バーチャル地球

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが存在しているサイト-████にある仮想宇宙のシミュレートがプログラムされている大型コンピュータ(以下COM-XXX)は常に起動していてください。また、担当職員はCOM-XXX内の時間経過速度は10100000000倍に設定した上で、SCP-XXX-JPの観察記録を随時提出してください。

説明: SCP-XXX-JPは、COM-XXX内に存在している古代の地球に酷似しているオブジェクトです。SCP-XXX-JPは元のプログラムには存在しないものであり、他サイトの大型コンピュータに全く同じプログラムを施してもSCP-XXX-JPの存在は確認されませんでした。なお、COM-XXX自体に異常性は確認されていません。

SCP-XXX-JPは常に通常の惑星でいうところの公転のようなものをしていますが、その中心となるような恒星に当たるオブジェクトはCOM-XXX内には存在していません。また、COM-XXX内の他のオブジェクトとSCP-XXX-JPは相互に作用を示さないことも分かっています。これらのことからSCP-XXX-JPは完全にCOM-XXX内のプログラムから独立して存在していると考えられています。

SCP-XXX-JPはCOM-XXX内の他のオブジェクトとは違い、表面の海の部分の波の運動・生物・気体の濃度・SCP-XXX-JP上にはたらく様々な力などが忠実に再現されていることがわかっています。

補遺1: 担当職員のSCP-XXX-JPの観察により、SCP-XXX-JPが隕石の衝突の挙動を見せた時のCOM-XXX内経過時間と、学説で考えられている古代地球への隕石の衝突の時期や規模が概ね一致していることが分かりました。この他にも、生物のある時期の分布、生物の絶滅の時期なども一致していることが分かました。このことからSCP-XXX-JPは古代地球の状態を再現していると考えられ、このままCOM-XXX内の時間経過速度で進めれば██年後には現在の時間を追い越し未来の地球の予測が進められると考えられています。また、SCP-XXX-JPのCOM-XXX内での誕生時期と現実での地球の誕生時期が同じであるとするならばSCP-XXX-JPは出現してからCOM-XXX内で39億年間発見されていなかったことになり、その時の状態の調査のためCOM-XXX内に巻き戻しの機能を追加する作業が進められています。

補遺2: 担当職員によるSCP-XXX-JPの観察記録(SCP-XXX-JPがCOM-XXX内で出現したと考えられている時間を0として記録しています。)

SCP-XXX-JP出現からのCOM -XXX内での経過時間 SCP-XXX-JP表面の様子 生息している生物
~40億年 大陸の分裂が起こっている。 エディアカラ生物群が出現する。
~41億年 二酸化炭素の濃度が現代の15倍程度になっている。 バージェス動物群が出現する。
~42億年 生物の大量絶滅が起こる。 大量絶滅後、植物や節足動物が上陸する。
~43億年 海水中の酸素欠乏状態が広がっている。 脊椎動物が上陸する。爬虫類が出現する。
~44億年 学説において地球史で2番目に大きいとされる大量絶滅が起こる。 大量絶滅後、恐竜が出現する。
~45億年 大陸の分裂が起きている 恐竜が地球を支配する。
~46億年 学説において地球史で最大の大量絶滅が起こる。 大量絶滅前、知的生物群(Homo sapiens)が出現する。
~██億年(46億年~██億年は大量絶滅の影響で生物の変化がないため一つの項目にする。) 大量絶滅時に知的生物群が放った中威力爆弾の影響で陸地の表面温度が上昇する。 生物は生息していない。
~██億年 我々が現実で地球を発見した時と同じような表面の様子をしている。 生物は生息していない。

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The darenya's portal does not exist.


エラー: darenyaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5399017 ( 15 Jun 2019 00:49 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License