SCP翻訳 SCP-4051

現在このページの批評は中断しています。

出典: SCP-4051
著者: NagirosNagiros
作成日(EN): 2018/12/02
SCP-4051 - Your Friendly Neighborhood Keter
SCP-4051 - あなたの親愛なる隣人、Keter
tags:alive deepwell-catalog doctor-cimmerian ethics-committee extradimensional humanoid keter reviewers-spotlight sapient scp sentient spacetime
タグ:keter reviewers-spotlight scp シメリアン博士 人間型 時空間 倫理委員会 生命 異次元 深淵目録 知性 自我


評価: 0+x

Contains themes of abuse, emotional manipulation, and institutional gaslighting.

虐待、感情操作、組織的ガスライティングといったテーマを含みます。


2/4051 LEVEL 2/4051

CLASSIFIED

classified-lv2.png

Item #: SCP-4051

Object Class: Keter

Classification Committee Notice Regarding the Following Document:
SCP-4051 was previously classified as Euclid until 18 July 2013. A description of the events prompting its reclassification is available to personnel with 4/4051 Clearance in Addendum.4051.6.

以下の文書に関し分類委員会より通達:
SCP-4051は2013年7月18日までEuclidに分類されていました。再分類を促したイベントの説明は4/4051クリアランスを持つ職員のみ補遺.4051.6より閲覧できます。


Special Containment Procedures: SCP-4051 is to be held in a standard humanoid containment chamber at Site-17. SCP-4051 currently requires continual psychological screening, which will be conducted with on-site therapist Jules Yesenia. Transport to and from Dr. Yesenia's office is to be facilitated weekly.

特別収容プロトコル: SCP-4051はサイト-17の標準人型実体収容室に収容されます。SCP-4051は現在継続的な心理的スクリーニングを必要としています。これはサイトのセラピストであるジュール・イェセニアによって行われます。イェセニア博士のオフィスへの送迎が毎週行われます。

SCP-4051 is currently held in a modified, humanoid containment unit at Site-17. Modifications to SCP-4051's containment unit include a complex, interlocking system of pistons, acting as an exterior wall outside of the standard floor, walls, and ceiling.1 This specialization is not necessary for containment, but has been selected to impede its anomalous capabilities during an attempted containment breach.

SCP-4051は現在サイト-17の改造人型実体収容ユニットに収容されています。SCP-4051が収容されているユニットへの改造には標準的な床、壁、天井の外壁として機能する、ピストンが連結された複雑なシステムが含まれます。2この改造はSCP-4051の収容に必須ではありませんが、収容違反が試みられた際にSCP-4051の異常能力の行使を妨害するために選択されています。

SCP-4051 requires extensive psychological screening. These sessions are to be performed weekly with on-site therapist Jules Yesenia, communicating with SCP-4051 via the containment unit's two-way audio-surveillance system.

SCP-4051は広範囲の心理的スクリーニングを必要としています。これらのセッションは毎週サイトのセラピストであるジュール・イェセニアにより、収容ユニットの双方向音声監視システムを使用して行われます。

Description: SCP-4051 is a male humanoid which can create temporary Class-E wormholes to extradimensional spaces populated by a theoretically infinite number of a unique item. These items are able to be removed from the extradimensional space, given that they are physically able to fit through the wormhole. Testing has concluded that SCP-4051 is unable to alter the contents of the extradimensional space after manifestation.

説明: SCP-4051は、理論上無限の別々の物品が存在する異次元空間へ接続するクラスEワームホールを一時的に作成可能な男性の人型実体です。これらの物品はワームホールを物理的に通過することができれば異次元空間から持ち出すことが可能です。実験の結果から、SCP-4051はワームホールを出現させた後の異次元空間の内部の変更はできないことが断定されました。

SCP-4051 has been able to manifest the following items during controlled experiments overseen by Dr. Edwards at Site-17. Manifested items detailed in the relevant experiment logs below have been omitted.

