本船は、貴船との通信を求める。

このページの批評は終了しました。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-81██内にある穴星博士の自室にあるテーブルの上に設置された、10cm×10cm×10cmの透明な強化プラスチック製の施錠可能な箱内に、洗濯ばさみに垂直に挟んだ状態で固定して収容されます。箱とSCP-XXX-JPを十分に監視できる位置に、小型のカメラを設置して下さい。SCP-XXX-JPの実験やインタビューは、穴星博士の許可の元で行って下さい。

説明: SCP-XXX-JPはつまようじに2.5cm×3cmの紙が糊付けされる形で構成されている、意思を持つ旗です。一般的に流通しているつまようじ、コピー用紙、でんぷん糊と同一の物から出来ています。成分などに変わった点は見られませんが、つまようじと紙部分は糊以外にも未知の力で接着されていると見られ、剥離することは出来ません。経年劣化の兆候は見られず、外傷に対する強い耐性を持っていますが、つまようじの尖った部分が僅かに曲がっていることから破壊自体は不可能でないと推測されています。

SCP-XXX-JPは自身の紙の部分を国際信号旗における文字旗の模様に変えることで、限定的ながら意思疎通が可能です。2字信号や3字信号を表す時は、模様を順番に表示してから白い無地を挟み、また順番に表示するという工程を繰り返します。同じ模様が続く場合には、一瞬白い無地を挟むことで切り替わったことを表します。
例として、SCP-XXX-JPが否定の意を示す時は青と白の市松模様に変わります。これは、1字信号におけるノヴェンバー1の模様と一致します。
また、返答に困ったり躊躇ったりしていると思われる際、SCP-XXX-JPは白い無地の状態を維持します。
SCP-XXX-JPは未知の方法で視覚と聴覚を得ていると見られ、日本語であれば音声や文字を認識する事が出来ます。
SCP-XXX-JPは通常時Xレイ2を示しており、自発的に会話を求める際はキロ3に代わります。

SCP-XXX-JPは、熊本県██市に存在する███公園のベンチの木目に刺さった状態で、休暇中に公園を訪れていた穴星博士により偶然発見されました。
その際SCP-XXX-JPはフォックストロット4を示しており、穴星博士がSCP-XXX-JPに興味を示したところリマ5に変化しました。

その後穴星博士により回収され、SCP-XXX-JPと指定されました。
回収後、SCP-XXX-JPの調査の為穴星博士によるインタビューが行われました。

補遺1: インタビュー後SCP-XXX-JPをロッカーへ移送する途中、SCP-███-JPの収容違反によりサイト-81██の一部が崩壊、水没する事案が発生しました。SCP-███-JPは即座に再収容されましたが、その事案に伴い穴星博士が瓦礫に巻き込まれました。
水が引いた後、瓦礫が散乱し被害者の捜索が難航する中、瓦礫の上でオスカー13を表示しているSCP-XXX-JPが発見されました。木製の洗濯ばさみに挟まれていたことで、瓦礫の上へと浮上できたものと推測されています。
瓦礫の下を捜索したところ、穴星博士が意識不明の状態で発見されました。SCP-XXX-JPは穴星博士の発見直後から、ウィスキー14やアルファとノヴェンバーの組み合わせ15などを繰り返し表示し続けていました。

補遺2: 治療により穴星博士の意識が回復した時、発見時の説明を受けた穴星博士はSCP-XXX-JPとの面会を要求しました。面会は一度は却下されましたが、穴星博士が「私の無事を確認できないことで、SCP-XXX-JPに過度なストレスを与えかねない」と主張し、カメラとスピーカー、モニターを用いた間接的な面会が承認されました。

この事案後、穴星博士は自分の部屋でSCP-XXX-JPを収容したいと申請しました。SCP-XXX-JPが協力的、友好的であることが認められ、強化プラスチックの箱とカメラを用いるという条件の元、申請は承認されました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The An_aster's portal does not exist.


エラー: An_asterのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5436063 ( 28 Jun 2019 14:34 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License