SCP-6725 投稿用

出典: SCP-6725
著者: DrApricusDrApricus
作成日(EN): 2022/08/19
備考: Rev.7(2022/08/20)まで反映。
SCP-6725 - Mind-Blowing Wall Art
SCP-6725 - 精神爆発系壁画アート
Tags: artifact cognitohazard euclid scp stone visual
タグ: 人工 認識災害 euclid scp 岩石 視覚
備考: 訳が不安な部分は緑色で表示しています。

ソース: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Blueskytunnelvision.jpg
ライセンス: CC BY-SA 2.0

タイトル: Tunnel Vision
著作権者: QuesterMark
公開年: 2008年


SCP-6725 投稿用
By: Flips_0122Flips_0122
Published on 04 Sep 2022 06:35
評価: 0+x

What this is

A bunch of miscellaneous CSS 'improvements' that I, CroquemboucheCroquembouche, use on a bunch of pages because I think it makes them easier to deal with.

The changes this component makes are bunch of really trivial modifications to ease the writing experience and to make documenting components/themes a bit easier (which I do a lot). It doesn't change anything about the page visually for the reader — the changes are for the writer.

I wouldn't expect translations of articles that use this component to also use this component, unless the translator likes it and would want to use it anyway.

This component probably won't conflict with other components or themes, and even if it does, it probably won't matter too much.

Usage

On any wiki:

[[include :scp-wiki:component:croqstyle]]

This component is designed to be used on other components. When using on another component, be sure to add this inside the component's [[iftags]] block, so that users of your component are not forced into also using Croqstyle.

Related components

Other personal styling components (which change just a couple things):

Personal styling themes (which are visual overhauls):

CSS changes

Reasonably-sized footnotes

Stops footnotes from being a million miles wide, so that you can actually read them.

.hovertip { max-width: 400px; }

Monospace edit/code

Makes the edit textbox monospace, and also changes all monospace text to Fira Code, the obviously superior monospace font.

@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Fira+Code:wght@400;700&display=swap');
 
:root { --mono-font: "Fira Code", Cousine, monospace; }
#edit-page-textarea, .code pre, .code p, .code, tt, .page-source { font-family: var(--mono-font); }
.code pre * { white-space: pre; }
.code *, .pre * { font-feature-settings: unset; }

Teletype backgrounds

Adds a light grey background to <tt> elements ({{text}}), so code snippets stand out more.

tt {
  background-color: var(--swatch-something-bhl-idk-will-fix-later, #f4f4f4);
  font-size: 85%;
  padding: 0.2em 0.4em;
  margin: 0;
  border-radius: 6px;
}

No more bigfaces

Stops big pictures from appearing when you hover over someone's avatar image, because they're stupid and really annoying and you can just click on them if you want to see the big version.

.avatar-hover { display: none !important; }

Breaky breaky

Any text inside a div with class nobreak has line-wrapping happen between every letter.

.nobreak { word-break: break-all; }

Code colours

Add my terminal's code colours as variables. Maybe I'll change this to a more common terminal theme like Monokai or something at some point, but for now it's just my personal theme, which is derived from Tomorrow Night Eighties.

Also, adding the .terminal class to a fake code block as [[div class="code terminal"]] gives it a sort of pseudo-terminal look with a dark background. Doesn't work with [[code]], because Wikidot inserts a bunch of syntax highlighting that you can't change yourself without a bunch of CSS. Use it for non-[[code]] code snippets only.

Quick tool to colourise a 'standard' Wikidot component usage example with the above vars: link

:root {
  --c-bg: #393939;
  --c-syntax: #e0e0e0;
  --c-comment: #999999;
  --c-error: #f2777a;
  --c-value: #f99157;
  --c-symbol: #ffcc66;
  --c-string: #99cc99;
  --c-operator: #66cccc;
  --c-builtin: #70a7df;
  --c-keyword: #cc99cc;
}
 
.terminal, .terminal > .code {
  color: var(--c-syntax);
  background: var(--c-bg);
  border: 0.4rem solid var(--c-comment);
  border-radius: 1rem;
}

Debug mode

Draw lines around anything inside .debug-mode. The colour of the lines is red but defers to CSS variable --debug-colour.

You can also add div.debug-info.over and div.debug-info.under inside an element to annotate the debug boxes — though you'll need to make sure to leave enough vertical space that the annotation doesn't overlap the thing above or below it.

…like this!

