わたしはあいのきゅーぴっと!

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

予定タグ:感情 酩酊街 植物

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはその特性から発生位置の特定が不可能なため、収容は極めて困難です。SCP-XXXX-JPが発生した場合は周辺住民にクラスB記憶処理を行い、カバーストーリー「落雷」を流布する事で対処してください。また、実験を行う際はクリアランス3以上の担当研究員3名以上の許可が必要となっています。現在実験は無期限の中止となっています。詳細は補遺2を参照してください。

説明: SCP-XXXX-JPは未婚の男女がすれ違った時、両者が交差した地点に光速に近い速度で物体が落ちてくる現象です。SCP-XXXX-JPは半径1km以内の人工物外に対象となる男女2名以外の人間が存在しない場合、ごく稀に発生します。また、SCP-XXXX-JPで上空から落ちてきた物体(SCP-XXXX-JP-1)は空気を除く別の物体に触れた瞬間消失するため、SCP-XXXX-JP-1の特定は現在まで成功していません。なお、SCP-XXXX-JPが発生した時、音を除く本来発生するはずの衝撃波や亜音速による核爆発等の物体への影響は確認されず、周囲に痕跡が残ることはありません。

発見経緯: SCP-XXXX-JPはネット掲示板上の「恋人を作る方法」というスレッドに掲載されたSCP-XXXX-JPの発生条件、及び口コミが財団の注意を惹き、サイト-81██による██████回の検証によって発見に至りました。発生条件の書き込みを行ったアカウントのIPアドレス調査は、島根県北部の廃村を示す結果に終わっています1

補遺1: 以下はサイト-81██内で行われたSCP-XXXX-JPの発生に関する実験記録です。今実験は主にSCP-XXXX-JPの発生条件の確認を目的とし、SCP-XXXX-JPが発生するまで最低█████回行う事とする。

実験記録-い

日付: 19██/9/22、午前と午後に開始

目的: 時間帯によるSCP-XXXX-JPの発生の有無

対象: D-22466(男性、24歳)とD-111238(女性、68歳)

実施方法: サイト-81██の屋外運動場の中心をお互いが交差するように歩かせる。なお、対象の2名にはSCP-XXXX-JPの異常性を知らずに実験に参加させる。

結果: 2回行われた実験の両方でSCP-XXXX-JPが発生、対象の2名が交差した地点で発生した爆音に気づき、交差地点へ振り向いた。この実験により元々異常性だと考えられていた対象が振り向く行動は音に反応していただけだと確認された。

追記: 録画機器を確認したところ、発生していた音はSCP-XXXX-JP-1から発生する音だと判明しました。しかし、SCP-XXXX-JP-1は光速に近い速度で落下しているため、本来は実験で発生した音よりはるかに大きい音を発生させるはずですが、確認されたSCP-XXXX-JP-1が発生させる音は140dB程度でした。

実験記録-は

日付: 19██/9/25.25:30開始

対象: D-68223(男性、27歳)とD-111238(女性、68歳)

目的: 同性の対象によるSCP-XXXX-JPの発生の有無

実施方法: サイト-81██の屋外運動場の中心をお互いが交差するように歩かせる。この時交差予定地点にD-22466を配置する。

結果: SCP-XXXX-JPの発生は確認されなかった。

実験記録-へ

日付: 19██/10/3.0:00開始

対象: D-68223とD-111238

目的: 人工物内の人間が交差予定地点付近にいる場合のSCP-XXXX-JPの発生の有無

実施方法: サイト-81██の屋外運動場の中心をお互いが交差するように歩かせる。この時の交差予定位置から10m離れた位置にプレハブを建築し、D-22466を配置し、交差予定位置を監視させる。

結果: お互いが交差した後、SCP-XXXX-JPが発生、対象の2名が交差した地点へ振り向き、会釈を行った。

実験記録-と

日付: 19██/10/8.0:00開始

対象: 5年以上の恋愛関係があるサイト-81██の男性職員と女性研究員

目的: 元々関係のある男女が対象となる場合のSCP-XXXX-JPの発生の有無

実施方法: サイト-81██の屋外運動場の中心をお互いが交差するように歩かせる。なお、対象の2名はSCP-XXXX-JPの異常性を知った状態で実験に参加している。

結果: お互いが交差した後、SCP-XXXX-JPが発生、対象である2名は交差した地点へ振り向いた。

追記: 実験の対象となった2名が1ヵ月後に別れている事が判明しました。対象にインタビューを行ったところお互いに「相手への興味が冷めた」と発言しています。SCP-XXXX-JPによる影響かどうかは調査中です。現在SCP-XXXX-JPの実験は禁止されています。詳細は補遺2を参照。

補遺2: 実験記録-ちで実験対象となったD-111238がSCP-XXXX-JPによって死亡しました。今実験結果から、これ以上のSCP-XXXX-JPの発生はSCP-XXXX-JPの危険性を高める原因となるため、無期限の実験中止がSCP-XXXX-JP担当研究員より提言されました。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The potetono_NOTO's portal does not exist.


エラー: potetono_NOTOのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5464444 ( 07 Jul 2019 12:53 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License