SCP-6692 - 𝐌𝐈𝐒𝐒ILE

現在このページの批評は中断しています。

出典: SCP-6692
著者: GreenWolfGreenWolf
作成日(EN): 2022/01/18
SCP-6692 - 𝐌𝐈𝐒𝐒ILE
SCP-6692 - ミスァイル
Tags: co-authored infohazard language meta probability scp thaumiel transfiguration
タグ: en scp thaumiel メタ 共著 変容 情報災害 確率 言語

評価: 0+x

アイテム番号: SCP-6692 Level 2/6692
オブジェクトクラス: Keter Thaumiel Classified

Special Containment Procedures:
特別収容プロトコル:

Research and investigation into SCP-6692 manifestations are ongoing. Verbal/written orders that contain terms such as "missile" and "small arms" are to be rescinded and altered to prevent potential collateral damage to Foundation operations.

SCP-6692顕現事象についての研究と調査が進められています。「ミサイル」や「小火器」などといった用語を含む口頭/書面上の命令は、財団による軍事作戦への巻き添え被害を防止するために撤回や改変が行われます。


Description:
説明:

SCP-6692 is a series of semantic manifestations occurring throughout Site-81 and Site-118, which predominantly affect words pertaining to weaponry, rendering them ineffective when commanded either verbally or through written documentation. The anomaly itself has been observed in 73% of all instances relating to terms affected by SCP-6692, causing considerable damage to Foundation property and personnel and thus prompting further containment protocols. It is believed that a malicious Foundation thaumaturge is responsible for this phenomenon, although their whereabouts have yet to be ascertained.

SCP-6692はサイト-81およびサイト-118の全域で連続して発生している意味論的顕現です。主に武器類に関連する語句に影響を及ぼし、口頭もしくは文書によって指令が行われた際に該当する武器類を無効化します。アノマリー自体はSCP-6692の影響を受けた用語に関連する全対象の73%で確認されており、財団資産及び職員に重大な損害を与えています。これにより、さらなる収容プロトコルの実施が促される結果となりました。本現象は財団に対して悪意を持つ奇跡術師に起因すると思われるものの、その所在は未だ特定されていません。


Addendum 01: Affected Nomenclature
補遺01: 影響を受けた用語

The following words have been discovered to be affected by SCP-6692, and recommended changes to be made when these words are not in-use.

