマリーがただの不快な動画か何かであったならば、私の心配も少しは薄れたことだろう。この情報が我々に消えてほしいと思っている者の手に渡ることは望ましくないし、これが珍妙なインターネット・ジョークの類でないことに民間が気付くことは尚更である。

— Neil Connors3, September 2000

— ニール・コナーズ4、2000年9月

Addendum 1: During a containment breach at Site-40, a fire rendered six of WACT's eight web-sweepers nonoperational for several days. The number of new SCP-6590 instances detected by Foundation web-sweepers subsequently decreased by nearly 75% for the duration of the repairs.

補遺1: サイト-40における収容違反の発生中、WACTが有するwebスイーパー8台のうち6台が火災により数日間非稼働状態に陥りました。以降の修復期間中、財団webスイーパーによって検知される新規のSCP-6590実例の数はおよそ75%減少しました。

So we lose 3/4 of our web-sweepers, and suddenly SCP-6590 propagation drops by 3/4. I was just as surprised as anyone else. One hypothesis was that our two web-sweepers just weren't finding 3/4 of the new instances, but we didn't see a drop in new instances of any other web-anomaly. It took longer for us to find them, sure, but it still found them. Our current hypothesis is that the propagation of SCP-6590 is somehow connected to us either looking for or finding SCP-6590. Needless to say, the Internal Security Department has been more secretive around my team since the discovery.

つまりwebスイーパーの3/4が失われると、SCP-6590の増殖も3/4減少したのである。私はただ他の皆と同じように喜んだ。仮説の1つに残る2つのwebスイーパーは新規の実例の3/4を発見できていないだけだというものがあったが、他のwebアノマリーのいずれにも新規の実例の減少は見られなかった。我々が実例を発見するのにかかる時間は確かに長くなったが、それでもスイーパーは発見を続けていたのである。我々の現在の仮説は、SCP-6590の増殖は我々によるSCP-6590の捜索もしくは発見のどちらかに何らかの形で結びついているというものである。この発見以降、私のチームに対して内部保安部門の口がより堅くなったのは言うまでもない。

— Neil Connors, June 2002

— ニール・コナーズ、2002年6月

Addendum 2: Four additional web-sweepers were produced with the express purpose of more effectively containing SCP-6590. Effort was rendered ineffective when SCP-6590 propagation increased by approximately 50%.

補遺2: SCP-6590のより効果的な収容という明確な目的の下に、追加でwebスイーパー4台が生産されました。この努力はSCP-6590の増殖が50%増加した時点で効果を持たないものとなりました。

We need as much help as we can get, but everyone's been side-eyeing us lately. Rumor has it that there's a mole in our department that's been rigging our sweepers to create SCP-6590. According to the rumor, that's why Internal Security is always snooping around our offices. I smell bullshit. We've been slowly losing ground to this thing, but anyone with ill intentions would be much better off removing 6590 from the sweeper blacklist. Do that during lunch and every person with an internet connection will know about the Foundation before dinner. It would be suicide on the mole's part, but it would be a hell of a lot more destructive than the creeping spread we're seeing now.

我々は可能な限り多くの援助を必要としている。しかし、現状は誰もが我々を白眼視している。周囲ではこの部門に潜むスパイがSCP-6590を作成するためにスイーパーを弄っているという噂が広まっている。噂によれば内部保安部門がいつも我々のオフィスの周りを嗅ぎまわっている理由はそれらしい。きっと根も葉もない話だろう。このアノマリーに対する形勢は徐々に悪化してはいるが、悪意を持つ者にとっては6590をスイーパーのブラックリストから削除するほうが遥かに得策だろう。昼食中に消せば、夕食までにはインターネットと繋がりを持つ者全員が財団の存在を知ることとなる。スパイの側は自殺行為になるだろうが、我々が現在直面している真綿で首を締めるような拡散に比べれば相当ひどく破壊的な事態になるはずだ。

That's what I'd say to Internal Security if I didn't already have a target on my back. For now, all we can do is collect more data and prove that this isn't an inside job.

