SCP-5092 - The President of The United States Will Scratch Their Nose at 7:53 PM ページ2

現在このページの批評は中断しています。

出典: SCP-5092
著者: WizzBlizzWizzBlizz
作成日(EN): 2020/10/18
SCP-5092 - The President of The United States Will Scratch Their Nose at 7:53 PM
SCP-5092 - アメリカ合衆国大統領は毎日午後7:53に鼻を掻く
tags: extraterrestrial k-class-scenario keter loop scp
タグ: ループ k-クラスシナリオ keter scp 地球外

画像1
ソース: http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/fragment%3Ascp-5092-1/Obama
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: Obama
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの動画の0:11頃の静止画像をWizzBlizzWizzBlizz氏が編集したものです。元動画はNARAが維持を担当する政府の動画であるため、パブリックドメインが適用されると考えられます。(参考)

画像3
ソース: http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/fragment%3Ascp-5092-2/MoreObama
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: MoreObama
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの画像(Public Domain)にWizzBlizzWizzBlizz氏が編集を加えたものです。

画像4
ソース: http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/fragment%3Ascp-5092-2/ObamaAgain
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: ObamaAgain
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの画像(CC BY-SA 3.0)にWizzBlizzWizzBlizz氏が編集を加えたものです。

画像5
ソース: http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/fragment%3Ascp-5092-2/Tool
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: tool
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの画像(CC BY 2.0)とこちらの画像(CC BY 2.0)をWizzBlizzWizzBlizz氏が合成したものです。

画像7
ソース: http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/fragment%3Ascp-5092-2/troops
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: troops
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの画像(CC BY-SA 2.0)にWizzBlizzWizzBlizz氏が編集を加えたものです。

画像7
ソース: http://scp-wiki.wdfiles.com/local--files/fragment%3Ascp-5092-2/trump
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: trump
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの画像(CC BY-SA 2.0)にWizzBlizzWizzBlizz氏が編集を加えたものです。

画像8
ソース: http://scp-sandbox-3.wdfiles.com/local--files/wizzblizz/Entity
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: Entity
著作権者: WizzBlizzWizzBlizz
公開年: 2020
補足:
こちらの画像(CC BY 2.0)とこちらの画像(CC BY-SA 3.0)をWizzBlizzWizzBlizz氏が合成したものです。

評価: 0+x

アイテム番号: 5092
レベル4
収容クラス:
keter
副次クラス:
none
撹乱クラス:
amida
リスククラス:
critical

Obama.png

SCP-5092イベント中のバラク・オバマ元大統領。

Special Containment Procedures:
The current president of the United States of America is to remain under video surveillance at all times, with their face in view of the camera as frequently as possible. Recording the president's face between 19:45 and 20:001 is a Level 5/Amida Response situation.2

特別収容プロトコル:
常時、現職のアメリカ合衆国大統領は可能な限り頻繁にその顔面および/または腕がカメラの視界に入るようにビデオ監視下に置かれます。19:45から20:00まで3の大統領の顔面の記録はレベル5/Amida対応事態4です。

To achieve this task, the White House, Congress, the President's private residence(s), and common Presidential speaking avenues should be fitted with as many discreet, hidden cameras as are required to keep their nose and/or arms in view at all times. Furthermore, agents embedded in the White House are to keep track of the president's schedule. The president is to be surveyed on any trips out of Washington with hidden cameras and if necessary, long-range surveillance drones or spy agents. All footage is to be analyzed live by C5092.amk for deviances from normal behavior. C5092.amk is to be checked for any faults weekly.

