嘘から出たまこと

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは低脅威度物品保管庫にて収容してください。また、SCP-XXX-JPに関する実験は中断されています。続行の予定は未定です。

説明: SCP-XXX-JPは高さ10cm程の瓢箪です。材質、形状は共に一般的な瓢箪と同じですが、『嘘』という文字が彫り込まれています。今までのSCP-XXX-JPに関する実験記録や、オブジェクトが関係する事件から想定される事実は以下の通りです。

SCP-XXX-JPを振ると内部に何かしらの物体が入っているような音がしますが、口を覗き込む、X線などによる内部の確認では空であることがわかっています。また、オブジェクトの口を下に向け数回振ると、オブジェクトから物体(SCP-XXX-JP-A)が排出されます。現在までの実験で確認されたSCP-XXX-JP-Aは以下の通りです。

発見日 SCP-XXX-JP-Aの形状 詳細
20██/██/██ 将棋の駒 ごく普通の将棋の駒です。ただし、表面には『誠』の文字が書かれていました。それ以外に異常性はありません。
同上 チェスの駒 ごく普通のチェスの駒です。駒の下部に『誠』という文字が書かれていました。それ以外に異常性はありません。
同上 木製の独楽 ごく普通の独楽です。面に『誠』という文字が書かれていました。それ以外に異常性はありません。
同上 人体の一部 検査の結果、D-███51とほぼ一致しました。また、D-███5に目立った外傷はありません。
人体の一部 D-███72のものである可能性が高いです。
金属製の鍵 Anormalous-████3の収容室の鍵だと思われます。また、現在オブジェクトの収容違反は発生していません。

事案XXX-a: 20██/██/██にD-████による実験にて、SCP-XXX-JP-Aが排出されない実験結果が得られました。また、同時にこのDクラス職員の雇用前の情報が同実験室にいた職員全員に漏洩する事案が発生し、即座に漏洩に対し、記憶処理等で対策を行い、情報漏洩は最小限に留められました。この事案により、オブジェクトの異常性に、「隠匿された情報を公開する」が指摘されました。

 以下は他に発生した事案です。

発生日 概要 対処
20██/██/██ サイト81XX内にて、オブジェクトの実験中にD-████の雇用情報4が漏洩。また、これにより他のDクラス職員による暴動が発生。Dクラス職員に財団にとって不利益な情報が暴露されたからだと思われる。 サイト81XX全体に記憶処理を行った。
20██/██/██ オブジェクトの実験中に研究員██の雇用情報が漏洩。漏洩した内容には高レベルのセキュリティクリアランスを要するものも含まれ、サイト81XX内では混乱が起こり、上記の事案同様にDクラス職員らによる暴動が発生。 暴露者全員に記憶処理を行った。
  Dクラス職員の再雇用の際、同時刻に行われたオブジェクトの実験により、再び暴露事案が発生。暴露された内容はDクラス職員の雇用について。多数のDクラス職員による暴動が発生。これにより、死者は推定██人、負傷者推定██人。 Dクラス職員には、記憶処理を行う。また、暴動に関しては必要に応じ射殺。
  オブジェクトの輸送中にオブジェクトが転倒し、異常性が発現。これにより財団敷地を超え、民間にも暴露。財団の存在が明るみとなる。 検討中

 以上がオブジェクトの異常性、また、それにより発生した事案、予想される事案です。

ERROR

The Fluid dynamics's portal does not exist.


エラー: Fluid dynamicsのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5435856 ( 11 Mar 2020 00:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License