SCP-3767 - 超過手荷物料金

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-3767
著者: Captain KirbyCaptain Kirby
作成日(EN): 2018/04/27
SCP-3767 - Additional Baggage Fee
SCP-3767 - 超過手荷物料金
Tags: _cc ectoentropic euclid scp telekinetic uncontained vehicle
タグ: en euclid scp 乗り物 外部エントロピー 念力 未収容

ソース: http://scp-jp-storage.wikidot.com/file:5477413-33-4beo
ライセンス: CC BY-SA 4.0

タイトル: 紫雲
著作権者: Flips_0122
公開年: 2022年
補足: 元記事の画像のライセンス表記が確認できないために訳者が作成した代替画像です。
以下の画像を元に作成しました。

作品名: File:Sunrise Wing.jpg
作者: Sean Glossop
作品へのリンク: https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sunrise_Wing.jpg
ライセンス: CC BY-SA 4.0
公開年: 2020年


評価: 0+x
PurpleCloud.jpg

The onset of SCP-3767/発生初期のSCP-3767

Item #: SCP-3767

アイテム番号: SCP-3767

Object Class: Euclid

:オブジェクトクラス: Euclid

Special Containment Procedures: Personnel embedded in United Airlines are to discourage, disrupt, and sabotage all attempts to overbook flights from Newark to Houston. Should an overbooked flight depart, Foundation personnel are to detain all passengers to administer Class-B amnestics before allowing them to disembark. Should personnel locate an individual not on the original flight manifest, they are to be detained and directed to a nearby Foundation site for further containment.

特別収容プロトコル: ユナイテッド航空に潜入している職員は、ニューアーク発ヒューストン行の航空便において過剰予約を行おうとするあらゆる試みを阻止、中断、妨害します。万一過剰予約が行われた便が出発した場合、財団職員が乗客全員を降機前に拘留し、クラスB記憶処理を施します。本来の乗客名簿に記載されていない人物を職員が発見した場合、該当する人物は拘束され、以降の収容を行うために付近の財団サイトに移送されます。

Experimentation requiring overbooked flights may be scheduled under approval from SCP-3767 project head.

過剰予約の航空便を必要とする実験は、SCP-3767プロジェクト主任の承認を得れば計画が可能です。

Description: SCP-3767 refers to an anomalous phenomenon that occurs on overbooked United Airlines flights from Newark, New Jersey to Houston, Texas. SCP-3767 occurs approximately twenty minutes after the airplane reaches cruising altitude. The onset is indicated by a change in the color of the sky, as it will appear to take on a dark shade of purple1. This begins at the horizon, and spreads upwards. Once the sky has changed colors entirely2, the plane stops all translational movement, and enters a slowed free fall3. During this descent, the plane remains parallel to the ground, and the sky appears to grow red.

説明: SCP-3767はユナイテッド航空のニュージャージー州ニューアーク発テキサス州ヒューストン行の航空便において、過剰予約が行われた際に発生する異常現象です。SCP-3767は航空機が巡航高度に達したおよそ20分後に発生します。現象の開始は空の色が紫色の暗い影を帯びるように変化する4ことから察知することが可能です。この変化は地平線から始まり、上方向へ広がっていきます。空の色が完全に変化する5と、機体があらゆる並進運動を停止し、低速での自由落下6を開始します。この降下の間を通して機体は地面に平行な状態を維持するほか、空は赤色に変化するように観察されます。

At this point, a feminine voice with a British accent will speak through the plane's speaker system. This voice will declare that an extra passenger is on board and is weighing down the plane. The voice then states that this extra passenger must be removed in order for the plane to regain lift. Video procured during testing shows that an additional passenger is indeed on board. It is unknown at what point this individual appears.