本業務を達成するために、ホワイトハウス、議会、大統領の私邸、一般に大統領のスピーチが行われる大通りには、常時大統領の鼻および/または腕をカメラの視界に収めるために必要な数だけの目立たない隠しカメラが設置されなければなりません。加えて、ホワイトハウスに潜入しているエージェントは大統領のスケジュールを記録します。大統領がワシントンを離れる際は隠しカメラ、および必要ならば長距離監視ドローンまたは諜報エージェントによる監視が行われます。全ての映像は通常行動からの逸脱を検査するために、C5092.amkによって並行して検査が行われます。C5092.amkは週に1回欠陥を検査されます。

Between the times 19:40 and 20:10, MTF Theta-20 ("Sniffle Squad") is to always be within five minutes' travel distance of the president. If at 19:53, the president does not scratch their nose, Theta-20 is to be immediately dispatched to their location. Site-143 has been established nearby the White House to accommodate Theta-20 and give them quick access to the president in the case that an 5092-B event occurs inside the White House. Additionally, multiple members of Theta-20 have been embedded in the White House Secret Service, and at least four agents are located there at all times. If an 5092-B event should occur, all available Mobile Task Forces are to be mobilized to enact Protocol 34.

19:40から20:10までの時間帯、機動部隊シータ-20("鼻すすり隊")は大統領に5分以内に到達できる範囲内に留まります。19:53に大統領が鼻を掻かなかった場合、シータ-20がその位置に即座に派遣されます。シータ-20を滞在させ、ホワイトハウス内部で5092-Bイベントが発生した場合の同部隊の大統領への迅速な到達を可能とするために、ホワイトハウス付近にサイト-143が設立されました。加えて、シータ-20の隊員が複数名ホワイトハウスシークレットサービスに潜入しており、常時うち少なくとも4名のエージェントがホワイトハウスに駐在しています。万一5092-Bイベントが発生した場合、プロトコル34の発動のために全ての出動可能な機動部隊が動員されます。

Attempts to engineer an anomalous meme (to incite nose scratching at 19:53) powerful enough to withstand President Trump's reality sink are ongoing.

トランプ大統領の現実吸収性に対抗するのに十分強力な、(19:53に鼻を掻くよう誘導する)異常ミームを設計する試みが進行中です。

Description:
SCP-5092 is a phenomenon affecting the President of the United States; every night, at exactly 19:53, the president will scratch their nose,5 regardless of any external factors. This is not due to a direct compulsion to do so but is simply the result of their nose becoming spontaneously itchy.

説明:
SCP-5092はアメリカ合衆国大統領に影響を及ぼす現象です。毎晩正確に19:53に、大統領は外部要因に関係なく自身の鼻を掻きます。6これは直接の強制力によるものではなく、単に自然に鼻が痒くなったためのものです。

Occasionally, for an unknown reason, the president will not receive a spontaneous itch at 19:53.7 If this happens and the president subsequently does not immediately scratch their nose, an instance of SCP-5092-1 will materialize instantly approximately 64 800km away from Earth above the North Pole.

時折、未知の原因によって、大統領が19:53に自然な痒みを感じないことがあります。8本イベントが発生し、なおかつその後に大統領が鼻を掻かなかった場合、北極点直上、地球から約64800km離れた位置でSCP-5092-1が実体化します。

SCP-5092-1 is an asteroid with an estimated diameter of 20km that moves at a rate of 18 km/s in the direction of Earth. Foundation models of a collision event between SCP-5092-1 and the Earth have determined that it would result in an XK end-of-the-world scenario, causing humans and all other large animal species to go extinct. Upon materialization, SCP-5092-1 will collide with the Earth in 1hr unless the President scratches their nose during that time, in which case SCP-5092-1 will instantly dematerialize.

SCP-5092-1は地球の方向に秒速18kmで進む、推定直径20kmの小惑星です。SCP-5092-1と地球の衝突事象についての財団のモデルでは、同事象の結果としてXK"世界終焉"シナリオが発生し、ヒトおよびその他全ての動物種の絶滅を引き起こすと判断されています。実体化から衝突までに大統領が鼻を掻かない限りSCP-5092-1は地球に1時間以内に衝突すると思われますが、大統領が鼻を掻くとSCP-5092-1は瞬時に非実体化します。

Discovery:
SCP-5092 was first discovered in 1982 by the second iteration of the Anomalous Signature Recognition Program9 after being given access to the Foundation's Important Political Actors Video Archive, which contained enough footage of 5092-A events for A.S.R.P.2 to detect the anomaly.