SCP-4051はサイト-17でのエドワーズ博士が監督する制御実験下において、以下の物品を出現させることができました。以下の関連実験ログに詳述されている出現した物品は除外されています。

  • A small, weighted net, measuring 3 m2.
  • A standard pharmaceutical container of sugar pills, although the label describes the pills as headache medication.
  • A glass of drinking water.
  • 面積3m2の小さな錘付きネット。
  • 砂糖の錠剤が入った標準的な薬入れ。しかし、ラベルには錠剤は頭痛薬であると記載されている。
  • コップに入った飲料水1杯。

SCP-4051 has either claimed or has been reported to have manifested the following items outside of experiments sanctioned by Dr. Edwards.

SCP-4051はエドワーズ博士によって認可された実験以外で以下のアイテムを出現させたと主張するか、または報告されています。

  • An aluminum baseball bat.
  • Several rolls of duct tape.
  • An incendiary device and blast-proof sheet.
  • Eleven instances of Class-E paracognitohazards.
  • アルミニウム製の野球バット。
  • 数巻きのダクトテープ。
  • 焼夷弾及び耐爆シート。
  • クラス-E超常認識災害を持つ11の実体。

SCP-4051 has been allowed to use its anomalous abilities to assist with general repairs at Site-17. After retroactive review of all procedures and programs relating to SCP-4051's containment by the Ethics Committee and subsequent evaluation by the Foundation Containment Committee, SCP-4051's presence outside of its containment unit has been demonstrated to be a substantial threat to any and all personnel located at Site-17.

SCP-4051はサイト-17での一般的な整備を支援するためにその異常能力を使用することが許可されています。 倫理委員会による、SCP-4051の収容に関する全てのプロトコル及びプログラムの遡及的審査、及びその後の財団収容委員会による評価の結果、SCP-4051が収容ユニット外に出ることはサイト-17に所属する全職員への相当の脅威であることが立証されました。

Recovery: SCP-4051 was first brought to the attention of Foundation operatives in August of 2012 when a video depicting it using its anomalous abilities began to gain significant online attention. The recording depicted SCP-4051 assaulting and detaining several men via its anomalous abilities.

発見: SCP-4051は2012年8月、その異常能力の行使の様子が映された動画がオンライン上で大きな注目を浴びた際に最初に財団諜報員の注意を引きました。記録はSCP-4051がその異常能力を用いて数名の男性を暴行、拘束している様子を映しています。

The video gained over two million views before warranting an intervention, following multiple testimonies by commenters of similar occurrences. Mobile Task Force Pi-1 "City Slickers" identified SCP-4051 and performed a successful retrieval and extraction.

同様の事象の発生を主張するコメント者らによる複数の証言により、動画は捏造とされる以前に200万回以上視聴されました。機動部隊パイ-1 "シティ・スリッカーズ"はSCP-4051を特定し、その回収及び連行に成功しました。

Relevant Materials and Reports:

関連資料及びレポート:

WARNING: THE FOLLOWING REPORTS ARE LEVEL 3/4051 CLASSIFIED

警告: 以下のレポートはレベル3/4051機密情報です


THE FOLLOWING REPORTS CONTAIN REFERENCES TO PROCEDURES RETROACTIVELY DECLARED BY THE ETHICS COMMITTEE TO BE RECKLESSLY NEGLIGENT. ANY FURTHER ATTEMPTS TO ACCESS MATERIALS RELATED TO THESE PROCEDURES WITHOUT PROPER CLEARANCE WILL LEAD TO IMMEDIATE DISCIPLINARY ACTION.

