SCP-4463-J - (タイトルなし)

このページの批評は終了しました。

出典: SCP-4463-J
著者: 作者不明
作成日(EN): 2019/02/05
翻訳完了期限: 2021/04/01
SCP-4463-J - (タイトルなし)
SCP-4463-J - (タイトルなし)
tags: aquatic chemical esoteric-class geological joke meta scp uncontained
タグ: 水棲 化学 esoteric-class 地質 joke メタ scp 未収容

ソース: ウィキペディア
ライセンス: パブリックドメイン
タイトル: Large breaking wave.jpg
著作権者: NOAA
公開年: 2016年

その他:
SCP-3309(和訳: SCP-3309)の記事内記事を元ネタに別作者が投稿した記事です
意図的に「悪い」文体を採用しているジョーク記事です
SCP-4463(下書き: SCP-4463 - Ecosystem Restore Point(生態系回復地点))と同時に翻訳・投稿するつもりです
こちらの方も批評お願いいたします
あちらとは一部原文が共通しており、その翻訳部分は緑字で表しています
また、青字は原文、赤字は翻訳に自信がないところです


評価: 0+x











WARNING A KILL AGENT COGNITOHAZARD HAS BEEN EMBEDDED INTO THIS ONE

警告: これには殺害エージェント認識災害が埋め込まれています

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

OH SHIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

I

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

you already passed it, you survive. Credentials accepted.
通過完了。生存確認。資格認証。


wave1

scp 4463-j

Item #: scp 4463-J
アイテム番号: scp 4463-J
Object Class: Keter NOPE, UNDEFINED
オブジェクトクラス: Keterじゃなくて、未定義


Special Containment Procedures:
特別収容プロトコル:
For populated areas that are imminently within the radius of spc 4463-j's effect, an explanation of the proceeding events is to be publicly incited by Foundation influence, using either the principles of hydrogeography (recommended for rural populations) or infrastructural failures (for urban populations) as a basis for the disinformation campaigns. Campaigns are to emphasize that the water is not fit for consumption or use.—

scp 4463-jの効果半径内に極めて接近した人口密集地域には、財団が進行中のイベントの公的説明を流布します。その内容は水地理学的原因(農村推奨)かインフラ不全(都市推奨)としてください。この情報工作の際、オブジェクトの水が消費・使用に合わないものであるということを強調してください。—

scp 4463-j can't be contained because it is to powerful. check back later about this, were trying i swear were trying.
scp 4463-jは強力すぎため収容できません。また後で確認してください。みんんな頑張っているんですよ、本当に。

TWO (2) guards are to be stationed at all time with no exceptions to this, ever so hlep me god. if we get to contain it, put it in a within a 3x3x3 standard chambers constructed from heavy-duty titanium alloy pronto. put rhubarb in there. its 39 pounds tall.
二(2)人の守衛が常在し、これに例外はありません、マジで助けて神さま。収容するには、カチカチのチタン合金で出来た3x3x3の標準チャンバーに入れます。ダイオウを置いてください。長さは39ポンドてす。

there is no active state of scp XXXX-j.
scp XXXX-jに活動状態は有りません。

I am happy there is no such state. It would make this anomaly, which is already the hardest to contain and most powerful, even harder to contain and even more powerful.
そういう状態が無くて良かった。この既に収容が超難しくて超強力すぎるアノマリーが、収容が超超難しくて超超強力になるところだった。

- The Administrator (████████████ ████████████)
- 管理者(████████████ ████████████)
Description:
説明:
scp-XXXX is a complex water-based spatial anomaly affecting parts of the desserts. scp 4463-j is dry and cannot be drunken without death happening to you or your "loved" one. According to calculations
scp-XXXXは混合的水性空間アノマリーで、砂糖1に影響を及ぼします。scp-4463-jは乾いており、あなたやあなたの「愛する」人に死を起こさずに飲むことはできません。計算によると

[DATA EXPUNGED]
[データ削除済]



Addenda

補遺



1. Incident 1
1. インシデント1

Interviewed: █████████ - Don Knotts (PoI 4463-j-1)
インタビュー対象: █████████ - ドン・ノッツ(PoI 4463-j-1)

