SCP-5871 - Retroactive Knife

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-5871
著者: aismallardaismallard
作成日(EN): 2021/03/24
査読協力: ccleccle
SCP-5871 - Retroactive Knife
SCP-5871 - 過去を切り裂くナイフ
Tags: foundation-made jam-con2021 paradox ritual scp stone temporal thaumiel weapon
タグ: パラドックス en jam-con2021 scp thaumiel 儀式 時間 武器 石 財団製


Item #: SCP-5871

アイテム番号: SCP-5871

Object Class: Thaumiel

オブジェクトクラス: Thaumiel

Special Containment Procedures: SCP-5871 is maintained in a high-value item locker within Site-03. Usage requires authorization from both the Overseer Council and Ethics Committee.

特別収容プロトコル: SCP-5871はサイト-03の高価値物品ロッカーに保管されています。使用には監督評議会と倫理委員会双方の許可が必要です。

Description: SCP-5871 is an obsidian ritual knife, with seven unpolished gems encrusting its handle.

説明: SCP-5871は、7個の未研磨の宝石が持ち手にちりばめられた黒曜石の儀式用ナイフです。

The object was discovered in an anomalous burial site within modern-day Mongolia in 1831 and was created in 2020.

当オブジェクトは1831年に今日のモンゴルにあった超常墓地遺跡で発見され、2020年に作成されました。

As a consequence, utilizing SCP-5871 to symbolically kill an entity (see Document 5871-REST for ritual details) will result in said target being destroyed retroactively. This has proven useful in the neutralization of several dangerous ontokinetic, metaphysical, and temporal anomalies.

SCP-5871を用いて何らかの実体を象徴的に殺害した(儀式の詳細については文書 5871-RESTを参照)場合、結果としてこの標的は遡及的に終了されることになります。この性質は現実改変的、形而上学的、あるいは時間的性質を持つ複数の危険なアノマリーの無力化に有用であることが証明されています。

Addendum 5871-1: History

補遺 5871-1: 歴史

Date Event
April 1831 Artifact is discovered following a tip from an anonymous source.
June 1831 Artifact is shipped to Site-19 (then called Facility-C).
July 1831 Despite being slated for an SCP designation and testing, a clerical error results in relegation to bulk storage.
September 1944 Artifact is rediscovered during records digitization.
October 1944 SCP-5871 is designated and provisional testing begins.
December 1944 SCP-5871 is classed as Safe and placed in storage.
November 1963 Routine maintenance on the IntSCPFN file system reveals several anachronistic edits regarding SCP-5871. It is assumed to be a computer bug.
April 1980 Unknown agents (believed to be of the Chaos Insurgency) breach Site-19 and terminate SCP-048.
June 1980 As part of the incident report, Dr. Richard Myers theorizes the existence of "subtemporal" material. His work is highly controversial.
February 1983 SCP-5871 is relocated to the newly-created Site-03, and Dr. Patricia Carver is designated as project lead.
April 1983 Dr. Richard Meyers is assigned to the SCP-5871 project.
May 1983 SCP-5871 is successfully used to neutralize a Keter-class anomaly.
June 1983 SCP-5871 is reclassed as Thaumiel.
January 1986 Dr. Richard Myers goes missing, presumed deceased.
November 2002 A large cache of obsidian is discovered in an undocumented area of Site-77.
December 2002 With recently-developed temporal displacement sensors, it is determined that the obsidian exhibits subtemporal properties.
April 2007 Re-analysis of several soil samples suggests SCP-5871's discovery site was retroactively contaminated.
May 2007 Subtemporal materials research begins at the prompting of O5-9.
February 2018 Project Oedipus is approved and launched.
August 2020 SCP-5871 is created. Project Oedipus is concluded, and all personnel are issued amnestics.
January 2021 Efforts to fully analyze SCP-5871's chronology begin.
April 2056 Agents of the Temporal Anomalies Department will plant SCP-5871 in its discovery site. (Planned)
November 2056 Mauna Loa volcano erupts, from which SCP-5871 material will be harvested. (Predicted)
時期 イベント
1831年4月 アーティファクトが匿名の情報源からの密告により発見される。
1831年6月 アーティファクトがサイト-19(当時の呼称は施設-C)に輸送される。
1831年7月 SCP指定および実験が予定されていたにもかかわらず、事務上の過誤によってアーティファクトが大規模貯蔵庫に移動される。
1944年9月 記録のデジタル化の最中にアーティファクトが再発見される。
1944年10月 ナンバーSCP-5871の指定が与えられ、臨時の実験が開始する。
1944年12月 SCP-5871がSafeに分類され、保管庫に配置される。
1963年11月 IntSCPFNファイルシステムの定期メンテナンスの際に、SCP-5871に関する年代の合わない複数の編集が発見される。これはコンピュータのバグによるものだと判断される。
1980年4月 不明な工作員(カオス・インサージェンシーと思われる)がサイト-19に侵入し、SCP-048を終了する。
1980年6月 リチャード・マイヤーズ博士がインシデントレポートの一部において何らかの「超時間的」物質の存在を推測する。彼の研究は激しい論争の的となる。
1983年2月 SCP-5871が新規に建築されたサイト-03に移送され、パトリシア・カーバー博士がプロジェクト主任に任命される。
1983年4月 リチャード・マイヤーズ博士がSCP-5871プロジェクトに割り当てられる。
1983年5月 SCP-5871によるKeterクラスアノマリーの無力化に成功する。
1983年6月 SCP-5871がThaumielに再分類される。
1986年1月 リチャード・マイヤーズ博士が失踪し、死亡したと推測される。
2002年11月 サイト-77の記録にないエリアで大規模な黒曜石の貯蔵所が発見される。
2002年12月 近年開発された時間的転移検出器によって、この黒曜石が超時間的性質を示すことが明らかとなる。
2007年4月 複数の土壌サンプルの再分析により、SCP-5871の発見地点は遡及的に汚染を受けたことが明らかになる。
2007年5月 O5-9の提言により、超時間的物質の研究が開始される。
2018年2月 プロジェクト・オイディプスが承認され、始動する。
2020年8月 SCP-5871が作成される。プロジェクト・オイディプスが完了し、全職員に記憶処理が施される。
2021年1月 SCP-5871の時系列を完全に解析する試みが開始される。
2056年4月 時間異常部門のエージェントがSCP-5871をその発見地点に埋める。(予定)
2056年11月 マウナ・ロア山が噴火し、SCP-5871の素材が取得されることとなる。(予測)