仮にまだ私に後ろ指を指すものが居なかったとしたら、内部保安部門にはこのように言っていただろう。差し当たって我々にできるのは、より多くのデータを集めこれが内部犯でないと証明することだけだ。

— Neil Connors, January 2003

— ニール・コナーズ、2003年1月

Addendum 3:

補遺3:

Direct Request To The 05 Council
08/08/2007


Ever since the discovery of SCP-6590, the Web Anomalies Containment Team has been regarded with heavy suspicion. The frequent investigations, interrogations, and general interference of the Internal Security Department with our team has made routine operations slow and arduous. This has, in the case of the currently unclassified anomaly (code name "lonely blogger"), resulted in WACT being unable to react with necessary speed to effectively contain an anomaly.

As far as we are aware, the main reason the ISD has been investigating our team is the belief that one or more team members are intentionally spreading SCP-6590. Research from external departments (attached separately) suggests that a new SCP-6590 instance is created every time an existing SCP-6590 instance is accessed. This would explain why the use of our web-sweepers led to an increase in SCP-6590 propagation and why our web-sweepers have been unable to properly contain SCP-6590. More importantly, it explains how these are possible without treason on behalf of our team members.

As this is our best-supported theory of how SCP-6590 works, I propose the following on behalf of WACT:

  1. Provide additional funding to WACT for developing and implementing alternate methods of containment.
  2. Provide additional personnel (and accompanying office space) to WACT for developing and implementing alternate methods of containment.
  3. Dismiss the ISD investigation into WACT regarding SCP-6590.

Proposition 1: APPROVED
Proposition 2: APPROVED
Proposition 3: DENIED

05評議会に対する直接請願
08/08/2007


SCP-6590の発見以来、Web異常収容チームは常に疑いの目を強く向けられています。当チームに対する内部保安部門の頻繁な捜査、尋問、全面的な干渉により定例業務の進行は緩慢かつ困難なものとなっています。この結果として、問題の現時点で未分類のアノマリー(コードネーム"ロンリー・ブロガー")について、WACTはアノマリーの効果的な収容に必要な迅速性を以て対応することが不可能となっています。

私たちの知る限りにおいて、ISDが今日まで当チームの調査を継続している主な原因は、1名以上のチーム職員が意図的にSCP-6590の拡散を行っているという意見にあります。外部の部門による調査(別添参照)により、新規のSCP-6590実例は既存のSCP-6590実例へのアクセスが行われる毎に生成されることが示されています。この結果はwebスイーパーの使用がSCP-6590実例増殖の増加に繋がった原因、およびwebスイーパーによるSCP-6590の適切な収容がなされなかった原因を説明するものであると思われます。さらに重要な点として、この結果は当チーム職員内に反逆者が存在しない状態でも前述のような事態が発生しうることの説明となります。

この理論がSCP-6590の増殖機序について職員内で最も支持を得ているものであることから、私はWACTを代表し以下を提言します。

  1. 代替的な収容機軸の構築および施行を目的として、WACTに対し追加資金の投入を行う。
  2. 代替的な収容機軸の構築および施行を目的として、WACTに対し追加職員(およびそれに付随する業務スペース)の供給を行う。
  3. ISDによる、WACTに対するSCP-6590関連の調査を打ち切る。

提議1: 承認
提議2: 承認
提議3: 却下

We're dealing with a hydra here. We cut off a head before it bites us, and two take its place. And we've been cutting and cutting, and when we ask the Overseers for help they hand us another sword. We can't use another sword as long as the ISD is holding our arm behind our back.

我々が今相手取っているのはヒュドラだ。嚙まれる前に首を一つ切り落とすと、そこから二本の首が生えてくる。それでも切って切って切り続け、監督者たちに助けを求めると、剣をもう一本渡される。しかしISDに腕を後ろで固定されている限り二本目の剣は使えない。

It's going to be a lot of work getting the newbies on. Hopefully they'll help us find a more permanent solution to our hydra.

新人君たちにこの仕事をさせるのは重労働になるだろう。彼らがこのヒュドラへのより永続的な対処法を編み出す助けになってくれればいいのだが。

— Neil Connors, January 2008

— ニール・コナーズ、2008年1月

Due to the upcoming shift in the Web Anomalies Containment Team's size and the scale of their operations, WACT was renamed the Department of Web Anomaly Containment.