以下のレポートは過去に倫理委員会が無謀かつ不注意であると判断した手順に対する言及を含みます。適切なクリアランスを持たずにこれらの手順に関する資料へのアクセスをこれ以上試みた場合、即座に懲戒処分が下されます。

Addendum.4051.1: Relevant Experiment Logs and Attempted Containment Breach

補遺.4051.1: 関連実験ログ及び収容違反の試み

Addendum.4051.2: Experiment Logs and Therapy Sessions with Dr. Yesenia

補遺.4051.2: 実験ログ及びイェセニア博士との治療セッション

Addendum.4051.3: Procedure 350-PROMETHEAN and Therapy Sessions with Dr. Yesenia

補遺.4051.3: 手順350-PROMETHEAN及びイェセニア博士との治療セッション

Addendum.4051.4: SCP-4051 has been granted a Level 1 Security Clearance to assist Site-17 in general repairs. This does not mean SCP-4051 is allowed to wander freely around the facility. SCP-4051 will be escorted by armed personnel to areas requiring repairs once weekly.

補遺.4051.4: サイト-17における一般的な修理を補助するために、SCP-4051へのレベル1セキュリティクリアランスの付与が承認されました。これはSCP-4051が施設周辺を自由に歩き回れることを意味しません。SCP-4051は週に1度武装職員により修理を必要としている区域に護送されます。