.debug-mode, .debug-mode *, .debug-mode *::before, .debug-mode *::after {
  outline: 1px solid var(--debug-colour, red);
  position: relative;
}
.debug-info {
  position: absolute;
  left: 50%;
  transform: translateX(-50%);
  font-family: 'Fira Code', monospace;
  font-size: 1rem;
  white-space: nowrap;
}
.debug-info.over { top: -2.5rem; }
.debug-info.under { bottom: -2.5rem; }
.debug-info p { margin: 0; }
/* source: http://ah-sandbox.wikidot.com/component:collapsible-sidebar-x1 */
 
#top-bar .open-menu a {
        position: fixed;
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
        z-index: 5;
        font-family: 'Nanum Gothic', san-serif;
        font-size: 30px;
        font-weight: 700;
        width: 30px;
        height: 30px;
        line-height: 0.9em;
        text-align: center;
        border: 0.2em solid #888;
        background-color: #fff;
        border-radius: 3em;
        color: #888;
}
 
@media (min-width: 768px) {
 
    #top-bar .mobile-top-bar {
        display: block;
    }
 
    #top-bar .mobile-top-bar li {
        display: none;
    }
 
    #main-content {
        max-width: 708px;
        margin: 0 auto;
        padding: 0;
        transition: max-width 0.2s ease-in-out;
    }
 
    #side-bar {
        display: block;
        position: fixed;
        top: 0;
        left: -20em;
        width: 17.75em;
        height: 100%;
        margin: 0;
        overflow-y: auto;
        z-index: 10;
        padding: 1em 1em 0 1em;
        background-color: rgba(0,0,0,0.1);
        transition: left 0.4s ease-in-out;
 
        scrollbar-width: thin;
    }
 
    #side-bar:target {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within:not(:target) {
        left: 0;
    }
 
    #side-bar:target .close-menu {
        display: block;
        position: fixed;
        width: 100%;
        height: 100%;
        top: 0;
        left: 0;
        margin-left: 19.75em;
        opacity: 0;
        z-index: -1;
        visibility: visible;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu { display: none; }
 
    #top-bar .open-menu a:hover {
        text-decoration: none;
    }
 
    /* FIREFOX-SPECIFIC COMPATIBILITY METHOD */
    @supports (-moz-appearance:none) {
    #top-bar .open-menu a {
        pointer-events: none;
    }
    #side-bar:not(:target) .close-menu {
        display: block;
        pointer-events: none;
        user-select: none;
    }
 
    /* This pseudo-element is meant to overlay the regular sidebar button
    so the fixed positioning (top, left, right and/or bottom) has to match */
 
    #side-bar .close-menu::before {
        content: "";
        position: fixed;
        z-index: 5;
        display: block;
 
        top: 0.5em;
        left: 0.5em;
 
        border: 0.2em solid transparent;
        width: 30px;
        height: 30px;
        font-size: 30px;
        line-height: 0.9em;
 
        pointer-events: all;
        cursor: pointer;
    }
    #side-bar:focus-within {
        left: 0;
    }
    #side-bar:focus-within .close-menu::before {
        pointer-events: none;
    }
    }
}

SCP-6725 投稿用
By: DrApricusDrApricus
Published on 19 Aug 2022
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-6725

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-6725はサイト-19の窓のない収容ロッカーに保管されています。職員のロッカーへの進入は禁止されています。

Blueskytunnelvision.png

SCP-6725

説明: SCP-6725はサウスカロライナ州コロンビアに存在した建造物の、トンネルの壁画が描かれた北側の壁面を構成していたコンクリートの瓦礫の集合です。SCP-6725は24/11/13に発生した、SCP-6725を視認したあらゆる人物が即座にSCP-6725への突進を試み始めるという一連の事象の後にその指定を与えられました。この事象はグリニッジ標準時09:14に開始し、11:29頃に工作員による鎮静化がなされるまで継続しました。

事象はSCP-6725の向かいに設置されていたCCTVカメラによって捕捉されていました。加えて、多数の報道機関及び民間人がインシデントの映像を撮影しました。編纂された事象の大まかなタイムラインが以下で参照可能です。