Web異常収容チームの人員構成およびその業務規模の今後の変容を踏まえ、WACTはWeb異常収容部門に改名されました。

Addendum 4:

補遺4:

Review of Current SCP-6590 Containment Measures

SCP-6590現行収容手段の見直し

February 2015

2015年2月


MEASURE A: Removal of SCP-6590 via Foundation web-sweepers.
SCP-6590 has been on our web-sweeper blacklist for as long as we've known about it. We've also known that our web-sweepers are incapable of reducing the number of SCP-6590 instances present on the internet at any given time. However, we predict that removing individual SCP-6590 instances as soon as we can will slow the rate at which SCP-6590 is viewed. The process is worth the electrical bills.

手段A: 財団webスイーパーを用いたSCP-6590の削除。
SCP-6590は我々がその存在を認知した最初期からwebスイーパーのブラックリストに登録されています。また、我々のwebスイーパーでは常時インターネット上に存在するSCP-6590実例の数を減少させることは不可能であることも判明しています。しかし、我々の予測によれば個々のSCP-6590実例を可及的速やかに削除することによって、SCP-6590が視聴される速度を鈍化させることが可能です。このプロセスは電気料金を費やす価値があるものです。

MEASURE B: Use of Foundation shell companies to influence multiple technology companies.
The full extent of our operations is classified, but I can say this much: to all the flustered accountants, this is where the money goes. We've been going after the hosts, the major players putting SCP-6590 in front of civvies. Pushing and pushing these companies for god knows how long, and we're finally seeing the fruits of our labor. YouTube's ditching Flash and switching to html5. Sweep SCP-6590 off that site one more time and it won't be able to come back.

**手段B: 複数の企業に対する働きかけ目的での財団ペーパーカンパニーの利用。
完全な作戦の範囲は機密指定ですが、これは確実に言えます。混乱している経理担当者の皆さん、資金を注ぎ込むべきはここです。我々は長年、SCP-6590を世間に公開している主要団体、その管理者の後を追ってきました。どれほど長くこれらの企業に圧力をかけてきたでしょうか、ついにその労苦が実を結ぶ時が来ています。YouTubeはFlashを見限り、html5に変更することになりました。あと一度SCP-6590を同サイトから一掃すれば、復活することはもうありません。

SCP-6590 isn't dead. Not by a long shot. But cutting it off from its biggest source of views calls for free donuts in the break room. You're welcome.

SCP-6590は消えていません。全くもって消えていません。しかしその最大の閲覧源からSCP-6590を削除すれば、休憩室の無料ドーナツを取りに行く余裕ができます。当部門はあなたを歓迎します。



We're going to keep pushing other companies, in case that wasn't obvious.

念のために述べておくと、我々はこれからも他企業に対し圧力をかけていく予定です。

Our push to have YouTube switch to html5 was… less effective than we had expected, to say the least. For the first time, we had lowered the number of SCP-6590 instances out there, but it turns out that YouTube was one of the safest places for SCP-6590 to end up. It had a much larger userbase, but it also had so much content that SCP-6590 would get completely buried. We didn't know it at the time, but just about no one saw the instances that ended up on YouTube.

YouTubeに対するhtml5への変更の働きかけは… 控えめに言っても、期待していたよりも効果は低かった。当初は存在するSCP-6590実例の数を減らすことに成功していたのだが、後になってYouTubeはSCP-6590が落ち着くのに最も安全な場所の一つであることが判明したのである。YouTubeは非常に大きいユーザー基盤を持っていたが、それに加えてSCP-6590が完全に埋もれてしまうほどの非常に大量のコンテンツを有していたのだ。そのことを知る者はいなかったが、どうやらYouTubeに落ち着いた実例を見た者はいないらしい。

Once YouTube ported over to html5, the density of SCP-6590 instances on other sites increased. Our web-sweepers found them quicker, but they had a much bigger splash in those small communities. Amnestics wouldn't have done anything. Even if we put in the legwork to track down every viewer and amnestized them, another copy of the video would just pop into their feed a few days later. Parawatch doesn't seem to realize what the video means (thank god). We're trying to control the damage and hoping that the leaks just end up as some lost media people half remember, but it's been hell for my blood pressure. Not to mention ISD is still looking for whoever created 6590.

