SCP-3615 - Depressed Divine Demon of Diptera & Diarrhea

出典・原文: SCP-3615
著者: mlistermlister
作成日(EN): 2018/04/01
SCP-3615 - Depressed Divine Demon of Diptera & Diarrhea
SCP-3615 - 陰鬱なる蠅と下痢の悪魔神Depressed Divine Demon of Diptera & Diarrhea
tags: alchemy-department alive amorphous artifact avian bovine electrical extradimensional feline fire historical hostile humanoid insect keter meteorological ovine ranine religious reproductive ritual sapient scp sentient serpents-hand stone wanderers-library
タグ: keter en scp 儀式 宗教 敵対的 生命


評価: 0+x

Item #: SCP-3615

アイテム番号: SCP-3615

Object Class: Keter

オブジェクトクラス: Keter

Special Containment Procedures: SCP-3615 is to be secured at Site-36 in a containment chamber outfitted with an Automated Exorcism System. A 5-meter tall ladder must be available in the room for ease of access to the top of SCP-3615. The chamber is to be flushed with insecticides on a weekly basis.

特別収容プロトコル: SCP-3615はサイト-36自動エクソシズムシステム(Automated Exorcism System)が設置された収容室に保管されます。SCP-3615最上部へのアクセスを容易とするために、室内では高さ5mの梯子が利用できるようになっていなければなりません。室内には週1回の頻度で殺虫剤が流されます。

Procedure N11 is to be executed on a daily basis to prevent the manifestation of SCP-3615-1. As a precautionary measure, operatives carrying out the procedure are to be equipped with antistatic BSL-2 protective equipment and accompanied by a security guard. Although this procedure calls for the use of human meat, porcine meat can be substituted without consequence.

SCP-3615-1の出現を防止するために、手順N12が日に1回の頻度で実行されます。予防措置として、手順を実行する職員は帯電防止型BSL-2防護装備を着用し、警備員が同伴します。本手順は人肉の使用を要求していますが、代替品として豚肉が問題なく使用可能です。

Should SCP-3615-1 manifest due to the incomplete or improper execution of Procedure N1, personnel are to pull the alarm situated at the entrance of the chamber to activate the AES and sprinkler system. Security personnel are authorized to use lethal force to defend themselves in the meantime.

手順N1の実行が完了されなかった、あるいは不適切であったことによりSCP-3615-1が出現した場合、職員はAESとスプリンクラーシステムを起動するために収容室入口に位置する警報器を作動させてください。その間、保安職員は自己防衛目的での致死的武力の行使が許可されます。

As per Anomalous Sapient Entity protocol, SCP-3615-2 is to undergo weekly psychiatric evaluation.

知的異常実体取扱手順に従い、SCP-3615-2には週に一度精神医学的評価が行われます。

At SCP-3615-2's recommendation, no pregnant persons are to enter the containment chamber.

SCP-3615-2の勧告に基づき、妊娠中の職員が収容室に入室することは許可されません。

Description: SCP-3615 is a stone altar, measuring 9.15 m x 9.15 m x 4.57 m, that dates back to 586 BC. The artifact's style and construction imitates that of multiple Middle Eastern cultures from said period, with several modern modifications. These alterations include alchemical formulae, thaumaturgic sigils, graffiti of political nature, and a thin layer of human feces. All attempts at removing this coat of excrement without damaging the object have failed.

説明: SCP-3615はその起源が紀元前586年まで遡る、9.15m×9.15 m×4.57mの石の祭壇です。同物品の様式や構造はこの年代の複数の中東文化におけるそれを模したものとなっており、数か所に現代的な改造がみられます。これらの改変には錬金術的語句、奇跡論的印章、政治的性質をもった落書き、人糞の薄い層などが含まれます。オブジェクトを損傷させることなくこの排泄物の被覆を除去する試みは失敗に終わっています。

SCP-3615 has a constant buildup of static electricity, with no apparent source for this charge.

SCP-3615は常に静電気を蓄積しています。この電荷に明確な供給源は存在しません。

SCP-3615 anomalously attracts and alters flies3. Affected flies undergo accelerated development, progressing through their lifecycle within hours. This causes them to breed and die at an exponential rate, leading to a build up of fly corpses on the object itself, as well as any nearby surfaces.