This table will be updated as SCP-5871 chronology is better understood. Contact Researcher Agatha Myers for more information.

この表はSCP-5871の時系列に対する理解が進んだ際に更新されます。さらなる情報についてはアガサ・マイヤーズ研究員に連絡してください。

Addendum 5871-2: Incident 5871-62

補遺 5781-2: インシデント 5781-62

A second, seemingly-identical instance of SCP-5871 was found in Area-313 Deep Storage. The HCML Supervisor ordered that the object be returned to its unmarked crate, all records of the discovery be destroyed, and all personnel with knowledge of the incident be amnesticized.

SCP-5871と外見上一致する第二の実例がエリア-313の大深度貯蔵庫より発見されました。HMCL管理者は元の標示のない木箱へのオブジェクトの返戻、発見に関する全ての記録の削除、および本インシデントの情報を保持する全ての職員に対する記憶処理を命令しました。

O5-9 overrode the directive, instructing that the two anomalies be physically compared. The results of this analysis are attached below:

O5-9はこの命令を無効化し、2つのアノマリーを物理的に比較するよう指示しました。分析の結果は以下に添付されています。

[LINK ERROR: File 6R0CF/7301567/SCP-5871/6084/8C not found.]

[リンクのエラー: ファイル 6R0CF/7301567/SCP-5871/6084/8C は存在しません.]

The above document was discovered in the most recent DEEPWELL backup of the IntSCPFN database. Its metadata claims it was filed by Site-03, a nonexistent Foundation facility.