YouTubeがhtml5に移行すると、すぐに他のサイトのSCP-6590実例の密度が上昇した。実例群はwebスイーパーによってすぐに発見されたが、そういった小さなコミュニティではSCP-6590による影響はずっと大きかった。記憶処理は意味を成さなかったことだろう。たとえ全ての閲覧者を見つけ出して記憶処理をしに回ったとしても、数日後にはコピーされた動画が新しくフィードに出てきたはずだ。パラウォッチはこの動画の意味に気づいていないようだ(幸いなことに)。我々は被害を最小限に抑えようとしているし、この情報漏洩が民衆の記憶から消えかけている失われたメディアということに落ち着くよう望んでいる。しかし問題のリークは私の血圧には相当に悪いものとなっている。言うまでもないが、ISDはまだ6590の作成者が一体誰なのか探し続けている。

Hercules' nephew stopped the Hydra's heads from regrowing by cauterizing the necks. I think YouTube was one of those necks, but our work isn't going to get any easier until we've dealt with all of them.

ヘルクレスの甥はヒュドラの首が生えてくるのを首の傷口を焼いて止めたという。YouTubeはその首の一つだが、全ての首に対応できるようになるまで我々の仕事は楽になりそうにないと思う。

— Neil Connors, September 2015

— ニール・コナーズ、2015年9月

Addendum 5: DoWAC's size and funding have been expanded in tandem with the gradual increase in SCP-6590 instances. Over the past several months, the Internal Security Department in cooperation with the Overseer Council has been searching for a suitable assistant director to Neil Connors. As of March 19, 2018, no suitable candidate has been found.

補遺5: DoWACの規模および資金はSCP-6590実例の逓増に平行して拡大しています。過去数か月間を通して、内部保安部門は監督評議会の協力を得てニール・コナーズに相応しい副部門長を探し求めています。2018年3月19日時点で相応しい候補者は発見されていません。


Internal Security Department File #073213

Source: Hidden microphone
Location: Office of Director Neil Connors
Date: 08/01/2018

Connors: Ahem… Welcome everybody to DoWAC's ten year anniversary party!… Wait for applause… Now, many of you in this room have been a part of this department since the beginning. A smaller group of you were around back when we were the Web Anomalies Containment Team. But regardless of how long you have or haven't been with us, I wanted to thank you all for the work that you've done. Together, we've helped contain dozens of anomalies. We've done work no other department is capable of doing. And as far I'm concerned, we're pretty darn good at it. I think that's something worth celebrating… Wait for applause again…

I imagine I've ranted to everyone about this at some point or another, but many of our advancements have been made to better contain one singular anomaly. SCP-6590 may predate this department— but we are on the path to containing it. I'm not allowed to tell you exactly when or how, but I'm confident that most of the people in this room will be working here on the day we get this viral web-anomaly under control.

On a more personal note, my daughter was born a few weeks before we discovered SCP-6590. In my head, my— our fight against 6590 was always tied to her growing up. I wanted that file to be gone before her tenth birthday, then before she started high school, and now before she finishes it. And we've made progress, sure, but it's not going to happen before June. And I know that these markers are arbitrary, I really do. But it's just so… surreal, knowing that my baby is going to be off in Michigan and this thing is still going to be a part of my life…

No, no I need to cut that. Can't have that in the speech…


内部保安部門ファイル #073213

ソース: 隠しマイク
場所: ニール・コナーズ部門長のオフィス
日付: 08/01/2018

コナーズ: コホン… 皆さん、DoWACの10周年パーティーへようこそ!… ここ拍手するところですよ… さて、この部屋にいる人の多くはこの部門ができて以来から所属している方々です。一部にはWeb異常収容チーム時代の辺りまで遡る人たちもいますね。しかし私たちと仕事をしてきた期間、あるいはしてこなかった期間の長さにかかわらず、私は皆さんがこれまでにしてきたすべての仕事に感謝しています。まとめると、私たちはこれまで数十のアノマリーの収容を支援してきました。他のどの部門にもできない仕事をしてきました。そして私の考えとしては、私たちは間違いなくかなり上手く仕事をやってこれたと思います。そして、それは祝われる価値があることだと思います… ここでも拍手ですよ…