発見:
SCP-5092は1982年、異常兆候認知プログラム(Anomalous Signature Recognition Program)の第2版10が財団の重要政治家ビデオアーカイブへのアクセスを許可されたのち、同プログラムによって発見されました。アーカイブにはA.S.R.P.2が当該異常を検出するのに十分な量のSCP-5092イベントの映像が含まれていました。


Addendum 5092-1: Incident Reports

補遺5092-1: インシデントレポート

Incident 5092-1-A, 2009/10/18

インシデント5092-1-A、2009/10/18

At 19:56, The COEWS11 detected that an anomalous object, 19.7km in diameter, had materialized in the solar system and was heading towards Earth. It predicted that it would collide with Earth in 1hr and 05m. At 19:59, the O5 Council voted 13-0 to declare a code black emergency and enact Protocols 3 and 34. (Protocol 27 could not be enacted due to the lack of notice to the object's arrival).

19:56、直径19.7kmの異常物体が太陽系で実体化し、地球に向かっていることをCOEWS12が検知しました。COEWSは同物体が1時間5分後に地球に衝突すると予測しました。19:59、O5評議会は13-0の投票でコード・ブラック緊急事態の宣言およびプロトコル3・プロトコル34の発動を決定しました(オブジェクトの到達までに発動の通告時間がなかったため、プロトコル27の発動は不可能でした)。


At 20:15, Site-10 reported to Overseer Command a deviance of behavior in SCP-5092. (The deviance was picked up by A5092.amk and discovered by personnel during the Protocol 3 checkup). Without any other leads into the source of the meteor, Overseer Command ordered that efforts be made to make the President scratch their nose.

20:15、サイト-10が監督評議会にSCP-5092の挙動の逸脱を報告しました(この逸脱はA5092.amkによって検出され、プロトコル3における照合中の職員によって発見されました)。同隕石の起源に繋がる手掛かりが他になかったため、監督司令部は大統領に鼻を掻かせることへの尽力がなされるよう命令しました。

At 20:18, Agents at Site-10 contacted President Obama and attempted to convince him to scratch his nose.

20:18、サイト-10のエージェントがオバマ大統領に接触し、鼻を掻くよう説得を試みました。


At 20:21, Overseer Command contacted Site-12, located within the Washington metropolitan area, to assemble a temporary MTF for the purpose of making the President scratch his nose.

20:21、監督司令部は大統領に鼻を掻かせることを目的とした暫定部隊結成のために、ワシントン都市圏に位置するサイト-12に連絡を取りました。

At 20:36, Temporary Mobile Task Force Epsilon-33 successfully infiltrated the White House under the guise of Secret Service agents and achieved the mission goal at 20:51, neutralizing the threat.

20:36、暫定機動部隊イプシロン-33はシークレットサービス職員に扮してホワイトハウスへ侵入、脅威の無力化という任務目標を20:51に達成しました。

At 20:52, The COEWS detected that SCP-5092-1 had dematerialized. At 20:53, the O5 council voted 13-0 to end the code black emergency and Protocol 34.

20:52、COEWSがSCP-5092-1の非実体化を検知しました。20:53、O5評議会は13-0の投票でコード・ブラック緊急事態およびプロトコル34の終結を決定しました。

Following Incident 5092-1-A, SCP-5092 was reclassified and new containment procedures were written, including the creation of Site-143 and MTF Theta-20, tasked with containing SCP-5092.

インシデント5092-1-A以後、SCP-5092は再分類され、新規の収容プロトコルが執筆されました。これはサイト-143の建設・機動部隊シータ-20(SCP-5092の収容を任務とする)の結成を含みます。

Incident 5092-1-B, 2012/6/22

インシデント5092-1-B、2012/6/22

At 19:55, Area-32 reported to Overseer Command that SCP-5092-1 had manifested 81 000km away from Earth and would collide in 1hr and 15m at 21:10.

