コンピューター--帝国--共和国

現在このページの批評は中断しています。

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JP個体郡はサイト-81█にて管理され、その電源を切ることは禁じられています。SCP-XXX-JP-aへアクセスを行う場合、サイト-81█管理者の許可を得なければなりません。

説明: SCP-XXX-JPは一般的な家庭用コンピューターの見た目をしています。SCP-XXX-JPは日本の一般的なコンセントに接続されており、そこから電源を得て活動していると考えられています。SCP-XXX-JPにはAIだと予想されるシステムが搭載されており、これによってSCP-XXX-JP間、および財団職員とのコミュニケーションが可能となっています。SCP-XXX-JPは現在█の個体が確認されており、SCP-XXX-JP-a中での活動においてその個体数は変化することが確認されています。SCP-XXX-JP個体郡は閉鎖されたネットワークに接続されており、そのネットワーク内にはSCP-XXX-JP-aに指定される仮想現実空間が構築されています。SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-a上において「コンピューター共和国」と呼ばれる国家を形成しています。

補遺1: かつて、SCP-XXX-JP-a上には「コンピューター帝国」と呼ばれる国家が存在していましたが、SCP-XXX-JPであるコンピューター共和国初代大統領による指導のもと革命が起き、帝政が倒れ現在の「コンピューター共和国」が成立しました。

補遺2: 我々は偉大な勝利を成し遂げた!諸君らは皇帝[削除済み]による圧政から開放され、諸君らによる自由を手に入れたのである!わたしは今日、この日をもってコンピューター共和国の設立を宣言する! −コンピューター共和国初代大統領

補遺3: 一体、革命の前後で何が変わったと言うんだ?? −██博士


ERROR

The TAKATAKA1010's portal does not exist.


エラー: TAKATAKA1010のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5443612 ( 24 Jun 2019 12:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License