以上の文書はIntSCPFNデータベースの最も直近のDEEPWELLバックアップより発見されたものです。メタデータによれば、この文書は実在しない財団施設・サイト-03で作成されたものとされています。


翻訳枠ここまで
投稿用ここから

アイテム番号: SCP-5871

オブジェクトクラス: Thaumiel

特別収容プロトコル: SCP-5871はサイト-03の高価値物品ロッカーに保管されています。使用には監督評議会と倫理委員会双方の許可が必要です。

説明: SCP-5871は、7個の未研磨の宝石が持ち手にちりばめられた黒曜石の儀式用ナイフです。

本オブジェクトは1831年に今日のモンゴルにあった超常墓地遺跡で発見され、2020年に作成されました。

SCP-5871を用いて何らかの実体を象徴的に殺害した(儀式の詳細については文書 5871-RESTを参照)場合、結果としてこの標的は遡及的に終了されることになります。この性質は現実改変的、形而上学的、あるいは時間的性質を持つ複数の危険なアノマリーの無力化に有用であることが証明されています。

補遺 5871-1: 歴史

時期 イベント
1831年4月 アーティファクトが匿名の情報源からの密告により発見される。
1831年6月 アーティファクトがサイト-19(当時の呼称は施設-C)に輸送される。
1831年7月 SCP指定および実験が予定されていたにもかかわらず、事務上の過誤によってアーティファクトが大規模貯蔵庫に移動される。
1944年9月 記録のデジタル化の最中にアーティファクトが再発見される。
1944年10月 ナンバーSCP-5871の指定が与えられ、臨時の実験が開始する。
1944年12月 SCP-5871がSafeに分類され、保管庫に配置される。
1963年11月 IntSCPFNファイルシステムの定期メンテナンスの際に、SCP-5871に関する年代の合わない複数の編集が発見される。これはコンピュータのバグによるものだと判断される。
1980年4月 不明な工作員(カオス・インサージェンシーと思われる)がサイト-19に侵入し、SCP-048を終了する。
1980年6月 リチャード・マイヤーズ博士がインシデントレポートの一部において何らかの「超時間的」物質の存在を推測する。彼の研究は激しい論争の的となる。
1983年2月 SCP-5871が新規に建築されたサイト-03に移送され、パトリシア・カーバー博士がプロジェクト主任に任命される。
1983年4月 リチャード・マイヤーズ博士がSCP-5871プロジェクトに割り当てられる。
1983年5月 SCP-5871によるKeterクラスアノマリーの無力化に成功する。
1983年6月 SCP-5871がThaumielに再分類される。
1986年1月 リチャード・マイヤーズ博士が失踪し、死亡したと推測される。
2002年11月 サイト-77の記録にないエリアで大規模な黒曜石の貯蔵所が発見される。
2002年12月 近年開発された時間的転移検出器によって、この黒曜石が超時間的性質を示すことが明らかとなる。
2007年4月 複数の土壌サンプルの再分析により、SCP-5871の発見地点は遡及的に汚染を受けたことが明らかになる。
2007年5月 O5-9の提言により、超時間的物質の研究が開始される。
2018年2月 プロジェクト・オイディプスが承認され、始動する。
2020年8月 SCP-5871が作成される。プロジェクト・オイディプスが完了し、全職員に記憶処理が施される。
2021年1月 SCP-5871の時系列を完全に解析する試みが開始される。
2056年4月 時間異常部門のエージェントがSCP-5871をその発見地点に埋める。(予定)
2056年11月 マウナ・ロア山が噴火し、SCP-5871の素材が取得されることとなる。(予測)

この表はSCP-5871の時系列に対する理解が進んだ際に更新されます。さらなる情報についてはアガサ・マイヤーズ研究員に連絡してください。

補遺 5781-2: インシデント 5781-62

SCP-5871と外見上一致する第二の実例がエリア-313の大深度貯蔵庫より発見されました。HMCL管理者は元の標示のない木箱へのオブジェクトの返戻、発見に関する全ての記録の削除、および本インシデントの情報を保持する全ての職員に対する記憶処理を命令しました。

O5-9はこの命令を無効化し、2つのアノマリーを物理的に比較するよう指示しました。分析の結果は以下に添付されています。

[リンクのエラー: ファイル 6R0CF/7301567/SCP-5871/6084/8C は存在しません.]

以上の文書はIntSCPFNデータベースの最も直近のDEEPWELLバックアップより発見されたものです。メタデータによれば、この文書は実在しない財団施設・サイト-03で作成されたものとされています。


投稿用ここまで


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    注意: 批評して欲しいポイントやスポイラー、改稿内容についてはコメントではなく下書き本文に直接書き入れて下さい。初めての下書きであっても投稿報告は不要です。批評内容に対する返答以外で自身の下書きにコメントしないようお願いします。

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 (10 Jul 2019 10:56)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License