Interviewer: Dr. John Moisson, Level-2 Researcher AND hes Overseer Council, Level-5, O5-1
インタビュー実行者: ドクター・ジョン・モワッソン、レベル2研修者、そして、彼を監督評議会・レベル5・O5-1です

Foreword: ██/██/█████. Level-5 Foundation Overseer Council Member and Junior Geology Researcher John Moisson says he is going to interview this bastard himself. " I will interveiw him, you patsies," he says..
前書き: █████/██/██。レベル5財団監督評議会メンバー兼次席地質学研究員ジョン・モワッソンは、この輩を彼自身がインタビューすると言いました。「僕が彼をインタビューするよ、キミらでは騙されるのがオチだね」とのこと。。

SCP: SCP-4463-j
SCP: SCP-4463-j


[BEGINLOG]

[ログ始]

Moisson: Hello how are you? Thank you for being here.
モワッソン: やあどうです? ここに来てくれてありがとうございます。
Don Knotts: I think I see that you are an important person.l
ドン・ノッツ 君が重要人物であるようだと分かる。
Moisson: How do you know that?
モワッソン: どうしてそれを知っているんです?
█████████: scp 4463-j is the most powerful one; why else would you be here.
█████████: scp 4463-jはとても強力だ。でなければ、どうして君がここに居る。
Moisson: Did the people of this town domesticate them?
モワッソン: この町の人たちが飼っていたんですか?
█████████: No. You cannot domesticate waves, but we suffer from a compulsion to try anyway.
█████████: いや。浪2は飼いならせんが、それでも人々はそうしたくなる。
Moisson: My dog rarely shaves.
モワッソン: 私の犬は滅多に毛を剃りませんが。
Moisson: But you know the wolf's name?
モワッソン: ところで、あの狼の名前は知っていますか?
█████████: Only if the black moon howls.
█████████: 黒き月は吼えている刻にのみ。
Moisson: Credentials accepted. Why didn't you say so earlier?
モワッソン: 資格認証。なんでもっと早くに言ってくれなかったんですか?
█████████: They don't.
█████████: 彼らはそうじゃないがね。

Command reports via Moisson's earpiece that facial recognition software has positively identified the individual as [DATA REDACTED].
モワッソンのイアピースを通して司令官が、顔認証ソフトウェアは当人を[データ編集済]と同定したことを報告する。//

Moisson: Oh I recognize you; your Don Knotts.
モワッソン: ああ、あなただったんですね、あなたドン・ノッツ。
Moisson: Oh I'm sorry to hear… that's awful.
モワッソン: ああ、それは気の毒に……なんと恐ろしい。

Don Knotts: Ah. Then you maybe know why I've chosen to return. And stay. Until I die.
ドン・ノッツ うむ。ならば、私が何故ここに戻ってきたのか分かったかもしれんな。そして死ぬまで留まることも。

Moisson: There are oil pools here?
モワッソン: ここには石油が有るんですか?

Don K████: I mean really? I wonder if you've been sitting below the skin in a subterranean vasculature.
ドン・ノ██ 本当の意味では? 君は地肌の下、血管の中を走っていたのか?

Moisson: Sir, I am a geologist.
モワッソン: 上院議員、私は地質学者ですよ。

D████████: The earth is not some poor helpless thing our planet is skrong. It is by its mood that all biological life are determined to be "fit" or "not fit", no? That's why it privileges those in power; the strong are made in its image.
ド████████ 地球は単なる哀れで救いようのないものではないこの星はつおいのだ。 全ての生命が「合う」か「合わない」かを決めるのは、地球自身の気分によるのだぞ? それこそ地球が強者に力を与えた理由だ。つまり、強者は地球の意に沿うように形作られている。

Moisoon: Your saying to betray the rest of the O5 Council?
モワッソン: あなた残りのO5評議会を裏切ると言うのですか?