時刻 進行
09:14 壁面が前兆なく異常特性を獲得する。付近の歩行者がSCP-6725に衝突しようとし始める。目撃者はSCP-6725に向かって走り出し、他の曝露者の上に折り重なる。SCP-6725の近隣の建造物を退出し、SCP-6725に向かって走る人々も確認できる。
09:21 感謝祭を祝うパレードの観衆や参加者が居場所を離れ、壁に向かって走り出している。曝露者の数はおよそ60~70人を数え、人の山が形成され始めている。財団エージェントが進行中のインシデントについての警告を受け取り、機動部隊ガンマ-40の2部隊が事態の調査のために派遣される。
09:34 曝露者の山 ― その殆どが意識を失っている ― が高さおよそ5 mに達する。道路を走ってきたトラックが加速し、山に突っ込む。この衝突により、300人ほどの曝露者のうち50人以上が死亡する。別の数台の車両も山に突進し、うち1台は山を駆け上って移動できない状態に陥る。
09:48 600人ほどの曝露者の山は今や建物よりも高く積み上がっており、その屋上を覆い始めている。2台の自動車 ― いずれも山の深部に位置する ― が衝突し、火の手が上がる。正確な原因は不明だが、片方の自動車のガソリンタンクが爆発したものと推測される。数分以内に火災は山の大部分を飲み込む。
09:55 ニューヨーク州発ジョージア州行の航空便がサウスカロライナ州エルジン上空を通過する。報道機関はこの時点で事件現場に到着している。火災は建物全体を飲み込んでおり、現地の消防署には直前の10分間で83件を超える通報が行われている。
10:08 ガンマ-40部隊が現場に到着し、第1隊が外側を向いた状態でSCP-6725を取り巻く半円を形作る。第2隊は無標示のヘリコプターでエリアを周回する。壁への突進を試みている人物らは機動部隊に気付いていないようであり、部隊の側をそのまま徒歩や車両で通り過ぎている。機動部隊との連絡は、射殺の許可が工作員に下りた後に途絶する。CCTVは機動部隊がライフルを投げ捨て、炎の中に飛び込んでいく様子を捉えている。
10:21 偵察チームがアノマリーは視覚ベースの災害であると推測し、機動部隊が視覚を遮断した状態で活動可能なように該当地点の地図グリッドを作成中である。視覚遮断状態での戦闘や作戦行動に特化した機動部隊である機動部隊-タウ-19の1隊が召集される。
10:34 タウ-19が現場に到着したことにより、町内に続く、もしくは町内を通過する主要な道路が工事中と表示されるように町内のデジタル地図が更新される。前述した航空機が市の空域に進入する。SCP-6725に繋がっている建造物はアノマリーの曝露者に完全に取り囲まれており、火災が周囲の建造物に広がり始めている。
10:41 航空便を運行する航空会社が、便が予定航路を外れたことを認める。便は即座にSCP-6725に向かって急降下を開始し、建造物に墜落して甚大な損傷を引き起こす。これによりアノマリーは事実上瓦礫にまで破砕される。炎の中の人物がSCP-6725の破片を拾い上げて頭部を破片に叩き付けている様子が視認できることから、これにもかかわらず異常影響が残存していることが確認できる。機体の墜落は市内の多数の人物によって撮影される。民間人のSCP-6725に対するこれ以上の干渉を防ぐため、エリアの周囲に航空機によって壁を建設することが決定される。
10:52 応援部隊2隊が到着し、SCP-6725と周囲の建造物群を取り囲むように一連の壁を投下したことにより、ガンマ-40の第2隊が撤収する。タウ-19は仮設の壁を損傷させようと試みる人物に対する致死的武力の行使を許可されている。さらに、応援部隊は消火剤による火災の消火を開始している。
11:17 群衆整理担当のエージェントらがニュースキャスターや目撃者の現状の評価に配備される一方で、デジタル情報抹消担当のエージェントらはインシデント情報のインターネットからの消去を開始する。市に対する大規模記憶処理が承認される。
11:29 残るSCP-6725曝露者が無力化される。視覚を遮断した工作員によりSCP-6725の残骸が収集されたため、群衆整理担当のエージェントが撤収する。報告によればタウ-19工作員は、火災によって死亡せず、瓦礫に頭部を打ち付け続けていた人物らからSCP-6725の破片を奪取しなければならなかったとされる。1時間後、クラスA記憶処理薬からなるガス弾が複数回にわたって市の上空で投下される。

SCP-6725の残骸に対する解析により、瓦礫のもつ異常性はインシデント中を通して持続しており、終息後も残存していたことが判明しています。SCP-6725の破片のいずれかに対する直接の視認は、ミーム的効果を発生させるトリガーであり続けています。

インシデントのおよそ2ヶ月後、現地当局はSCP-6725の小片を視認したことにより膝立ちの状態で頭部を歩道に強打し続けているところを発見された男性を取り押さえました。結果として破片は男性の額の創傷に埋まった状態となっており、男性は興奮状態で頭部を任意の表面に強打しようとするようになっていました。

SCP-6725の性質に関する情報の不足により、SCP-6725はオブジェクト分類Euclidを維持し続けています。幅0.15 cmの破片ですら異常性を発揮することが示されているため、SCP-6725が存在していた街路の集中的な清掃が定期的に行われています。


この著者の他の作品はこちらから!


ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License