以下の語句はSCP-6692の影響を受けていることが判明している語句です。横にはそれらを使用しない場合に推奨される変更後の語句が併記されています。

Affected Word Recommended Changes Description
missile armed projectile/hittile Accidentally discovered following decommissioning efforts of an anomaly when Captain Andy Wagner of the SCPS Voyager commanded his team to deploy armed projectiles against the target. When these armed projectiles inadvertently diverted off-course, Cpt. Wagner jokingly requested that the crew used "Hit-tiles" against the target. The subsequent deployment of hittiles precisely impacted the anomaly.
harpoon barbed spear While attempting to use the equipment on the Icelander Travesty ship, Foundation personnel reported that all available barbed spears were replaced with brass objects that emanated a "pleasant" sound according to eyewitnesses. Foundation personnel would later scrap these objects for their material, selling it to advance funding for underdeveloped Sites.
boomerang thrown tool Refer to Anomalous Event 6691-1.
heavy weapons crew-served weapons Site-118's crew-served weapons became impossible to operate due to their increased weight.
small arms portable guns Ordered by MTF-Epsilon 35 ("Ball Busters") Squadron Leader Randy Charles, MTF agents reported a drastic alteration to their arms and body, with measurements reporting that the arm-spans of all MTF-Epsilon 35 members had shrunk over 40%. X-ray scanning indicated that the muscular and bone structure of these MTF members had strengthened immensely. This process is currently being used as a physical enhancement for MTF members.
assault aggravated attack During an aggravated attack amongst Researcher Devin Collins and Daniel Ashenworth, Rs. Collins was suddenly stripped of all clothing and displaced with a single grain of salt recovered from his home. This would later be used as an emergency escape method for untrained personnel.
bullet ammunition Foundation personnel utilizing portable guns during this time were ineffective at harming enemy combatants. All stray rounds would later impact a nearby cattle farm, in which a single bull was reported as the sole casualty.
firearms guns/weapons Foundation weapon specialist J. A. Leigh-Tedd's arms were officially posted to the master list of employees and subsequently removed. Standard severance pay was administered to both arms for their service.
bazooka rocket launcher While attempting to use the rocket launcher, MTF agents were unable to fire projectiles from the weapon. Instead, large beehives were ejected. Of note was the considerable "buzzing" sound that emanated from the weapons themselves. Foundation personnel would later find this effective as a sabotage method, allowing enemy combatants to take defective rocket launchers in order to use against the Foundation.
light weapons man-portable system During a requisition request by MTF-Mu 9 ("Mission: Possible") for backup as they only had man-portable systems, the density of all Foundation-supplied weapons to the MTF immediately decreased despite their mass and floated into the atmosphere. The weapons have not been recovered.
mission hitton Foundation databases reported a 96% increase of successful MTF deployments following the introduction of the newly suggested word.
影響を受けた語句 推奨される語句 概要
ミサイルmissile 武装投射体armed projectile/ヒッティルhittile とあるアノマリーの解体にあたり、SCPS ボイジャーのアンディ・ワグナー艦長が標的に向けて武装投射体を配備するよう命令した際に偶然発見。これらの武装投射体が意図せず弾道を変えたのを受けて、ワグナー艦長は冗談半分で標的に対し「ヒッティルhit-tile」を使用するよう要請した。続いてヒッティルを配備したところ、正確にアノマリーに命中した。
銛harpoon 顎付槍barbed spear 船舶アイスランダー・トラベスティ号の備品を使用しようと試みた財団職員が、使用可能な全ての顎付槍が真鍮製の物体に置換されたことを報告した。これらの物体は、目撃者によれば「心地良い」音を発していたとされる。財団職員は後にこれらの物体を解体し、開発中のサイトの資金調達を促進するためにその材料を売却した。
ブーメランboomerang 投擲器具thrown tool 異常事象6691-1を参照1。
重火器heavy weapons 集団操作武器crew-served weapons サイト-118の集団操作武器は重量増加のために使用不能となった。
小火器small arms 携帯銃portable guns 機動部隊イプシロン-35 ("玉潰し")のランディ・チャールズ少佐の命令を受けた機動部隊エージェントらが、腕armsと体に劇的な変化が発生したことを報告した。測定結果によれば、機動部隊イプシロン-35の全隊員の両手を広げた幅は40%以上縮小した。X線検査の結果、前記の機動部隊隊員らの筋組織と骨構造が大きく強化されたことが判明した。このプロセスは現在機動部隊隊員の肉体強化に利用されている。
暴行assault 加重攻撃aggravated attack デビン・コリンズ研究員とダニエル・アシェンワースとの間で発生した加重攻撃の最中に突如コリンズ研究員の全ての衣服が剝ぎ取られ、彼の自宅から回収された食塩1粒a saltに置換された。これは後に非訓練職員用の緊急脱出法として使用された。
銃弾bullet 弾薬ammunition この間に携帯銃を使用した財団職員は敵対組織の戦闘員を負傷させることが不可能となった。外れた弾丸は全て付近の牛牧場に命中したが、死亡したことが報告されたのは1頭の雄牛bullのみだった。
火器firearms 銃器guns/武器weapons 財団武器スペシャリストJ. A. リー=テッドの腕が正式に従業員のマスターリストに掲載され、続いて削除された。両腕にはその業績を評価して標準的な退職金が支払われた。
バズーカbazooka ロケットランチャーrocket launcher ロケットランチャーを使用しようと試みた機動部隊エージェントらは噴進弾を銃器から発射することができなかった。代わりに、大規模なミツバチの群れが排出された。特筆すべきは銃器そのものから発せられた激しいハチの羽音buzzing soundである。財団職員は後に、敵対組織の戦闘員が財団に使用するロケットランチャーを正常に機能しない状態にできることから、これが妨害工作として有効であることを発見した。
軽火器light weapons 携帯式システムman-portable system 機動部隊ミュー-9 ("ミッション: ポッシブル")が、装備が携帯式システムのみであることを理由に応援を要請していた最中に、機動部隊が所持していた財団支給武器の密度がその重量に反して急激に低下し、大気中に浮揚した。武器は現在も回収されていない。
任務mission 成務hitton 財団データベースの報告によれば、新規に提案された単語の導入以降機動部隊展開の成功数が96%増加している。



ERROR

The Flips_0122's portal does not exist.


エラー: Flips_0122のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5477413 ( 10 Jul 2019 10:56 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License