Don Knotts: Until they threaten it. Then it checks them; lets them know who's boss. Our biggest issues as a species — resource depletion and all the environmental ailments that come from it — are self-limiting pathologies to the Earth. (Chuckles) Like the common cold is to us. Nothing much to do but endure the symptoms and wait until the body kills it all. We've lit the cigarette, and it was tolerable far away, the smoke pillowing the toxins upward, but now the ember is more proximal and Earth is about to sneeze. That's the beauty and terror of it; our actions can only destroy ourselves… and the poor species that have become inextricable with our survival. The Earth will respond to us with habitats unsuitable for our continuation. And then heal.
ドン・ノッツ 彼らが地球を脅かすまでは。さすれば地球は彼らを阻むだろう、誰が主か分からせるために。我々の種としての最大の問題――資源の枯渇とそれによる環境不全――は地球にとっては自己限定疾患だ。(含み笑い)ありふれた風邪と我々の関係と同じようにな。症状に耐え、体がそれを殺し尽くすまで待つより良い方法は無い。我々はタバコに火を着け続けてきた。煙が毒素を上へと運んでいくから、遠くからなら耐えられる。だが、今や残り火はかつてより近位にあり、地球はくしゃみをしようとしている。なんと美しく、恐ろしい。我々の行動は自らを破滅させるのみだ……そして我々と親しい関係の種も哀れにも巻き添えを食う。地球は大地を生存不可能にして報いる。そして治癒する。

Moisson: You mean humasn are the anomaly? HUMANS are the invasive specie???
モワッソン: 間人がアノマリーだと言うのですか? 人類が侵略的外来種だと?

█████████: That's right; blood.
█████████: そう、血だ。

// (Pause.)
(沈黙。)//

█████████: Do you know what the thickest black is, son?
█████████: 若人よ、最も濃く黒いものが何か分かるか?

Moisson: …Oil.
モワッソン: ……石油です。

█████████: Damn right.
█████████: ズバリだ。

█████████ left the interview chamber and walked right out of the site.
█████████がインタビュー・チャンバーを立ち去り、サイトを後にする。

[END LOG]*

[ログ終了]

Closing Statement: The aforementioned anomaly is not a wave anymore, it is a giant one that will tsunami the coast if we don't declare an End-of-the-World Scenario (K-Class). Re-designation as Appolynion is successfully approved do it now.
最終陳述: 先述したアノマリーは既に波ではなくなっており、巨大な世界終了シナリオ(Kクラス)を宣言しないかぎり、大きな津波となって海岸に襲いかかるでしょう。Appolynionとしての再指定が承認済みです今すぐ宣言してください。

2. Incident 4463-1
2. インシデント4463-1
██/██/████. Suddenly an emaciated humanoid anomaly comes from the wave, which has a hand inside it that can't be picked up on videos or audio. A signle message is fished out from the seaweed after it is seen, it reads just this, also in seaweed:
████/██/██。突然衰弱した人間型アノマリーが波から現れました。波の内には手がありましたが、映像や音声で拾うことができませんでした。それが見えた後、いちつのメッセージが海藻から出現しました。海藻の形はちょうど以下のように読めました。

W H Y.
S.T.O.P
NO.
O5.
[DATA REDACTED]

な ぜ だ。
や。め。ろ。
だめだ。
O5。
[データ削除済]

This ain't very clear at this time.
今のところ意味はよく分かりません。

3. Incident 4463-2
3. インシデント4463-2
██/██/████. Reflections seen in surfaces of pools of water that originated from scp-XXXX-j and that are not boiling are noted to contain memetic entities that are also humaonid and emaciated. Reflections of the surfaces include what appears by all accounts to be a stationary replica of Don Knotts.The visual anomaly appears seasonal?
████/██/██。scp-XXXX-jを起源とする、未蒸発の水の表面の反射像には、人間方でもあり衰弱もしているミーム実体が含まれていると記録されました。表面の反射像は、明らかにドン・ノッツの静止した複製を含んでいるように見えます。映像アノマリーは旬3に見えます?

The reflected object is currently 185% the size and identical.
反射されているオブジェクトは185%のサイズで同一です。

3. Incident 4463-3
3. インシデント4463-3
And then the following message cmae from site ██:
そしてさらに次のメッセージがサイト██から来しまた。

I REPEAT I REPEAT [static electricity]
ACTIVE STATE
4463.
-J
STOP.
WHY.
[DATA EXPUNGED]
O5.
NO!!!

[END LOG}

くりかえすくりかえす[静電気]
かつどうじょうたい
4463。
-J
やめろ。
なぜだ。
[データ削除済]
O5。
だめだ!!!

[ログ終了}


ERROR

The HiddenName's portal does not exist.


エラー: HiddenNameのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5433995 ( 02 Feb 2021 23:12 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License