19:55、SCP-5092-1が地球から81000km離れた位置に出現し、1時間15分後の21:10に地球に衝突する旨をエリア-32が監督司令部に報告しました。

At 19:57, Overseer Command declared a code black emergency and enacted Protocol 34. (Protocol 27 could not be enacted due to the lack of notice to the object's arrival). At 19:58, Theta-20 Agents attempted and failed to contact the President.

19:57、監督司令部はコード・ブラック緊急事態を宣言し、プロトコル34を発動しました(オブジェクトの到達までに発動の通告時間がなかったため、プロトコル27の発動は不可能でした)。19:58、シータ-20エージェントが大統領との接触を試みたものの、失敗しました。

At 20:15, MTF Theta-20 successfully neutralized the threat.

20:15、機動部隊シータ-20は脅威の無力化に成功しました。


At 20:17, The COEWS detected that SCP-5092-1 had dematerialized. At 20:18, Overseer Command declared the end of the code black emergency and Protocol 34.

20:17、COEWSがSCP-5092-1の非実体化を検知しました。20:18、監督司令部はコード・ブラック緊急事態およびプロトコル34の終結を宣言しました。

Following the events of Incident 5092-1-B, the use of T-128C for the purpose of inciting unconscious nasal rubbing was discontinued in favor of more reliable methods.

インシデント5092-1-Bで発生したイベント以後、無意識下で鼻を擦るよう誘導する目的でのT-128Cの使用は、より信頼性の高い方法が選択されるようになったために停止されました。

Additional Data:

追加データ:

Note: Two months after Incident 5092-1-B, a newly engineered meme, designed to make its host scratch their nose at 19:53, was transmitted to President Obama. No more 5092-B events occurred for the remainder of Obama's presidency, possibly as a result of the meme.

注: インシデント5092-1-Bの2ヶ月後、ホストに19:53に鼻を掻かせるように新しく設計されたミームがオバマ大統領に送信されました。オバマ大統領の残りの任期中、恐らく同ミームのためにさらなる5092-Bイベントは発生しませんでした。

Incident 5092-1-C, 2020/5/29

インシデント5092-1-C、2020/5/29

At 20:54, The COEWS detected that SCP-5092-1 had manifested 59 400km away from Earth and would collide in 55m at 20:49. At 19:55, Overseer Command declared a code black emergency and enacted Protocol 34. (Protocol 27 could not be enacted due to the lack of notice to the object's arrival).

19:5414、SCP-5092-1が地球から59400km離れた位置に出現し、55分後の20:49に地球に衝突することをCOEWSが検知しました。19:55、監督司令部はコード・ブラック緊急事態を宣言し、プロトコル34を発動しました(オブジェクトの到達までに発動の通告時間がなかったため、プロトコル27の発動は不可能でした)。

At 19:57, a Theta-20 Agent contacted President Donald Trump and attempted to coax him into scratching his nose.

19:57、シータ20エージェントがドナルド・トランプ大統領に接触し、鼻を擦るよう説得を試みました。

At 20:48, Theta-20 successfully neutralized the threat.

20:48、機動部隊シータ-20は脅威の無力化に成功しました。

At 20:49, The COEWS detected that SCP-5092-1 had dematerialized. At 20:51, Overseer Command declared the end of the code black emergency and Protocol 34.

20:49、COEWSがSCP-5092-1の非実体化を検知しました。20:51、監督司令部はコード・ブラック緊急事態およびプロトコル34の終結を宣言しました。


Addendum 5092-2: Additional Files

補遺5092-2: 追加ファイル

I've attached the following file to this document because I believe it may have some connection to SCP-5092. Further investigation is underway.

SCP-5092との何らかの関係性を持つ可能性があると思われたため、以下のファイルを本文書に添付しています。さらなる調査が進行しています。

- Dr. K. Johnson, Site-18 Administrator

- サイト-18管理官 K. ジョンソン博士

Document 1: Department of Spectral Phenomena Report SE-556

文書1: 霊的現象部門報告書 SE-556



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License