Addendum.4051.5: Table of Events between 10/10/2012 and 05/25/2013

補遺.4051.5: 2012/10/10〜2013/05/25のイベント表

Date Event Description
10/10/2012 SCP-4051 performs its first routine maintenance session. The session is uneventful.
10/18/2012 Dr. Yesenia requests information regarding Procedure 350-PROMETHEAN. Request is denied due to Dr. Yesenia's inadequate clearance level.
11/02/2012 Dr. Edwards announces to Site Director Graham that Procedure 350-PROMETHEAN has produced a sufficient amount of data, such that a design for Project 350-JANUS should be proposed.
11/07/2012 A design for Project 350-JANUS is finalized.
11/21/2012 Site-17 experiences a site-wide containment breach. By chance, ██ instances of SCP-████-█ make contact with SCP-4051 while it is performing its weekly maintenance. The instances initially overwhelm attending armed personnel but are turned back by SCP-4051 when it manifests "fire", which produces a flame constantly emitting from the open wormhole. SCP-4051 is able to aim the fire at the SCP-████-█ instances and terminate ██ before attending personnel are able to incapacitate it and retreat to a safe location.
11/28/2012 Dr. Yesenia is ordered to verbally reprimand SCP-4051 for its unauthorized manifestation of an object during the containment breach the previous week. Dr. Yesenia complies, and SCP-4051 is not allowed to participate in any maintenance sessions for two months.
02/07/2013 SCP-4051 celebrates its first birthday in Foundation custody. Dr. Yesenia's original gift proposal of a treadmill, to be placed inside SCP-4051's cell for its entertainment, is rejected by Dr. Edwards. Dr. Yesenia's following proposal, a portable chess set, is accepted.
02/28/2013 SCP-4051 aids in the recontainment of SCP-████ from its containment unit, manifesting 20 m3 of methoxyflurane and incapacitating it.
03/03/2013 A prototype of Project 350-JANUS is constructed. Testing confirms that the device is non-operational. Dr. Edwards is informed of the need for more data regarding SCP-4051's anomaly.
03/04/2013 Dr. Edwards requests a replacement of the incision tool used in Procedure 350-PROMETHEAN, which had become extensively damaged by unknown means.
04/10/2013 Project 350-JANUS continues to produce ████████████ instead of the requested object. Dr. Edwards is given full control over the project to ensure its success.
04/12/2013 Dr. Yesenia requests a review by the Ethics Committee regarding Procedure 350-PROMETHEAN. The request is denied.
04/27/2013 During a standard weekly maintenance session, SCP-4051 is hurt by a falling lead beam. Attending personnel request medical attention, and SCP-4051 asks permission to manifest various bandages for its wound. The request is granted.
05/16/2013 Dr. Yesenia requests access to SCP-4051's medical file and is reminded of her inadequate clearance level. The request is denied.
05/23/2013 [DATA EXPUNGED BY ORDER OF THE ETHICS COMMITTEE]
05/25/2013 Project 350-JANUS successfully manifests a requested object. The machine malfunctions immediately after the manifestation, rendering it non-operable.
日付 イベント概要
2012/10/10 SCP-4051が最初の定例点検セッションを行う。 何も発生しない。
2012/10/18 イェセニア博士が手順350-PROMETHEANに関する情報を要求する。 要求はイェセニア博士のクリアランスレベルの不足により拒否される。
2012/11/02 エドワーズ博士がサイト管理官グラハムに対し、手順350-PROMETHEANにより十分な量のデータが収集されたため、プロジェクト350-JANUSの計画を提言するべきであると報告する。
2012/11/07 プロジェクト350-JANUSの計画が完成する。
2012/11/21 サイト-17においてサイト全体規模の収容違反が発生する。偶然、SCP-████-█実例██体が毎週の点検を行っていたSCP-4051と接触する。実体は最初は同伴の武装職員を圧倒していたが、SCP-4051が、作成したワームホールから「炎」を出現させた際に撤退した。SCP-4051は開いた状態のワームホールから継続的に火炎を発生させていた。SCP-4051がSCP-████-█実体へ炎を向け██体を終了することができたところで、同伴の職員が実体の無力化に成功し安全な場所へと退避することができた。
2012/11/28 イェセニア博士は前週の収容違反における、SCP-4051の無許可でのオブジェクトの出現について口頭で叱責するように命令される。イェセニア博士はこれに応じ、SCP-4051は2ヶ月間点検セッションへの参加を許可されなかった。
2013/02/07 SCP-4051の財団の管理下での最初の誕生日が祝われる。イェセニア博士は最初にプレゼントとしてSCP-4051の娯楽のためにセル内部にトレッドミルを置くことを提案するが、エドワーズ博士によりこの案は却下される。イェセニア博士は次に携帯チェスセットを提案し、これは許可される。
2013/02/28 SCP-4051は収容ユニットから20m3のメトキシフルレン3を出現させてSCP-████を無力化し、その再収容を支援する。
2013/03/03 プロジェクト350-JANUSの原型が作成される。試験により、デバイスが使用できない状態にあることが確認される。エドワーズ博士はSCP-4051の異常性に関しさらなるデータが必要であることを通知する。
2013/03/04 エドワーズ博士が、広範囲にわたる原因不明の損傷により手順350-PROMETHEANで使用された切開具の交換を要求する。
2013/04/10 プロジェクト350-JANUSでは、要求されたオブジェクトではなく████████████を継続して生産している。 エドワーズ博士はプロジェクトの成功を確実とするために、プロジェクトを完全に管理する権限を与えられる。
2013/04/12 イェセニア博士が倫理委員会による手順350-PROMETHEANに関する審査を要求する。要求は拒否される。
2013/04/27 毎週の標準的な点検セッション中、SCP-4051が落下してきた鉛の建材により負傷する。同伴人員は治療を要求し、SCP-4051はその負傷のために様々な包帯を出現させることへの許可の是非を尋ねる。要求は許可される。
2013/05/16 イェセニア博士がSCP-4051の医療ファイルへのアクセスを要求し、彼女のクリアランスレベルの不足を再確認する。 要求は拒否される。
2013/05/23 [倫理委員会命令によりデータ削除済]
2013/05/25 プロジェクト350-JANUSによる要求されたオブジェクトの出現が成功する。出現の直後機械の誤作動が発生し、 機械は使用できない状態となる。

Addendum.4051.6: [INVALID INPUT]

補遺.4051.6: [無効な入力]

[[footnoteblock]]


    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

[[span class="title"]][[span class="fa fa-exclamation-circle"]]ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


[[span class="system-guid-link"]]利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License