ryuyr-7--e624

アイテム番号: SCP-XXX-QU

オブジェクトクラス: safe Euclid

特別収容プロトコル: 現在までSCP-XXX-QU本体を収容する取り組みは成功していません.本収容プロトコルは,単位取得イベントが発生した際のSCP-XXX-QU-1に対する記憶処理及び情報操作を中心に行われます.SCP-XXX-QU-1に対しては「Moodleの出席登録漏れ」「期末試験での大幅減点」などの適切なカバーストーリーを適用してください.

説明: SCP-XXX-QUは国立大学法人九州大学(GoI-6428)において発生する,実在しない学生の学籍およびそれに関連する複数の文書が発生する異常現象です.現在までデータベース上での学籍の削除及び関連書類の破棄はすべて再びのSCP-XXX-QU発生という結果に終わります.またSCP-XXX-QUは年に4度の九州大学における学期末に,単位取得イベントと呼称される事象を発生させます.
単位取得イベントは,各学期末においてSCP-XXX-QUが1つあるいは複数の授業の単位認定を受けるイベントです.これは本来必要である出席やレポート提出,期末試験などが一切ないにも関わらず行われます.またその際その授業を受講していた学生のうち本来単位を取得できていた学生(以下SCP-XXX-QU-1と呼称)が単位認定不可,いわゆる落単となります.SCP-XXX-QU-1への再度の単位認定の試みは現在まで成功しておらず,場合によってはSCP-XXX-QU-1の留年などにつながります.

補遺1:20██年4月1日に,SCP-XXX-QUの学籍に変更が行われました.この変更によりSCP-XXX-QUの学年が学部1年から学部2年へと引き上げられました.これを受けて行われた調査の結果,SCP-XXX-QUの単位取得イベントによって得られた単位が██学部および██学部の1年次必修単位をすべて満たしていることが判明しました.これを受けてオブジェクトクラスがsafeからEuclidへと引き上げられました.このイベントは進級イベントと呼称され,現在2回の発生が確認されています.また,このまま進級イベントが継続して発生した場合,SCP-XXX-QUが卒業に必要な単位をすべて取得することによる卒業イベントの発生が懸念されています.その際発生する事象については不明です.

補遺2: SCP-XXX-QUを可能な限り長期間現在の収容体制下に置くため,プロジェクト・モラトリアムが発案されました.プロジェクト・モラトリアムの概要は以下の通りです.

プロジェクト・モラトリアム


・SCP-XXX-QUを九州大学大学院に進級させるため,学内の大学院進学率の向上を行う.具体的内容としては研究室の環境改善,奨学金等の増額などです.また,博士課程のイメージアップも同時に行われます.

・留学の促進を行い留学による留年を誘発させます.現在はSCP-XXX-JP収容のための全世界向けカバーストーリー"大規模感染症"のため本作戦は凍結されています.

・その他学生の在籍年数を増やすために必要な措置を取ります.プロジェクト・モラトリアムによって発生する一般学生の留年等の影響は,SCP-XXX-QU収容のための必要なコストとして認められます.

ERROR

The ryuyr's portal does not exist.


エラー: ryuyrのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5403517 ( 22 Jul 2019 15:04 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License