この時点で、イギリス式アクセントを使用する女性的な声が機内のスピーカーシステムを通して放送を行います。この声は、余分な乗客が1名搭乗しており、その重量によって機体が下降していると宣言します。声は続いて、機体を再び上昇させるためには問題の余分な乗客を排除する必要がある旨を告げます。実験中に取得された映像は、実際に追加の乗客1名が搭乗していることを示しています。この人物がどの時点で出現するのかは不明です。

After an individual has been removed from the plane, free fall will cease, and the pilot will return the plane to cruising altitude. Ejecting this individual from the plane does not cause the cabin to undergo decompression. As the plane ascends, the sky will return to its original color. Searches of the area where the ejected individual was predicted to land have failed to locate said individual.

人間1名が機内から排除されると自由落下は停止し、操縦士は航空機を巡航高度に戻します。この人物を機内から放出することにより客室に減圧が発生することはありません。航空機が上昇するにつれて空は本来の色に戻ります。放出された人物が落下したと予測される区域の捜索では、当該人物は発見されていません。

Passengers aboard the flight are able to recall the events that take place during SCP-3767, but only when prompted. However, they are unable to comprehend the abnormality of the event.

航空便に搭乗していた乗客らは、切っ掛けを与えられた場合に限りSCP-3767の期間中に発生した事象を思い出すことができます。しかし、乗客らは事象の異常性を理解することはできません。しかし、乗客らが事象の異常性を理解することはできません。

In 78% of recorded cases, the passengers collectively decide on an individual to remove, who is then ejected through the airlock. In 21% of cases, an individual removes themselves from the plane. See Addendum SCP-3767-1 for details on the remaining case.

記録されているケースのうち78%では乗客らが集団となって排除される人物を決定し、決定された人物がその後気密室から放出されます。ケースのうち21%では乗客のうち1名が自発的に機外へ去ります。残るケースの詳細については補遺 SCP-3767-1を参照してください。

In 63% of cases, one passenger on the original manifest will be reported as missing after the event, despite the same number of people getting on and off the plane.

ケースのうち63%で、本来の乗客名簿に記載された乗客のうち1名が事象発生後に行方不明になっています。しかし、旅客機に搭乗した人物と降機した人物の数は同一です。

Addendum SCP-3767-1: On 05/10/2016, The Foundation sent D-3114 to observe SCP-3767 on flight 3552. When D-3114 landed, all individuals on the original manifest were accounted for. SCP-3767 proceeded as normal, until the passengers attempted to decide who to eject from the flight:

補遺 SCP-3767-1: 2016/05/10、財団はSCP-3767の観察のためにD-3114を3552便に搭乗させました。D-3114が着陸した際、本来の乗客名簿に記載された人物全員の存在が確認されました。SCP-3767は乗客らが機内から放出する人物を決定するまでは通常通りに進行していました。

The flight landed on time, and all passengers exited the plane. Inspection of D-3114's camera showed no malfunction. When questioned about the conclusion of the argument, D-3114 failed to recall any specifics.

同便は定刻通りに着陸し、乗客全員が降機しました。D-3114のカメラを検査した結果、故障は見受けられませんでした。口論の結末について質問されたD-3114はあらゆる詳細を思い出すことができませんでした。

Two days later, The Foundation received reports of an aircraft matching the plane from flight 3552 appearing in the Cherokee National Forest, TN. The plane itself was largely undamaged, but all passengers inside had expired from blunt trauma that would be caused by impacting the ground at terminal velocity.

2日後、財団はテネシー州のチェロキー国有林に3552便のものに一致する航空機が出現したという報告を受けました。航空機そのものには概ね損傷はありませんでしたが、内部の乗客は終端速度で地面に激突したことが原因と考えられる鈍的外傷により全員が死亡していました。

All passengers from the original manifest were present, as well as an additional unidentified male child. Autopsy of this individual showed that its insides consisted of partially eaten pretzel snacks, airplane safety cards, and emergency floatation devices.

機内には本来の乗客名簿に記載された乗客全員に加え、未特定の男児1名が存在していました。この人物の解剖の結果、その体内は部分的に摂食されたプレッツェル、航空機に設置される安全のしおり、非常時用救命胴衣で構成されていたことが判明しました。

X-ray scans of the living D-3114 in Foundation custody yielded similar results.

財団が拘留中の生存しているD-3114にX線検査を行ったところ、同様の結果が得られました。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License