狼は何処ぞ?

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは人体との物理的な接触を防ぐため、強化ボール箱で二重に梱包した上でサイト-81██の中脅威度物品保管室にて収容されます。

SCP-XXX-JPを用いた実験を行う場合、クリアランスレベル3以上の職員が動物性の素材以外で製造された手袋を装着した上でSCP-XXX-JPの持ち出しが許可されます。

説明: SCP-XXX-JPは下顎骨が欠損している成体のニホンオオカミ(学名: Canis lupus hodophilax)の頭蓋骨です。年代調査の結果、SCP-XXX-JPは19世紀後期から20世紀初頭にかけてのものであることが判明しています。SCP-XXX-JPはその状態より栄養失調の傾向にあったことが確認されていますが、右眼窩周辺にヒビが入っていることから直接的な死因は外部からの打撃であると推測されています。

SCP-XXX-JPに直接素肌、もしくは動物性の物品を媒介して触れた人間は8時間から72時間の間にSCP-XXX-JP-1により殺害されます。

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPと

SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JPは対象に対してイヌ科生物に類似した攻撃を行います。その姿が見えないことから突発的に咬傷や引っかき傷、指が切り離されるなどの現象が発生するように見えるため自衛は困難です。これらの攻撃は72時間以内に対象が死亡する、もしくは対象がSCP-XXX-JPに接触してから72時間が経過するまで沈静化することはありません。

対象が72時間以内に死亡しなかった場合、以下の症状を突如発生した後に対象は死亡します。症状の第1段階として対象は声帯へ激しいダメージを負います。対象は発声が困難となり声を使ったコミュニケーションが不可能になります。同時に対象は苦しさから唸り声のような音をたてるようになります。第2段階では腓腹筋の筋組織の破壊が始まり対象は二足歩行を行うことが困難となり自発的に両腕と膝を使った擬似的な四足歩行を行うようになります。第3段階として急激な視力の低下と周囲の人間に対する激しい恐怖感に襲われます。この時点で対象とコミュニケーションを取ることは不可能です。対象はその恐怖感から周囲の人間を自身の歯や爪を用いて積極的に攻撃するようになります。これらの症状は対象が死亡する、もしくは終了させるほかに治療する手段は存在しません。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-27063

実施方法: 一般的なDクラスユニフォームを着用した対象にSCP-XXX-JPを触れさせ隔離室にて放置し、経過を観察する。

結果: SCP-XXX-JPに接触後46時間42分後に死亡。対象は右目に創傷を残し失明、右手の甲に切り傷、左手に4箇所の咬傷を負っている。

確認された部位:

分析: 通常の反応の確認作業と思っていたのですが、衣服を着用していた部分に傷はありませんね。引き続き実験を行います。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-18726

実施方法: Dクラスユニフォームに加え、目出し帽と指ぬきグローブを着用させSCP-XXX-JPに触れさせ隔離室にて経過を観察する。

結果: 接触後72時間が経過した時点で初期症状を発症。発症を確認後終了処分が行われた。回収された対象は両手の指を全て失っている。

確認された部位: 無し

分析:死ぬような外傷は負ってないですからね。やはり肌の露出している箇所を積極的に攻撃するみたいですね。気になるのは噛みちぎられたみたいな痕があるのに対象の指がどこからも見つからなかったんですよね。次は映像に残すことを重視して行いましょう。

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-37469

実施方法: 対象をSCP-XXX-JPに触れさせたのち衣服を没収し隔離室内に放置する。隔離室外から4面の壁それぞれに内側を撮影するように高感度カメラを設置し撮影を行う。

結果: SCP-XXX-JP接触後23時間17分後に死亡。対象は腹部と両腕の第2関節から掌にかけ2cmから31cmの深さ約1cmの複数の切り傷を負っている。記録された映像からは対象がどの方向を向いていても対象の前面より傷が出現しているのが確認されました。
確認された部位:

分析:

実験記録XXX - 日付YYYY/MM/DD

対象: D-25748

実施方法: Dクラスユニフォームを着せた対象をSCP-XXX-JPに触れさせ隔離室に入室させた後、対象の頭部を一般的な拳銃にて撃ち抜き殺害する。

結果:

分析:

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The tatenano's portal does not exist.


エラー: tatenanoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5407119 ( 18 Nov 2019 12:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License