いつかも皆さんに叫んだようにも思いますが、私たちがこれまで達成してきた進歩の多くはとあるたった一つのアノマリーをよりうまく収容するために生み出されてきました。SCP-6590はこの部門よりも前から存在したのかもしれません― しかし私たちはその収容に向かう道の途中にいます。具体的にいつ、どのようにと言うことはできませんが、私はこのウイルスのごとく拡散されるwebアノマリーを制御できるようになったその日も、この部屋にいるほとんどの人がここで働いていると確信しています。

さて、より個人的な話題になりますが、私の娘はSCP-6590が発見される2、3週間前に生まれました。私の頭の中では、私の― 私たちの6590との戦いはいつも彼女の成長と結び付いています。彼女の10歳の誕生日より前にあのファイルが消え去ってほしいと思い、次は高校入学前に、そして今はその卒業前にはと。そして私たちは進歩を重ねてきました、それは確かですが、6月までにその日が来ることはないでしょう。そして、私はこういった指標が恣意的なものなのも理解しています。よく分かっています。ただ、赤子だった私の子がミシガンに行ってもまだこのモノが私の生活の一部であり続けると思うと… このアノマリーは本当に… 非現実的なものですね。

あ、いや、そこはカットしないと。スピーチにそんな内容が入ってたらいけないので…

… And so eventually we realized that the nuclear option was the only option. We had to hold every bloody stump to the fire all at the same time. In this case, that meant having the right coders in the right companies working day in and day out finding exploits, little vulnerabilities in the system. It meant picking and prying and nudging the tech world over and over in the direction we wanted them to go. Did it work?

…その後まもなく、我々は最終手段こそが唯一の選択肢だとやっと気付いた。我々は血にまみれた切り株をすべて同時に火にかけなければならなかった。この場合すなわち、優れた会社の優れたプログラマーを来る日も来る日も働かせ、セキュリティの弱点、システム上の小さな脆弱性を見つけさせるということだ。つまり、テクノロジー業界を我々が希望する方向に導くために、そこを何度も何度もつつき、首を突っ込み、少しずつ動かしていくのだ。効果はあっただろうか?

Of course it did.

もちろん、効果はてきめんだった。

— Neil Connors, September 2018

― ニール・コナーズ、2018年9月

Addendum 6:

補遺6:

last updated September 3, 2020 12:34pm

What Adobe Killing Flash Will Mean For The Internet

Things will never be the same after December 31st, 2020


Ask any millennial or member of Gen Z about Adobe Flash and they'll probably regale you with stories of games played in class or old animations they would watch on Newgrounds.com. This treasure trove of internet content will soon be closed for good as Adobe Flash Player, the technical backbone of an immeasurable volume of games and videos, will lose support from its creators…

最終更新 2020年9月3日 12:34pm

AdobeのFlashサービス終了がインターネットの中で意味するもの

2020年12月31日以降の世界は全く違ったものになる


ミレニアル世代、あるいはZ世代にAdobe Flashのことを尋ねると、おそらく授業中にプレイしたゲームやNewGrounds.com5でよく見た昔のアニメの面白い話が返ってくることだろう。数えきれないほどの量のゲームや動画の技術的な屋台骨となってきたAdobe Flash Playerがその開発者たちによるサポートを失うことで、このインターネットの宝の山は永久に閉鎖されることとなる…

SCP-6590 has been re-classified as decommissioned.

SCP-6590は解体済decomissionedオブジェクトに再分類されました。



I'm going to buy myself a bottle of Cognac and take a few days off. I've damn well earned it.

自分用にコニャックを買って数日間休暇を取ろうと思う。もう十分に金は稼いださ。

— Neil Connors, January 2021

― ニール・コナーズ、2021年1月

I managed to scrape the audio from 6590 before Flash died. It's just an mp3 file, so it's non-anomalous. It's my version of trophy antlers. This song used to keep me up at night, but someone should be able to get some enjoyment out of it.

Flashが終わる前になんとか6590から音声を取り出してきた。ただのmp3ファイルだから異常性はない。これが私にとっての剥製トロフィーだ。私はこれのせいで徹夜させられていたわけだが、これを楽しむことができる者もいるはずだ。






    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License