SCP-3615はハエ4に対する異常な誘引効果および改変効果を有しています。影響を受けたハエは発達が促され、数時間以内に生活環を一周することとなります。これによって生殖および死が指数関数的速度で発生することとなり、結果的にオブジェクト上や周囲の全ての表面にはハエの死骸が累積します。

If Procedure N1 is not carried out, SCP-3615 will undergo a Type-H Event. In a Type-H Event, SCP-3615 will emit an aerosol of fecal matter, ignite, and materialize SCP-3615-1. Two to three days later, an acid rain shower will manifest over the site of the Type-H Event.

手順N1が実行されなかった場合、SCP-3615にタイプ-Hイベントが発生します。タイプ-Hイベントにおいて、SCP-3615はエアロゾル状態の排泄物を排出しながら発火し、SCP-3615-1を実体化させます。2-3日後、タイプ-Hイベントの発生地点上空に酸性のにわか雨が降り注ぎます。

reference.jpg

Recovered material, believed to be a representation of SCP-3615-1. Note similarity to content from Dictionnaire Infernal. / 回収されたSCP-3615-1の描写と思われる資料。「地獄の辞典」(Dictionnaire Infernal)の内容との類似性に注意せよ。

SCP-3615-1 is the Level I Tartarean Entity that manifests in Type-H Events. SCP-3615-1 is an amorphous mass of flesh weighing approximately 500 kg. The entity has an assortment of dipteran, avian, feline, ranine, ovine, bovine, and humanoid features and appendages. The subject has a marked aggression to all forms of life, but otherwise shows no signs of sapience. Despite its mass and tartarean nature, the entity is vulnerable to small arms fire.

SCP-3615-1はタイプ-Hイベント中に出現するレベルI妖魔界実体です。SCP-3615-1は重量約500kgの不定形の肉塊です。この実体はハエ、鳥類、ネコ、カエル、ヒツジ、ウシ、ヒトの特徴や付属肢を有しています。対象は全形態の生命に対して非常に強い敵意を示しますが、それ以外の点では知性の兆候を示しません。その重量と妖魔的性質に反し、実体は小火器による銃撃に対して脆弱です。

SCP-3615-2 claims that its senses are connected to SCP-3615-1's senses, but that they are otherwise unconnected.

SCP-3615-2は自身の感覚はSCP-3615-1の感覚と接続されているものの、それ以外は無関係である旨を主張しています。

SCP-3615-2 is the designation for the entity that is contacted through Procedure N1, or through the activation of a Type-H Event. It is theorized to be a Level I Pistiphage Entity that is currently situated in a dimensional space adjacent to baseline reality. SCP-3615-2's voice emanates from the center of SCP-3615 during Procedure N1 and Type-H Events. SCP-3615-2's voice has been described as "hoarse" and "multiple voices speaking in unison."

SCP-3615-2は手順N1、あるいはタイプ-Hイベントの活性化を通して接触が行われる実体に対する指定です。同実体は現時点で基底現実に隣接した次元空間に位置するレベルIピスティファージ実体だと推測されています。手順N1およびタイプ-Hイベントの間、SCP-3615の中央部からSCP-3615-2の声が発せられます。SCP-3615-2の声は「かすれた」、「複数の声が一斉に話す」ようなものであると説明されています。

SCP-3615-2 identifies by the mythological epithet "Baal", a name ascribed to various deities in the Middle East, spanning from 3500 BC to 500 BC. Attempts to narrow down its identity have thus far proven inconclusive, and provoke emotional distress in the subject.

SCP-3615-2は紀元前3500年から紀元前500年にかけて中東地域で多様な神格に使用された神話的形容語句"バアル"によって識別されます。その素性を絞り込む試みは結論の出ない結果に終わることが証明されており、また対象の感情的苦痛を誘発することとなります。

SCP-3615 was discovered in a Foundation raid on [REDACTED], a suspected Serpent's Hand stronghold. Recovered materials from the raid indicate that the organization had created SCP-3615 in its present form. After the object underwent its first Type-H Event, Procedure N1 was devised from these materials.

SCP-3615は蛇の手の拠点の疑いがかけられていた[編集済]における財団の強制捜索の際に発見されました。捜索時に回収された資料は同団体がSCP-3615を現在の状態にしたことを示しています。オブジェクトに最初のタイプ-Hイベントが発生した後、これらの資料を基に手順N1が考案されました。

Addendum: The following interview was conducted with the aim of ascertaining the nature of SCP-3615-2.

Addendum: On 2016/██/██, a Foundation raid on [REDACTED] resulted in the internment of several Serpent's Hand members. Among them was PoI-24152, David Mercer, who was confirmed to be involved in SCP-3615's creation.


ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License